アトピーの症状が悪化する生活環境の原因とは

アトピーは人によって症状の重さは異なりますが、基本的に日常生活を送ることに問題はありません。しかし、生活環境によってはアトピーを悪化させてしまうこともあります。今回の記事ではアトピー悪化とその原因についてご紹介します。

アトピーの症状が悪化する原因の1つは、生活環境によるもの

アトピーの症状

アレルギーを引き起こす恐れがある中で生活をしてしまえば、アトピーの症状が悪化してしまいます。アレルギーの原因には、「ダニ、花粉、カビ、動物の毛、ハウスダスト」があります。いずれも目に見えにくいため、毎日過ごす自宅の部屋は、アレルギーを引き起こさないように清潔な環境に整えておきましょう。

アトピーの症状に悩まされる方は、ダニが繁殖しやすいカーペット等の使用は極力控え、こまめに掃除をする環境にしておきましょう。

寝具類は、日光消毒や洗濯で清潔に保つようにしてください。また、湿度が高い環境は、ダニが繁殖しやすくなります。カビも発生しやすくなるため、湿気がこもりやすい部屋や梅雨の時期には、除湿器を設置してダニとカビが発生しないように注意しましょう。

花粉シーズンは、外出先から花粉を持ち込まないように服装選びにも注意が必要となりますが、空気清浄機を部屋に設置すると入り込んでしまった花粉を除去する事ができ、室内の空気をキレイに保てます。

1つでも多くの原因を取り除くことがアトピー症状の改善に繋がります。生活環境の見直しは、毎日の積み重ねが大切なので、根気良く続けていくようにしましょう。

アトピーの症状が悪化する生活習慣の原因

アトピーと生活習慣

アトピーの症状が悪化してしまう原因として、毎日の生活習慣にも落とし穴が潜んでいます。アトピー肌の方は、非常に肌がデリケートな体質の方です。アレルギー反応を引き起こしやすい肌質とも言えますので、化粧品、石鹸、シャンプー、リンス、下着など、肌に触れるものには気を付ける必要があります。

一般的な化粧品や石鹸などは、防腐剤や添加物を含んでいます。普通肌の方には問題がない成分であっても、アトピー体質の方には肌刺激が強く、炎症を引き起こす恐れがありますので、敏感肌向けの製品を使うようにしてください。シャンプーやリンスは、背中や顔に成分が残りやすいため、すすぎ洗いをする際には、泡が体に残らないように注意しましょう。

下着は、ポリエステルのような化学繊維は、肌への負担が大きくなるため、綿などの天然繊維を選ぶようにしてください。汗をかいた後はこまめに拭き取り、下着を取り換える事も肌を守るためには有効なケアとなります。

それから、睡眠不足やストレスも症状悪化の原因に繋がります。日常生活を送るうえでの些細な事に気を付け、規則正しい生活習慣を身につけることが悪化原因を防ぐための有効な手段となりますので、規則正しい生活の習慣化をできるように少しずつ見直してみましょう。

アトピーの症状を悪化させる食事原因とは?

アトピーと食事

アトピーの症状を悪化させる原因として、「食事」も重要なポイントとなります。アレルギーが現れやすい食べ物は、動物性たんぱく質とされていますので、高たんぱくな食品である卵、牛乳、肉類の過剰摂取は、かゆみや炎症を引き起こす要因になります。欧米食は動物性たんぱく質が多いため、暴飲暴食をしないように気を付けてください。

それから、植物油もアトピーを引き起こす食事原因とされています。健康に良いとされているごま油などの植物油ですが、リノール酸を過剰に摂取するとアレルギー反応を引き起こしやすいアラキドン酸が体内に蓄積されます。そのため、アトピー体質に悩んでいる方は、油や動物性たんぱく質の使用が少ない「和食」を中心とした食生活を心がけるのがおすすめです。和食は、煮物や焼き魚料理が多いため、アレルギーになりにくい食材が並びます。

ただし、例外としてシソ油やエゴマ油は、アレルギー症状の緩和に効果をもたらす植物油として注目されていますので、抗アレルギー食材を上手に活用するのもおすすめです。原因を取り除いた食生活を送るとなれば、制限が多くなりやすいため、ストレスを溜めないように自分に合った食材選びをしてください。