[敏感肌でも肌が荒れない?]グロスの選び肌が使用時のポイント

ツヤツヤ、うるうるのリップってセクシーで魅力的ですよね。そんな女性ならではのセクシーアピールができるとっておきのアイテムがグロスです。でもグロスを塗ると、どうしても唇が荒れちゃう…なんていう方が多いんですよね。そこで今回は、敏感肌の方でもグロスでメイクを楽しめるようなポイントをお伝えします!

唇はなぜ荒れるの?そもそも荒れやすいところだった

01girl-1230474_640

ベースメイク、アイメイクなどなど、メイクといってもさまざまなものがありますが、特に目を引くポイントとなるのがリップメイクです。

リップに気合を入れたメイクは、女性の顔をより愛らしく、魅力的に魅せてくれる効果があるそうですよ。

そんなリップメイクに欠かせないのが口紅やグロスといったアイテムです。カラーも種類もたくさんあって、見ているだけでも楽しくなりますよね。

でも敏感肌さんの中では、唇やグロスを塗ると荒れてしまって全然ダメ、使えないといった方も多いんです。筆者も唇は特に荒れやすく、せっかく買った口紅やグロスをいくつ捨ててきたことか…。

そもそも唇は、他の皮膚よりも荒れやすい部位なんですって。なぜなら、他の皮膚とは構造がそもそも異なっているからです。

唇は皮膚というより、粘膜に近いものなんですね。粘膜といえば特にデリケートな部分。口の中、鼻の中、気管、胃腸、生殖器など、そういった部分に粘膜がありますが、どれもほとんどが隠れたところに存在します。

その点、唇は堂々と外向きについており、見たばかりで刺激を受けやすいのがわかります。

皮膚には皮脂腺があり、そこから皮脂を分泌して肌を守るはたらきがありますが、唇にはこういった機能もありません。だからダメージを受けやすく、油断しているとすぐにガサガサになってしまいます。

健康な肌状態の人であっても荒れやすい唇、敏感肌の人ならなおさらですよね。唇やグロスといったさらなる刺激を与えることによって、ますます状況が悪化するのも当然かも。

敏感肌の唇が荒れる原因とは

上記のように、非常に荒れやすい性質を持っている唇。なるべくなら乾燥を防いで、キレイな唇をキープしたいですよね。そのためには、唇が荒れる原因を知っておくことが大事です。

紫外線による刺激

唇も皮膚と同様に、紫外線によって日焼けします。顔やボディにはせっせと日焼け止めを塗る人も、唇はノーマークなんてこと、案外多いものなんですよ。

でもじつは皮膚よりもよっぽど弱いのが唇です。唇こそしっかりと紫外線対策をしておかないといけませんね。

そのためには、UVカット効果のあるリップクリームなどを選ぶようにするのが良いでしょう。

口紅やグロスの成分による刺激

リップメイクに欠かせないのが口紅やグロスです。つやのある唇を演出するのに欠かせないアイテムですが、いかんせん唇には刺激が大きいのが問題ですね。

口紅・グロスの配合成分がどのようなものかは次で詳しく見ていきますが、体にとってあまり良いとは言えない成分が多く含まれているものが多いんです。

口紅やグロスを塗ると唇が荒れる人が多いのは、このせいなんですね。

グロス・口紅には唇が荒れる成分が入っています

02lipstick-1500073_640

ではグロスや口紅に含まれる良くない成分というのは何なんでしょうか。これにはタール色素、防腐剤、香料、油分などが当たります。

タール色素というのは、グロスや口紅の美しい色味を出すための成分です。青色2号、赤色202号などと言えばピンとくる方も多いでしょうか。そして聞いただけでも体に良くなさそう…という印象もありますね。

タール色素は石油から合成された成分です。敏感肌さんの中にはこのタール色素に反応して荒れてしまうという方が少なくありません。

また唇にも紫外線対策は必要だとお伝えしましたが、紫外線吸収剤が含まれているグロスや口紅には要注意。トラブルが起こりやすい成分なので、敏感肌の方はできるだけノンケミカルなものを選ぶようにしましょう。

グロスを塗る前にしっかり土台作りを!

グロスはツヤがあるので、マットな口紅に比べて乾燥しにくい、唇が荒れにくそうなイメージがありますよね。

じつはそれは間違いなんです。グロスには粘度を出すための高分子ポリマーが多く配合されており、これが唇を乾燥させる原因になります。

グロスを使う前には、特に唇のケアが大事だということですね。

乾燥しやすいグロスを塗る前には、しっかりと唇の保湿ケアをしておくことが重要です。その際におすすめなのがワセリンです。

口紅やグロスを塗る前にリップクリームを塗る人は多いでしょうが、じつはリップクリームは唇にこすりつけるという性質上、塗り過ぎはかえって唇に負担をかけてしまいます。

赤ちゃんにも使える低刺激なワセリンなら、唇に負担をかけることもないので敏感肌さんでも安心して使えます。

グロスの上手な塗り方は?

