たゆまぬ努力のカリスマ美容家IKKOさんに学ぶ“メイク方法”

「どんだけ〜?」とバラエティではいつもあかるいオーラのIKKOさん。名だたる女優やタレント、モデルたちのヘアメイクを手掛け、絶大な信頼を寄せられているカリスマ美容家IKKOさん。

「日々の環境が美しさを決める」という持論を展開するIKKOさんは、プライベートから仕事まで本当に全力投球。メイクアップアーティストとしても活躍するカリスマ美容家IKKOさんのメイクテクが気になる女性も多いのでは? そんなIKKOさんに学ぶIKKO流のメイクテクをのぞいてみましょう。脱・ズボラメイク!

バラエティではとってもチャーミングでいじられまくっているIKKOさん。でも本当はすごーい人なのですよ。

IKKOさんの紹介

美容研究家・タレント
本名:豊田一幸(とよだかずゆき)

生年月日:1962年1月20日
出身地:福岡
血液型:A型

IKKOさんは、北九州美容専門学院(現福岡美容専門学校 北九州校)を卒業。高級美容室「髪結処 サワイイ」で8年間美容師としての修行を経て、ヘアメイクアップアーティストを目指して独立しました。そして1992年に30代で「アトリエIKKO」を設立・主宰し、雑誌の表紙をはじめ、テレビCM、舞台等でヘアメイクとして活動しました。
特に和装ヘアメイクを通じ多くの女優の支持を受け、IKKO流「女優メイク」を確立しました。

女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台・バラエティに出演するほか、トークショーも行っています。

初エッセイ『超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール』を出版し、「コンプレックスこそオンナ磨きの原点」として、自分の体験から得た誰でもすぐできる実践的なノウハウを伝授、「新・美のカリスマ」と呼ばれるようになりました。世界文化社から出版された、『IKKO 女の法則』、『IKKO キレイの魔法』の合計販売数は30万部を突破しています。

「GORGEOUS」という香水をプロデュース。キャッチフレーズは「忘れられない、離れられない。」。地域限定でしたがCMも放送され話題になりました。50歳になる年から、書道を本格的に教わり、現在では、数々の書道展で賞を受賞するなど本格化していそうです。



IKKOさんの著書をご紹介

「IKKOの振袖ロマンティック」(主婦と生活社)2004/11
「IKKOウェディング――永遠のガーリッシュウェディング」(主婦と生活社)2005/7
「超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール」(アスコム)2006/7/13
「IKKO女の法則」(世界文化社)2007/6/16
「ミラクルビューティ シェイプアップ 美脚革命」(マガジンハウス)2008/2/29
「IKKOキレイを磨くin韓国」(文藝春秋)2008/5/27
「IKKO キレイの魔法」(世界文化社)2008/8/9
「IKKO 美人道」(集英社)2009/9/19
「脱・コンプレックス」IKKO流 美のゴールデンルール(世界文化社)2009/11/9
「男にも読んでもらいたい オンナ塾」(PHP研究所)2011/9/13
「愛のオネエ飯―男をトリコにする! 」2011/9
「IKKOのソウル大好き―24時間楽しんじゃう~♥」(主婦の友生活シリーズ)2011/11/9
「IKKOのキレイになるハワイ-PRECIOUS HAWAII-」(GLITTER特別編集)2012/4/23
「IKKOの新大久保に行きた~い!」 (主婦の友生活シリーズ)2012/7/20
「IKKOの字語りエッセイ—道」(芸術新聞社)2012/11/21
「IKKO心の格言200」(エムオンエンタテインメント)2014/11/29
「IKKOのちょっと開運」(リンダパブリッシャーズ)2015/10/24

美意識の高いIKKOさん

なんでもストイックに追求し妥協をゆるさないIKKOさんは、毎日のウォーキングは日課。よほどのことがない限り休まないそうです。1日2回、1回あたり7.5Km程でトータル15Km程。余「朝のウォーキングでは発想とエネルギーを貰い、夜は一日の反省」と発言したそうです。

