敏感肌の人が安心して使える、肌に優しいクレンジング

敏感肌って自分の肌に合わないスキンケアや化粧品を使用すると、肌がヒリヒリしたり赤くなったり辛いですよね。毎日使用するクレンジングなどのスキンケアこそ安心して使えるものがいいですが、自分の肌に合ったクレンジングが見つからず何を使えばいいか悩んでいる人もいるのではないでしょうか⁉︎そんな人のために敏感肌でも安心して使えるクレンジングを紹介したいと思います。

まず理解しておきたいクレンジングの種類と特徴

%e8%a3%9c%e6%ad%a3%e4%b8%8b%e7%9d%80%e2%91%a8
最近では本当にたくさんの種類のクレンジングが発売しています。肌に良さそうと思って使用してみたら、逆に肌が荒れてしまったなんて人もいるのではないでしょうか⁉︎

クレンジングのタイプ別に分かりやすく特徴をまとめたのでこれからの参考にしてみてください。

拭き取りタイプのクレンジング

外出先やクレンジングをする余裕がない時に便利な拭き取りタイプのクレンジングですが、敏感肌の人には向いていません。

拭き取る時に肌をこすってしまうので、1番肌に摩擦がおきやすいクレンジングです。

摩擦だけでなく、拭き取ったままだとクレンジング成分が肌に残り、肌荒れを起こす可能性も少なくありません。

旅行中などどうしても簡単にメイクを落としたいという時には1番便利ですが、日常的に使用することはおすすめできません。

クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジングは濃いアイメイクやしっかりメイクもきちんと落とせるところが最大のメリットです。濃いメイクを素早く簡単に落とせるところが人気です。

しかし洗浄力が高い分、肌への刺激も強いのです。

また肌の保湿に必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥肌や敏感肌の人が使用するには注意が必要なクレンジングです。

リキッドタイプのクレンジング

リキッドタイプもオイルと同様、ウォータープルーフのマスカラなどしっかりメイクも落とせます。

洗浄力が強い分、肌への負担もオイルと同じくらいあります。

オイルと違う点は、まつげエクステをしてる人でも使用可能なクレンジングなので人気もあります。

ジェルタイプのクレンジング

弾力があるので肌への負担が軽減できます。

ジェルタイプのほとんどが濡れた手でも使用できるので、お風呂で使えるところが人気のポイントです。

オイルタイプは洗浄力が強く、肌への刺激も強いですが、オイルフリーのタイプは水分が多いとクリームタイプよりも洗浄力が落ちると言われています。

そのためオイルフリーの水分が多いタイプはメイクをしっかり落とせない可能性があり、洗い残しが原因で肌荒れを起こすこともあります。

クレンジングミルク

肌になじみやすいので肌への負担が少ないことが特徴です。

肌には優しいのですが、その分クレンジング力が劣るのでクレンジングに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

かなりナチュラルなメイクで簡単に落とせるような化粧品を使用している人には良いかもしれません。

クレンジングクリーム

クリーム状のテクスチャーなので、クレンジングの際も摩擦が起きにくく肌に1番優しいタイプのクレンジングです。

クリームには油分も含まれているため、洗い上がりもつっぱらず、しっとりしており肌に保湿効果があることも特徴です。

ミルクタイプも肌に優しいですが、ミルクタイプより肌すべりがよくクレンジング力もあるので、メイクもミルクタイプより安心して落とせます。

オイルやリキッドタイプと比べると洗浄力は劣りますが、肌への刺激は少ないです。



1番安心できるのはクリームタイプ⁉︎クリームタイプの魅力

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム
クレンジングの種類別で説明したように、それぞれのクレンジングタイプにメリット・デメリットがあります。

しっかりメイクを落とせても肌への負担が強いと心配ですし、逆に肌に優しくてもメイクをちゃんと落とせないのは嫌ですよね。

どちらも肌あれの原因になりかねますし、自分の肌質や普段のメイクに合ったクレンジングを選ぶ必要があります。

クレンジングクリームタイプは肌にも優しく、程よいクレンジング力もあるので敏感肌の方には1番オススメのクレンジングタイプと言っても間違いないと思います。

敏感肌の人が注意すべき成分とは⁉︎

「低刺激」や「敏感肌用」などとパッケージに書いているのも関わらず、使用してみたら肌荒れを起こしたり、刺激が強かった。なんて人もいるのではないでしょうか⁉︎

敏感肌の人はパッケージだけ見て選ぶのでなく、成分もしっかりチェックしておきましょう。

ボトルの裏などに成分が記載されていますが、これは配合量が多い順に記載されているのです。

なので、最初の方に記載されている成分名だけでもチェックするようにしましょう。

敏感肌の人が刺激を感じやすい成分

・界面活性剤
・防腐剤
・化学添加物
・着色料や香料

敏感肌のためのクレンジングクリームの選び方

洗い流すタイプを選ぶ

クレンジングクリームの中にも拭き取りタイプと洗い流すタイプがあります。

間違いなく洗い流すタイプのほうが肌への負担は少ないので、洗い流すタイプを選びましょう。

パッケージにまどわされない

いくら「肌にやさしい」と書いていても刺激が強かったりするものもあります。必ず成分をチェックしましょう。

また、実際に使用した人の口コミもとても参考になります。
気になる表品があればまずは口コミを調べてみるのも良いかもしれません。

敏感肌にオススメのクレンジングクリームTOP3

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム
出典:Amazon

容量

1480円

価格

300g

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング
出典:Amazon

価格

812円

容量

270g

無印良品 マイルドクリームクレンジング

無印良品 マイルドクリームクレンジング
出典:Amazon

価格

2411円

容量

150g

クレンジングクリームを使用する正しい手順

ポイントメイクをしっかりしている場合は、先にポイントメイク用クレンジングでポイントメイクだけ落としておくことをおすすめします。

1、Tゾーン、Uゾーンの順にクレンジングクリームを全体のメイクと優しくなじませます。

この時、量はケチらずにたっぷり使用しましょう。量が少ないとメイクが落ちきれなかったり、肌への摩擦も起こりかねます。

2、ぬるま湯で優しくすすぐ。

人肌程度の温度が最適です。冷水や熱いお湯を使用しないように気をつけましょう。

拭き取りタイプを使うときの注意点

1番気をつけなければいけないのが肌をこするということです。

しっかりメイクを落とそうとゴシゴシ拭き取る行為は肌を傷つけてしまいます。絶対に強くこすらず優しくふき取るように心がけてください。

クレンジング後の正しいケア

女性
ダブル洗顔が必要なクレンジングの場合は、洗顔も同じようにぬるま湯で優しく洗いましょう。

化粧水をつける時は、コットンは使用せず手で優しく顔全体を押さえるようにしてつけます。

化粧水の後に美容液と保湿クリームを塗りますが、敏感肌の人はセラミド入りの美容液や保湿クリームを使用することをおすすめします。

 



敏感肌のクレンジング法についてのまとめ

敏感肌の人は、特に毎日のスキンケアグッズは自分の肌に合ったものを選びたいものですよね。

クレンジングクリームが1番敏感肌の人にはオススメですが、がっつりメイクの人にはクレンジング力が物足らないと感じる人もいるかもしれません。

自分のメイクに合ったクレンジングを選ぶのもとても重要です。

クレンジングは美肌を育てるためにとても大切なので、クレンジングクリームでしっかり落とせるような化粧品でメイクをするようにするのもいいかもしれません。