アトピーとはそもそもどんな病気?アトピーの特徴と改善方法

最近乾燥がひどくてかゆみに我慢できず掻きむしってしまっているけどこれってただの乾燥?そう悩んでいる方はいないでしょうか?実は乾燥肌とアトピーは延長線上にあります。アトピーなのに乾燥肌と思い込んで保湿剤を塗りすぎてしまうとかえって悪化させてしまうのこともあるので自分が今、アトピーなのかを知ることは大切なことなのです!

アトピーってどんな症状なの?

image

一般的な診断基準としてこのようになっています。まとめますと、

  • 軽度‥面積に関わらず皮膚が乾燥して少し赤みがある。
  • 中度‥皮膚の乾燥と赤みが悪化して掻きむしったところの皮膚が固くなる。
  • 重度‥皮膚が腫れて掻きむしった部分がじゅくじゅくしている、皮膚が剥がれおちる、引っ掻き傷が多い。

となっています。

ポイントとして、皮膚が薄い額や目の周り、口の周り、汗が溜まりやすい四肢関節部などに症状が出やすいです。

かつ慢性的・反復的に症状が出ます。
だいたい成人の方は6ヶ月症状が続いたらアトピーと疑って良いかと思います。

また治ったと思っても繰り返す、特に季節の変わり目に症状が悪化しやすいです。

6ヶ月と言いましたが赤みが引かなかったり傷が治らない場合は早めにまずは皮膚科に受診することをオススメします。

これってアトピーなの?!アトピーと似た皮膚炎

image

接触性皮膚炎

特定のものが皮膚に触れることによって湿疹などができます。外部からの刺激を受けた場所にのみ反応するのが特徴で金属アレルギーなどこれにあたります。

アトピーのように反復性はなく、原因となっている物質を排除することによって治すことができます。

image

写真は乳液による接触性皮膚炎です。化粧品などに含まれる香料や色素でかぶれてしまう場合があるんですね。

赤くなっていますがステロイドを1週間ほど塗ると良くなります。

脂漏性皮膚炎

マラセチアというカビが皮脂を脂肪酸に分解していく皮膚炎です。

皮脂が溜まりやすい頭、顔、脇、陰部などにできやすいです。症状は赤みやかゆみという点がアトピーと似ていますが、皮膚がべらべらと剥がれてくる点が大きく違う点です。

こちらも再発性なので気をつけなければなりません。

image

皮脂の詰まりというとニキビ?と思いがちですがこちらはカビが関与してきているので皮膚が剥がれてしまったりという症状が出てきてしまいます。

抗真菌外用薬やステロイドなどを用いて治療をします。

汗疹

あせもと呼ばれ大量に汗をかいた時に皮脂の汗が出る穴が詰まってぶつぶつとなることを言います。

汗疹には主に3種類あります。
1つ目は紅色汗疹で、赤いブツブツとかゆみを伴うものです。

2つ目は水晶用汗疹で、赤みやかゆみは伴わず水ぶくれのようなブツブツ出ます。汗が溜まっているが炎症を起こしていないという具合で軽症です。

3つ目は日本では稀ですが深在性汗疹で、亜熱帯などで見られる症状です。長時間高温高湿で紅色汗疹が悪化して発汗ができなくなり体内に熱がこもり皮膚が青白くなって盛り上がるという症状が出ます。

 image

特に汗が溜まりやすい関節にできやすいです。
夏場の暑い日や風邪を引いた時などになりやすいですが清潔なタオルで拭いたりシャワーで洗い流すなどで治ることもあります。
わりと誰にでもできやすいです。

治りが悪い時はステロイドによる治療法になります。

どの皮膚炎も治療法はステロイドとなっているので実はアトピーと併発していても治療薬を塗っていればどれも対処できます。

そしてアトピー質な人はもともと皮膚のバリア機能が低いこともあり皮膚炎にもなりやすいです。

皮膚炎だからアトピーではないというわけではなく延長線上になっている部分もありますので注意が必要です。

アトピーはどんな検査で分かるの?!

image

アトピーは目で見て分かる病気です。
皮膚科にて皮膚科医が目視で判断します。
アレルギーに対する血液検査というのもあります。例えば

  • 好中球の数を調べて多いとアトピーの傾向にある。
  • 特異的IgEの検査では原因と思われるアレルギー物質に対して陽性かどうか判断する。

などがあります。

血液検査ではないですがパッチテストというものもあり、アレルギーの原因となるものを一定期間貼って反応を見ます。

好中球数や特異的IgE、パッチテストにしてもどれもこれをしたからと言ってアトピーと断言できることはありません。

好中球数が高いと炎症などによって免疫機能が落ちているということは分かります。特異的IgEにおいてはアレルギーの元となるものを調べることができます。しかし陽性を示さない物質にもアレルギー反応を起こす場合があるなど信ぴょう性は高くありません。

アレルギーの検査はだいたい5,000円くらいですが、検査をして絶対に断定できるのでもないので皮膚科医の方に目視で見てもらうのが良さそうですね!

アトピーと診断された場合にすべきこと

image

サラダ油よりもオリーブオイルを使いましょう!

揚げ物やマヨネーズの和え物、ドレッシングなどの油分の多いものはアトピーを悪化させてしまいます。

油にも色々と種類があります。オメガ3、オメガ6、オメガ9というのがありますがオメガ6の油がアトピーを促進させてしまう働きがあるのです!