「きものは心の宝」と表現する程のきもの好き。師と仰ぐ池田重子より手ほどきを受け、着物、長襦袢、半襟、帯から帯揚げ、帯留に至るまでこだわっています。

料理の腕はプロ並みで、夕食をスタッフにふるまったりする。自身のwebサイト上やTV番組でも披露する手際の良さや、豊富なアイデア、味つけは評価が高く、その腕前を買われて番組内料理コーナーを担当したりゲストに呼ばれることも多いようです。
「美と健康のために」と、出来るだけ自炊をしていて、手作りの弁当を持って仕事場へ出かけることもあるとか。冷蔵庫内は時間のある時に刻んでおいた野菜等が整然とタッパーに入れて並べられているそうです。

IKKOさんは冷え性で、その対策のため湯たんぽやストールで躰を保護したり、根生姜を刻んだモノをバッグに入れて持ち歩き、食事の時に調理し食べてケアしているとか。冷えは女の敵! ケアは大切ですよね。



女性を生きる! IKKOさんのメイク方法

「キレイな身なりで皆様の前に出るのもIKKO、かつらを脱いだ汚い姿だってIKKOよ」と表も裏もさらけだす正直な姿にIKKOさんの生きざまを感じます。流行の情報源は多くのファッションショーや雑誌、映画などを常にたくさん見ることなのだとか。「今何が流行っていて、これが人気がある…という情報をいっぱい入手して時代の流れをつかむの。これが原点だと思うわ。あとはブランドショップに足を運ぶこと。すてきなものが生み出されてくる源流だから、そこで本物に触れて、良いものを吸収する。だからって全部高級ブランドで身を固めればいいということじゃなくて、その中にリーズナブルなものを入れるのも今風かもね」とIKKOさん。そんなIKKOさんが紹介するメイク方法をご紹介。

IKKOさんのスキンケア

メイク仕上がり、メイクもちをUPさせる化粧前の“スキンケア”

メイクのテクニック方法にこだわる前に、今の化粧を格段にキレイに見せる方法があるというIKKOさん。
IKKOさんの著書内で、
朝の忙しい時間に3~4分、メイク前に時間をとることで化粧もち、ノリが全く違うのよ!」と書かれてるのでご紹介。

ティッシュパックで潤い+首後ろを温めて浸透を高める!

ホットタオルは、乾いたタオルを水で濡らし、レンジで30秒で出来上がりです♪
洗顔後の肌に、化粧水で浸したティッシュを鼻の穴を避けて乗せ、準備したホットタオルで首の後ろを温めましょう。首の後ろを温めることで毛穴が開き易くなって、化粧水の入り方が変わってくるんだそうです。ぜひお試しください。ティッシュパックは1分から5分。乾かないように注意しましょう。乾いてしまうと逆に肌の水分が奪われてしまいます。

最後に美容液や乳液で保湿し保湿成分を閉じ込めるように手で押さえていきましょう。押し込むようにハンドプレスしてください。朝の忙しい時間ですが、化粧のノリが変わるそうです! ぜひお試しください。

IKKOさん、ファンデーションの3つのポイント

ai_img_7789_tp_v

「時短」「崩れない」「ナチュラル」これはうれしいことづくし!

メイクはベースがキモ! 人気のBBクリームはIKKOさんが有名にしたといっても過言ではないでしょう。

リキッドファンデーションかクリームファンデーションをちょっと多いかな? というくらい手のひらにのせ、両手ですり合わせあたため、手のひらで顔になじませていく。

化粧水のようにファンデーションを顔にたたきこむようなイメージで押し込んで、決してのばさない! ムラが出た時はスポンジで整えながらなじませていきます。

仕上げはお好みでパウダーファンデーションをつけて仕上げましょう。

IKKOさん命名、ファンデーションの『男塗り』。なんとも簡単! 時短なのに化粧崩れしにくいです! 下地やUVベースなどがある場合は、ファンデと一緒に手で温めながら、混ぜて一緒に塗ってもOKだそうです。

