[1週間でしっとり肌に]敏感肌のための固形石鹸の選び方とは?

普通肌の人が普段何も気にせず使用しているスキンケア用品が、敏感肌の方にとっては、強い刺激を伴って炎症を起こしてしまうことってありますよね。なにかとトラブルに見舞われやすい敏感肌の方は洗顔の方法もお悩みの1つではないでしょうか?そんな中で、敏感肌の方はチューブや液体タイプの洗顔料よりも固形石鹸での洗顔の方がお肌に良い事をご存知ですか?今回は敏感肌のための固形石鹸選びについて詳しく調べてみました。

敏感肌は化粧や洗顔がトラブルを引き起こす

b5a18f31efb713341982921e46015226_s

肌のバリア機能が弱って、外部からの刺激に過剰に反応してしまう敏感肌さんは、とにかく肌に触れるもの全てが刺激の元となる可能性を持っています。

特に「落ちにくい」をウリにしている化粧品などは、洗浄効果の高いクレンジングでしか落とすことが出来ないため、化粧をしているときも、化粧を落とすときにも肌に対して強い刺激を伴います。

その為、敏感肌の方は化粧品も出来ればお湯などでさっと落とせるようなものを選ぶ方が良いでしょう。
そして、出来るだけ洗浄力の高いクレンジングなどは使用は避けるようにしましょう。

洗浄効果の高い界面活性剤という成分

7e21a6421fae81f0134b783d20581e9c_s

ボディーソープや洗顔料の成分を見てみると、良く界面活性剤という記載のあるものがあります。この界面活性剤とは本来なら混ざり合わない油と水を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きのあるもののことをいいます。

このような説明をすると界面活性剤は肌に良くないと思いがちですが、一概にはそうとは言えず、自然界に存在する界面活性剤や、人の手で作られた合成の界面活活性剤などの色々な種類があります。

そして人の手で作られた界面活性剤には、その用途によって性質の異なるものが開発されています。そんな界面活性剤にも、それぞれにメリットやデメリットがありますが、ナチュラルなものの多くは、安全性は高いものの、合成されたものよりも洗浄力などの点で全体的にやや劣ります。

そして、人の手によって合成されたものの多くは、洗浄力や機能性が高く、ナチュラルなものよりもはるかに安定的な働きがあります。

そのため、食品や医薬品、化粧品など安定した安全性が必要なものには、合成の界面活性剤が多く使用されています。

そんな現代のあらゆるものに配合されている界面活性剤ですが、敏感肌の方に使用をおすすめできないものがあります。
それが「石油系の合成界面活性剤」です。

「石油系の合成界面活性剤」とは、石油から人の手によって作られた界面活性剤です。洗浄力や機能性が非常に高い界面活性剤なので、化粧品メーカーが率先して使用しています。

ところが、その高い機能性が裏目に出ており、石油系の合成界面活性剤は使用した後の肌に残りやすい性質を持っているのです。

例えば、体や手、顔を洗った時に、いつまでたってもぬるぬるした感触が残るような経験はありませんか?
これが界面活性剤が肌に残っている状態です。敏感肌の方にとっては、この残った界面活性剤が肌トラブルにつながることがあるのです。

それに、この石油系の界面活性剤は私たちの体にとっても危険であるという声が出てきており、肌のバリア機能を弱めたり、たんぱく質を変質させたりする危険性があると言われています 。

お肌に優しい固形石鹸を使おう

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

敏感肌の方にとっては少しでも刺激の少ないものでの洗浄をおすすめしていますが、そんな中でも固形石鹸は特におすすめです。

固形石鹸は石油系の界面活性剤を使用していないものが多く、油脂(植物や動物油)を原料に苛性ソーダ(水酸化Na)や苛性カリ(水酸化K)などが配合されて作られます。




固形石鹸選びのポイント

固形石鹸と言っても、現在では市場にさまざまな商品がでていますよね。石鹸の特徴は、出来上がった石鹸の使用感や質などは、原材料だけではなく製法などによっても変わってきます。

