敏感肌を根本解決できる優秀な日焼け止め下地

髪の毛一本触れるだけでチクチクとして不快感のある敏感肌って上手くお付き合いしていくのが大変ですよね。敏感肌には洗顔や基礎化粧品などでのケアも大事ですが、化粧下地選びも重要なポイントであることをご存知ですか?今日はそんな敏感肌の方のためにおすすめの日焼け止め下地をご紹介します。これを読んであなたも辛い敏感肌を卒業しましょう。

見えない敏感肌の刺激

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

敏感肌の原因には食事やストレスなどの内部的な原因と髪の毛や洋服の繊維など肌に触れるものからの外部的な原因とがあります。

その中でも目に見えない外部的な刺激である「紫外線」があります。

紫外線は目に見えない刺激のため、ついケアを怠ってしまいがちですが、敏感肌の方こそ紫外線への対策が重要になってきます。

紫外線から肌を守るためにも、日焼け止め効果のある化粧下地でのケアが大切になります。



どんな日焼け止めを選べばいいの?

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s

使う化粧品が制限されている敏感肌の方は、この紫外線対策のための適切な日焼け止め選びが非常に大切です。

刺激の強いものや、肌に合わない日焼け止め化粧下地を使用すると逆に肌を痛めることにも繋がりません。

あかちゃんでも使えるようなものがおすすめ

そんな敏感肌の方におすすめは、赤ちゃんでも使えるベビー用や子供用などの日焼け止めを化粧下地として使用することです。

赤ちゃんの肌に使用するものは低刺激のものばかりですので、敏感肌の方にも抵抗なく使用することが出来ます。

SFPとPAの値は低めのものを

cbd1a3caea53b6e097f10c0d7ece92aa_s

日焼け止めに良く記載のあるSPFは「Sun Protection Factor」の略で、「紫外線を浴びて日焼けが始まるまでの時間をどれだけのばせるか」ということを表しています。

PAは「Protection Grade of UVA」の略で、しわやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)をどれだけ防止するかということを表しています。

一見、このSPFとPAは高ければ高いほど紫外線から肌を守ってくれる効果がありそうですが、それに比例して肌への負担もかかります。

日本でのSPFの最大値は50となっていますが、実は日差しの強いビーチなどで使用する意外はそんなに数値の高いものは必要ありません。

敏感肌の方は数値の高いものを選ぶ前に肌への負担を優先的に考えるようにしましょう。

使用前にはパッチテストを行ってみよう

fd5487f14010633a9fc051e810c9e2ae_s

敏感肌の方が始めて使用する日焼け止めをいきなり顔につけるのは抵抗がありますよね。

新しい日焼け止めは直接顔につける前に二の腕の内側などの肌荒れが目立たない部分にコインサイズで塗込んでみましょう。

そして、30分後と1日後に塗りこんだ場所が荒れていないかどうかの確認をしてみましょう。

もしも荒れてしまった場合は無理してパッチテストを続けるのではなく、一旦キレイに洗い流してパッチテストを中断してください。

顔で試す前に体の目立たない場所でテストしてみることをおすすめします。

敏感肌のための下地にも使える日焼け止めクリーム3選

では、ここから実際に敏感肌の方も安心して使用できる化粧下地にもなる日焼け止めクリーム3選をご紹介します。

パックスベビー UVクリーム

出典:@cosme

シンプルな成分で作られた、安全性の高い生まれたばかりの赤ちゃんにも使用できる商品です。

日常のUVケアにお使いいただけるベビーUVクリームです。のびがよくさらっとした仕上がりで、化粧落としを使わずに石けんで洗い流せます。マカデミアナッツ油・カミツレエキス配合で乾燥しがちなお肌の潤いを保ちます。

合成界面活性剤や合成ポリマー、紫外線吸収剤などの肌を刺激する大人の日焼け止めに入っている成分が不使用です。
また、保湿性も高いので、乾燥しがちなベビーの肌にも最適ですよ。

