敏感肌・乾燥肌を改善したいなら、安心して使える化粧品を!

敏感肌や乾燥肌で悩んでる女性は非常に多く、日本人女性の約8割が「自分は敏感肌である」と感じているという調査結果があるほどです。敏感肌も乾燥肌も共通するトラブルは肌の水分不足によるカサカサ。女性なら誰しもがうるおいのある、なめらかな肌に憧れを抱くものですよね。その困ったお肌、じつはスキンケアやメイクで改善できちゃうかもしれません。

乾燥肌・敏感肌ってなに?その違いは?

01sunflower-1705752_640

乾燥肌とか敏感肌とか、よく耳にはするけれどどう違うの?同じじゃないの?

そう思われている方も多いかもしれません。たしかにほかの肌質と比べると、乾燥肌と敏感肌は少し似ているように感じるかもしれません。

肌質にはほかに普通肌、脂性肌、混合肌といったものがありますが、どれも聞いたばかりで敏感肌とは違うような印象を受けますね。

普通肌は健康な肌で、敏感肌とは対極にあるようなものですし、脂性肌はテカテカのアブラが一番のお悩み事項。混合肌はその名の通り、お顔の中でカサカサとテカテカが一緒に住み着いている厄介な肌質です。

さて乾燥肌は?それはもちろん、うるおいが足りずにカサカサ、白っぽい粉を吹く、それが乾燥肌。寒い時期には特につらいですね。対応策としては、もう圧倒的に保湿です。

では敏感肌は?これもカサカサの乾燥が多く見られ、なにより保湿が大事と言われます。そこだけ聞くと、どっちも一緒なんじゃないの?と思ってしまいますよね。

イメージとしては、乾燥肌がレベルアップして敏感肌になったと考えてください。

そもそも敏感肌というのは、肌質とは少し違って肌の状態のことをさします。脂性肌や乾燥肌というのも、スキンケアを見直すことによって改善できるという意味では肌状態なのですが、元々の肌のタイプという意味が濃いですよね。

10代の頃から皮脂に悩まされてきた人は、やっぱり大人になってからもテカリに悩まされることが多いです。

しかし敏感肌とはこれとは違います。敏感肌というのは、何らかの理由によって肌のバリア機能が低下してしまい、肌トラブルの起こりやすくなった肌状態のことをいうのです。

中には生まれつき肌の弱い人がいますが、敏感肌で悩む人の大多数は後発的に敏感肌になってしまった人だと言われています。



間違ったスキンケアが原因になっていることも

02massage-therapy-1612308_640

さて乾燥肌と敏感肌の違いについてご説明しましたが、どちらにしても肌の状態が良くない場合、スキンケア方法が間違っているという可能性があるんです。

本来スキンケアは肌を美しく、健康な状態に導いてくれるものなのですが、自分に会っていない、間違ったスキンケアをすることによってそれとはまったく逆の作用を及ぼしてしまいます。

つまり間違ったスキンケアを続けていると、肌のためにと思ってしていることがアダとなり、ますます乾燥肌や敏感肌を悪化させてしまうということなんですね。

正しいスキンケアで敏感肌・乾燥肌を改善しよう

間違ったスキンケアが乾燥肌や敏感肌をさらに悪化させていると述べました。つまりこれらの肌状態を改善するには、正しいスキンケアを実行すれば良いということになりますね。

では正しいスキンケアとは何でしょう?それは自分の肌に合ったスキンケアということになります。ネットで大人気だから、友達にすすめられたから、それがあなたにとっての正しいスキンケアとは限りません。

他の人にとって正しいスキンケアが、あなたにとっても同じだとは言えません。もちろん似たような肌状態の人のアドバイスは参考になりますから、しっかりとアンテナを張っておきつつも、何が自分にぴったり合うのかはご自身の肌で試していかねばなりません。

もし「これは合わないな」と感じたら、勇気をもって使用するのをやめましょう。「まだこんなに残ってるから」「これは高かったから」などと自分に言い訳をして合わない化粧品を使い続けても、肌の状態はどんどん悪くなるばかりです。

乾燥肌、敏感肌をきっちり改善したいと思うのであれば、自分に合ったスキンケアに巡り合うまでストイックにチャレンジをし続けましょう。

乾燥が酷い時にはどんな対策をしたらいいの?

正しいスキンケアを見つけるのは長い時間がかかるかもしれません。それはゆっくりと時間をかけて探すとしても、今乾燥がひどい!なんとかしたい!という時はどのような対処をすれば良いでしょうか。

乾燥肌にしても敏感肌にしても、最も重視すべきポイントは保湿です。この保湿に重点をおいたスキンケアを心がけましょう。

ゴシゴシ洗いは避ける

強い力で洗う、熱いお湯で流すなどは、肌にとって大きな負担をかける行為です。健康な肌であってもこういったことを続けていくと肌トラブルを起こす原因になりかねません。ましてやすでに何らかの悩みを抱えている乾燥肌や敏感肌の方は絶対に避けましょう。