実際に合成界面活性剤を使用した「複合石鹸」というものも多く存在しているので購入時には注意が必要です。

スーパーや薬局などで叩き売りされているような石鹸にこの類が多いのですが、固形石鹸を購入する時に石油系界面活性剤が不使用と表記されているものをおすすめします。

敏感肌のためのおすすめ固形石鹸3選

ではここからは、具体的に敏感肌の方におすすめの固形石鹸3選をご紹介します。

エトヴォス セラミドスキンケア クリアソープバー

出典:@cosme

敏感肌・乾燥肌の強い見方として有名なエトヴォスの洗顔石けんです。

保湿成分をギュッと濃縮した枠練りタイプの顔用洗顔石けんです。エトヴォスの得意分野であるヒト型セラミドやシロキクラゲ多糖体、リピジュアRなどの保湿成分配合で、うるおいを守りながら汚れだけをしっかりと落としてくれます。

こちらは洗顔料ですが、もちろんかさつきが気になる体にも使用できます。シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、防腐剤、キレート剤、着色料、香料などの刺激になるものは使用されていませんので安心して使うことができます。

アレッポの石鹸

出典:@cosme

ナチュラル志向の方なら、一度くらい名前を聞いたり実際に使用したことがある人も多いであろう大定番商品です。
ナチュラル系のお店などでもお馴染みですの商品で、たっぷりの厳選されたオイルで、肌の上でとろんと滑る、とろとろの泡立ちが特徴です。

古くからの伝統的な手法を頑固に守り抜き、釜で三昼夜もの間、熱を加えながらじっくりと練り上げられて作られているという超自然派のオリーブ石鹸で、原料となっているオリーブは人の肌の脂肪酸と良く似たオレイン酸を多く含み、汚れを落としつつ、潤いを補うという敏感肌や乾燥肌にとって嬉しい二つの効果があります。

顔やもちろん体にも使用することができ、シャンプーなどに使用する人もいるようです。完全無添加で合成界面活性剤、石油系、化学合成の防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤(EDTA・エチドロン酸)、発泡剤・人工香料 などは一切不使用となっています。

エトヴォス セラミドスキンケア クリアソープバー

出典:@cosme

暮らしに寄り添うデイリープロダクトを提案してくれるオシャレ系ナチュラルブランドMARKS&WEBのオーガニックソープは石けん素地に、エ皮膚からの水分の蒸発を抑え潤いを保ち肌を柔らかくするモリエント効果にすぐれたホホバ油を配合した肌に優しい石鹸です。
乾燥による外的な刺激が気になる敏感肌の方にも特化しており、穏やかに洗い上げてくれます。カモミールの香りを含んだ泡が肌をやさしく包んでくれます。
溶けにくく長持ちで、香りに癒される、肌の調子が良くなったなどの口コミが多数。保湿力が高めですが洗い上がりはサッパリしており、もちろん全身に使用可能です。

固形石鹸を使ったお肌に優しい洗顔方法

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

おすすめの固形石鹸をいくつか紹介したところで、固形石鹸を使ったお肌のための優しい洗顔方法を紹介していきます。

  1. まずは洗顔前の準備です。顔に髪の毛などがかからないようにヘアバンドなどで固定し、長い髪は後ろでまとめておでこをしっかりと出します。これは髪の生え際までしっかりと洗い残しが無いようにするためです。
  2. きれいに手を洗い、石鹸を両手で包み込み、手の中で石鹸を回転させながら少しずつぬるま湯を足して泡立てていきます。この時に力を入れて泡を潰さないように空気を含ませながらやさしく泡立てます。指を泡から離した時に、軽くツノが立つくらいの泡になるまで泡立てましょう。
  3. 泡が立ったらまずはおでこに均等に泡を乗せていきます。おでこは皮脂の多い部分ですのでしっかりと乗せていくのがポイントです。
  4. 次に頬の洗浄です。両頬の上に泡を乗せて内側から外側に向かって優しく円を欠くようにクルクルとマッサージします。この時に強く擦らないように、泡を壊さない程度にクルクルとマッサージすることがポイントです。
  5. 次は小鼻や目の周りなどの細かい部分です。泡を肌に乗せたら中指ででやさしく、クルクルとマッサージします。
  6. 顔全体を洗ったら、水、またはぬるま湯ですすぎます。この時に熱いお湯を使用すると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがありますので、必ず水かぬるめのお湯ですすぎましょう。泡切れした後、さらに10回ほどすすぎ、洗顔は終了です。




敏感肌の味方・固形石鹸を正しく選ぼう!

2e91ddef00e6c4cef23346d0b40851bb_s

今回は敏感肌のためのおすすめ固形石鹸と洗顔方法をご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?
冬は敏感肌にとって最も気を使う季節ですので、固形石鹸を使用して乾燥知らずの強い潤い肌を目指しましょう。