Larネオナチュラル UVホワイトプロ

出典:amazon

UVケア用品の中でも珍しく全成分の中でヘチマ水の配合量が最も多い表示になっているUVクリームです。

富山のヘチマ水や沖縄の有機JAS認定農場で栽培された月桃など、自社ブランドのヒーリングローションで使われている化粧水成分をベースにした、紫外線対策成分と肌ケアが同時に行える新しいオーガニックコスメです。

紫外線ダメージから肌を守りながら和漢植物エキスが優しく肌を育む新しい化粧下地UVローションです。

紫外線吸収剤不使用はもちろんのこと、合成界面活性剤や鉱物油、パラベンフリーで安全性の高いUVケア用品です。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

出典:amazon

天然成分だけでつくられた爽やかな香りの日焼け止めクリームです。植物エキスが日焼けによるダメージをケアしながら肌に潤いを与え、紫外線から肌を守ってくれます。

みずみずしい質感でのびがよく、肌に不要な負担を与えません。

顔だけでなく全身に使用でき、もちろん赤ちゃんにも使用できます。

白浮きしにくく、メイク下地としてももちろん使用可能で、合成界面活性剤の数も少なく紫外線吸収剤も不使用、安全性の高い商品です。グリセリンが高配合なので保湿性にも優れていますよ。




敏感肌のための正しい日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗るために肌の保湿を

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

日焼け止めというものは肌への負担もかかります。肌にやさしい日焼け止めを選んだら、肌への塗り方にも工夫が必要です。

朝起きて化粧をする前にいきなり下地を塗るのは厳禁です。まず必ずしなければならないのは保湿ケアです。

下地を塗る前に肌の水分バランスを整えてダメージを受けにくい状態にしてからのほうが肌への負担を減らすことができます。

その際、抗酸化力を高めてくれる有効成分入りの化粧水を使用するとより効果的な紫外線対策ができます。

実際に日焼け止めを塗ってみよう

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

日焼け止めの塗り方としては紫外線を浴びやすい頬骨・おでこ・鼻などの顔の高い位置にある部分と、こめかみなどのシミが発生しやすい部分に重ね塗りしてください。 特に頬の高い部分は紫外線を浴びやすく、無意識に触って日焼け止めが落ちやすい部分なので念入りに塗りましょう。

しかし、念入りに塗るというのは力を入れて擦るのは厳禁です。

肌をこする刺激で炎症が起こり色素沈着を招くことがあるからです。 力を入れずに優しく塗ることがポイントです。

1日の終わりに、日焼け止めの落とし方

fa196178bf6c3aa948deb0edbc9d65a8_s

しっかり塗れた日焼け止めも、毎日しっかりと落とすことが肝心です。

そして肌への負担を考えると日焼け止めを落とすときにも肌になるべく負担をかけずにオフする必要があります。

ウォータープルーフなどのいわゆる「落ちない日焼け止め」は、強力なクレンジング剤が必要になるため、肌に大きな負担をかけて乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを招く原因になるため、 落としやすい日焼け止めを選ぶことも肌への負担を減らすことに繋がります。

落としやすい日焼け止めを使用することによって、敏感肌用の洗顔料などを使用し、キメの細かい泡を作ってから肌にのせて優しくマッサージしながら落とします。

この時にぬるめのお湯でシャワーを使わず肌に刺激を与えないように洗うのもコツですので洗顔は手洗いをおすすめします。

太陽が出ていなければ日焼け止めはもう必要ないので、出来る限り早くに落とすに越したことはありません。

肌に長時間のせておいても負担になるだけですから 日が暮れてすぐは無理でも1日の終わりには必ずオフするようにしましょう。

まとめ

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

今回は敏感肌のための化粧下地にもなるおすすめ日焼け止めを紹介させて頂きましたがいかがでしたか?

敏感肌の方にとっては、外部からの刺激である紫外線の対策は夏だけではなく1年中必要なケアです。

あなたもこの記事を参考にして自分の肌にあった日焼け止めクリームを選んでくださいね。