ぬるま湯でやさしく洗うようにするだけで、肌への負担はかなり軽減されますよ。

お風呂からあがったらすぐに保湿

乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人は、日ごろから保湿には気を使っているでしょう。お風呂上がりは特に肌がまっさらな状態になっていますから、どんどん水分が蒸発していくのもご存知かと思います。

ここで大切なのは、化粧水でたっぷりと水分を補給したあとにすかさずクリームなどでフタをしてあげること。いくら水分だけをギュウギュウに入れても、フタがなければどんどん蒸発していきます。

化粧水で水分補給と、クリームでフタをする。この一連の流れはスピード勝負だと覚えておいてください。

敏感肌・乾燥肌さんが化粧品を選ぶ時のポイント

03eye-1538803_640

敏感肌や乾燥肌の場合、肌の水分量が圧倒的に不足しています。これを補ってあげる化粧品を選ぶのが良いですね。

基礎化粧品であれば、セラミドの配合されているものがおすすめです。セラミドは人間の肌に存在する成分で、角質層で水分を蓄える役割を持っていますが、これが減ると肌が乾燥してしまいます。

セラミドは水溶性でないため、さらさらとした化粧水には含みにくい性質を持っています。そのためこってりとした美容液やクリームなどで補ってあげるのが効果的です。

敏感肌・乾燥肌さんのメイクのコツ

多くの成分が肌に触れることによってそれが刺激となり、トラブルを起こしてしまうのが敏感肌や乾燥肌。メイクするならできるだけシンプルなものを選びましょう。

敏感肌向けの肌に優しい化粧品も多く売られていますので、低刺激で敏感肌向けのものを選ぶのが、肌トラブルを起こさないコツですよ。

敏感肌・乾燥肌が安心して使える、おすすめの化粧品3選!

つけたまま眠れるほど優しい【エトヴォス】ミネラルファンデーション

%e3%82%a8%e3%83%8841anozicbrl-_sx425_
出典:Amazon

¥ 3,240

「つけたまま眠れる」という印象的なキャッチフレーズが有名過ぎるエトヴォスのミネラルファンデーション。

お肌にとって刺激となり得る防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料などが含まれていません。天然成分で肌に優しいのに、気になる部分はしっかりカバーしてくれる優等生です。


やっぱりこれでしょ!って感じです。ミネラルファンデは今たくさんの種類がネットででてますがやはり私はこちらのファンデが一番だと思いました。シミ、くすみいろんなお肌の悩みを軽くしてくれます。ありがたいファンデです。

引用:エトヴォス

カラバリ豊富なミネラルファンデ!【オンリーミネラル】ファンデーション

%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab613g-yfdskl-_sl1000_
出典:Amazon

¥ 4,100

厳選されたミネラル成分のみで作られたミネラル100%のファンデーション。もちろん合成防腐剤や香料などは無配合です。

嬉しいのは肌への優しさも去ることながら、日本人に合った18色ものカラーバリエーション。自分のお肌に合うファンデーションにきっと出会えます。


私はケミカルなファンデをこれでもかと塗りたくってやっとなんとか毛穴が隠れるというほどの重度のミカン肌ですが、薄付きで自然にカバーされました。感動しました。(同メーカーの日焼け止め効果のあるルースパウダーを使用した上からファンデを乗せました。)

敏感肌でブラシを使用すると接触刺激で荒れてしまうので、市販のスポンジで代用しましたが問題なく使えました。容器を逆さにしてもほんの少ししか出てこないのですが、それではミカン肌はカバーできないので、逆さにして容器の横を指でトントンと叩き多めに出して使用しています。

引用:Amazon

敏感肌向けブランドといえばこれだ!【ディセンシア】アヤナス AS BBクリーム

%e3%81%a7%e3%81%8321jlbapbsl
出典:Amazon

¥ 4,980

敏感肌向けブランドであるディセンシアの中でも、特にアンチエイジングに特化したラインがアヤナスです。

年齢による乾燥肌、敏感肌が気になる…なんて方にはぜひ試してもらいたい一本。肌のトラブルを防ぎつつ、みずみずしいすこやかな肌を演出します。


年齢を重ねた肌にもしっとり馴染みます。のびがよく少量でカバー力もあり時間がたっても肌の乾燥が抑えられていると思います。
色んなBBクリームを使ってみましたがアヤナスのBBクリームが私のNo.1です。

引用:Amazon




敏感肌・乾燥肌に合ったメイクで、悩みのないすこやかな肌へ

多くの女性が悩まされているお肌の乾燥、やっぱり重要なのは保湿です。一見うるおいは足りているように見える肌質であっても、じつは肌の内部では水分が足りていないなんてこともあるくらい、女性の肌は水分を欲しているんですよ。

年齢を重ねるにつれて、肌の水分量は低下していきます。だからこそ適切なスキンケアによって、うるおいを補ってあげる必要があるんですね。

お肌の乾燥が気になる、敏感肌や乾燥肌のトラブルに悩まされているという方、ぜひスキンケアやメイクを見直してみましょう。

自分の肌に合ったスキンケア方法でしっかりとうるおいを補給してあげれば、きっと弱った肌状態が改善して、すこやかな肌を取り戻すことができますよ。