強い味方“コンシーラー”を上手に使う

使用していない人もいるかもしれませんが、年齢を重ねると気になるクスミやニキビのあと、シミなど…。そんな時使用したいのがコンシーラーですね。

でも固形のコンシーラーはNG。肌にのせて時間が経つとガビガビになってしまいます。

目の下の皮膚は、たまごの殻の内側の膜と同じくらい薄いので、負担をかけるメイクは絶対NGだとIKKOさんも言っていました。

コンシーラーは、リキッドタイプがおすすめのようで、気になる部分に薄くつけてやさしく伸ばすだけでOKだそうです。
隠したい一心で厚塗りはダメですよ。どんだけ~。

IKKOさん流チークとシェーディング

顔色を左右する大事なチーク。IKKOさん流は、笑った時に一番高くなる頬の部分に、軽くポンポンと叩くだけ。力強く付けたり、厚塗りはNGです。あくまでやさしい印象に魅せるのがIKKO流だそう。

さらにはシェーディング。シェーディングとは明度の異なる粉白粉や頬紅(ほおべに)などで顔に陰影をつける化粧法。



顔の輪郭部分に暗めのチークなどで影のように入れていきます。生え際と耳下からあごにかけてのアウトラインにのせます。小顔効果があります。

チークとシェーディングだけで、ずいぶん印象が変わります。

IKKOさん流ホリの深い顔にするアイメイク術

アイシャドウ の入れ方で ホリの深い顔 にできると IKKO さん
IKKO 流 ホリの深い顔 にする アイシャドウ の入れ方

まずはゴールド の アイシャドウ をまぶた全体にいれ、ホリを深くしていきます。
次は濃いブラウンを目じりの部分に入れます
目じりにも明るめのブラウンを入れると、ゴージャスな雰囲気になります!

IIKOさんの自然な眉メイク3ステップ

自然な眉毛にするには眉尻から描くのがポイント!

①鼻と黒目を結ぶ延長線上に眉山を描く。

②眉の中をペンで描きぼかす。

③最後に眉頭の下にシャドーを入れて完成。

IKKOさん流リップメイク法

くちびるを厚めのピンクにして柔らかく!

グロスを、唇より5ミリ程厚く描きます。その上からリキッドリップカラー(口紅)を上から重ね塗り。ピンクのリップを大きめに入れるだけで、顔全体の雰囲気が柔らかくなる効果があるのだそう。
リップの塗り方を変えるだけで、ぐっと若返った印象になっちゃいます!

IKKOさん流メイク直し3ステップ

IKKOさんお得意のスポンジを使って時短メイク直し!

①スポンジの片面にパウダリーファンデーションをつける

②反対側の面、半分に乳液をつけ、もう半分は何もつけない

③それぞれ化粧崩れの気になる度合いで使用する。

何もついてない部分:皮脂を取る
乳液がついた部分:化粧崩れがひどい時になじませる
ファンデーションがついた部分:おさえる
この3wayスポンジで、化粧直しもあっという間!

「バイキング」でも大反響!IKKOさん流若返りメイク術

2016年に放送され、大反響だった若返りメイク術をご紹介。IKKOさんの手にかかる前はシミや毛穴が目立って老け見えしていたメイクモデルさんも、メイク後にはマイナス10歳見えして毛穴やシミもすっかり目立たなくなっています。

IKKOさんのメイク方法“まとめ”

やっぱり凄いですね。IKKOさんは内側からも肌のことも全部ふくめて生き様としてメイクを描いる感じがします。

IKKOさんは、「メイクする時は鏡を下にして上から覗き込むのはやめる。あごを上げてうっとり気分でメイクすることが大切」と語っています。

けっこう下向きで鏡を置いてしまっている女性も多いのでは?

さまざまなメイク方法のごく一部のご紹介でしたが、お役にたてればうれしいです。