一般的にはどの家庭も使うであろう植物油です。後はごま油やべに花油、ひまわり油、コーン油、大豆油などがあります。

逆に、オメガ3の油はアトピーを改善、オメガ9の油はアトピーに対して中立的と言われています。

オメガ3系の油

亜麻仁油、エゴマ油、チアシードオイル、青魚など。

オメガ9系の油

オリーブオイル

オメガ3はアトピー改善作用がありますが熱に弱いので使う際はドレッシングなど生で使うのがオススメです。

その点、オメガ9であるオリーブオイルは熱に強いので炒め物などする際はいつもサラダ油を使うところをオリーブオイルに変えるだけでも全然違います!

ダニ・ハウスダスト対策のため寝具選びとお手入れは大切!

布団にはなんとダニの数が32万匹いると言われています。32万匹と聞くと、恐ろしいですよね!こんなにもダニがいるので日頃からのお掃除や対策は大切になってきます。

  1. 布団乾燥機を使う

    ダニは50℃以上20分以上で死滅すると言われています。布団乾燥機は60℃ほどまで温度が上がりますので退治することができます。

  2. 寝具の掃除掛けも忘れずに!

    布団乾燥機でダニを死滅させた後は死骸が残るためしっかりと掃除機で吸い取りましょう!
    ダニは退治しても0にすることは難しいので定期的な対策が必要です。

  3. お部屋はできるだけ毎日掃除機をかける

    お掃除機をかけることも大切ですがアトピーの人はほこりに弱いですので、高い位置のほこりの溜まりやすそうなとこは払いおとしてから掃除機をかけましょう。毎日が理想ですが、忙しい場合は部分部分でも決めてやることをお勧めします。

掻かない、汗をかいたままにしないこと!

汗をかくと体温が上がり血流がよくなることによりかゆみを引き起こしやすくなります。

しかもアトピー質な人は汗腺の調節が思うようにできなかったりとあるので汗の成分もアルカリ性に傾き黄色ブドウ球菌を繁殖してしまったりとさらなるかゆみの原因を増やしてしまいます。

ですので汗をかいたら清潔なタオルですぐに拭き取ることが大切です。

またシャワーをする時は体温を下げてかゆみを少なくさせるためにも水が良いです。

掻かないようにするためにはちょっとした工夫が大切になってきます。

病院に行ったらよく処方されるステロイドのメリット・デメリット

image
ステロイドと効くと副作用がひどいなどと悪いイメージを持たれがちですが使い方さえしっかりしていればとても頼もしい味方につけることができます。

ステロイドは体の奥深くまで浸透して炎症の抑制に対して即効性をもって効果的に発揮してくれます。

ステロイドを強い味方につけるためにもまずは気をつけなければならない点をまとめていきますのでぜひご参照下さい。

ステロイドの段階は5段階

image

通常、首から下でステロイドを使用する際はストロング(中くらい)のものを使います。少し炎症が強い人は1つランクが上のベリーストロング(やや強め)となります。

顔や陰部は血流が良くステロイドの吸収率が良いのでマイルド(やや弱め)のものと分けられています。

実際の副作用とは?!

  1. 皮膚の非薄化

    ステロイドは皮膚の炎症を抑える働きがありますが浸透力が良いので奥深くの皮膚繊維芽細胞にまで到達し、皮膚萎縮を起こして、肌から血管が透けて見え、皮膚が薄いような感じがします。

  2. 毛細血管の拡張

    ステロイドには抗炎症作用があります。
    炎症が起きた肌は毛細血管が拡張し血管が透けて見えることで赤く見えるのです。

    ステロイドはこれを抑える(収縮させる)ので一見よく聞こえますが、長期間使用すると皮膚は毛細血管が収縮しないように拡張しようとします。

    場合によっては毛細血管が浮き上がって見えることもあるそうです。

  3. ニキビ・ヘルペス・カンジダなど感染症に弱い

    ステロイドを使うことによって免疫力が落ちてしまいます。そのことにより、ニキビやヘルペス、カンジダなど感染症にかかりやすくなります。

    カンジダは腸内や口腔内に一定にいる常在菌ですが、カンジダのカビが増えすぎていると腸が正常な消化をできなくなり消化されないタンパク質がアレルギー源となりアトピーを悪化させます。

    特にカンジダの場合は糖分が大好きなので甘いものの食べすぎはアトピーの人にとって合わせて良くないです。

    ステロイドはとても効果的ですが使いすぎは良くなく、悪い連鎖を起こしてしまうのです。

ステロイドを正しく使うにはどうすればいいの?

image

前日しましたがステロイドは部位ごとによって塗るお薬の強さが違います。

ですので処方されたお薬でなくなったから違う部位だけどあるお薬で塗ろうとしないことが基本的な注意点になります。

また、前述で説明しましたアトピーの中度・重度であれば(皮膚が硬くなっていたり、皮膚がガサガサで剥けてしまった状態の時)は2週間〜3週間はステロイドを最低でも塗り続けないと治らないでしょう。

また塗る際の量も遠慮して少なめに塗るのもNGです!ステロイドは強い作用のあるものを短期間でさっと効率的に治すというものなので遠慮してしまうと効果が出ません。

ステロイドで正しい使い方をすれば副作用も怖くない!!

いかがだったでしょうか?
副作用と効くとむやみやたらにステロイドは使えないと思うかもしれませんが、長期間だらだらと弱いお薬を塗る方がよっぽど効果もなくかゆみが治らなく悪循環なのです。

ステロイドは決められた量を決められた場所に塗ることを守りさえすれば怖くありません。実際に私も長年ステロイドは使っていましたが副作用は全然出ることはなかったです。

アトピーだと分かったら生活習慣に気をつけ、ステロイドと正しく向き合って治していきましょうね。