魅力的なツヤが特徴のリップグロスですが、塗り過ぎはNG。テカテカのリップメイクは特にメンズからの評判が悪く「天ぷらでも食べてきたみたい」なんて揶揄されることもしばしばです。

思わず触りたくなるような、ふっくらとしたかわいらしい唇を作るには、リップグロスは唇の中央あたりを狙って乗せましょう。それを指先でぽんぽんとなじませていきます。

こうすることによって唇に立体感が出て、よりぷっくり感を演出できますよ。



一日の終わりにはメイクをしっかり落としましょう

03cri_img_6128_tp_v

唇が荒れてしまう原因の一つに、メイクがきちんと落とせていないことがあります。落としきれなかった口紅やグロスが蓄積されていき、唇にさまざまなトラブルを起こすのです。

これを防ぐにはしっかりメイクオフすることが大切ですが、ゴシゴシ洗いもまた唇荒れを防ぐ原因になりますので注意が必要ですね。

石けんで落とせるタイプの口紅・グロスを使うことによって、簡単に落とすことができます。敏感肌の方にもおすすめですよ。

敏感肌におすすめ!ツヤツヤリップを作る唇ケア

ガサガサの唇がどうしても気になる敏感肌さんは、集中ケアでツヤツヤの唇を取り戻しましょう!これにはナイトケアが効果的です。

ワセリンを唇にたっぷり塗ったら、ラップをぴったりと密着させて、唇のパックをしましょう。そのまま10分程度時間をおいて、ラップを取ったらゆっくりと寝るだけ。

翌朝には唇が蘇ったようにツヤツヤになりますよ。

 

敏感肌でも安心して使えるグロスはこれ!

世界に一つだけの色で魅せる!【キャンメイク】ユアリップオンリーグロス

%e3%81%8d%e3%82%83%e3%82%9381zrrrstvsl-_sl1500_
出典:Amazon

¥ 702

グロス自体は透明なのに、唇の水分量に反応して色が変化する、とっても不思議で楽しいグロスです。自分だけの、世界で一つだけのカラーが出せるって乙女心をくすぐりますね♪

SPF15・PA+、美容エモリエント成分92%以上配合で敏感肌にも嬉しい!


唇が元から赤いタイプです。
クリア購入しましたが、塗ると濃いピンクになりました。
かなり発色がいいです。
グロスのベタベタした感じが苦手で、しかもすぐに唇が荒れるタイプなのですが
これは唇も荒れないし、ベタベタしないので使いやすいです。
安いし気軽に使えていいです!

引用:Amazon




高い保湿効果を実感!【クリニーク】スーパーバームモイスチャライジング グロス

%e3%81%8f%e3%82%8a41eo3p2nh3l
出典:Amazon

¥ 2,268

保湿効果が特徴!とまで書かれているほど、唇をケアする効果にすぐれたリップグロス。何を塗っても唇が荒れてダメだったけど、これなら大丈夫!という敏感肌さんも多いようですよ。

カラーバリエーションが豊富なので、自身の唇の色に合ったものを選ぶ楽しさもありますね。ぜひチェックしてみてください。


満足です!!
唇の乾燥が酷く一年中リップが手放せない私。しかも合わない物は塗った途端にビリビリする敏感肌。ですがこちらは皮むけも無くプルプルの状態を維持でき 唇の荒れとは無縁になりました!!24時間常に塗っています(笑)

引用:クリニーク公式サイト

敏感肌でもうるうるリップをあきらめないで

もともと荒れやすいという性質を持っている唇ですが、敏感肌の場合は特に注意が必要です。それでも女性であればメイクは嗜みでもあり、楽しみでもありますよね。敏感肌だからといってグロスをあきらめるのはちょっと寂しい。

それでもガサガサ唇になるのが怖くて、リップメイクはほとんどしていないという女性の方、ぜひ今回お伝えしたポイントを試してみてくださいね。

筆者もすぐに唇がボロボロになってしまうため、薬用リップくらいしか塗らないタイプだったのですが、これらの方法を試してみたところグロスを塗っても荒れにくくなりました!

おかげで今では思いっきりリップメイクを楽しめちゃいます♪ちょっとの工夫で変われるのって嬉しいですね。