敏感肌向けのアイシャドウ5選「肌への負担を抑えましょう」

キラキラした目元やぱっちりした目元にあこがれる女性は多く、アイメイクはきれいな女性に欠かせません。アイメイクは顔の印象を変えることもできます。しかしながら、化粧品が刺激になってしまう敏感肌の人にとっては、アイシャドウ選びも大変です。敏感肌の人のためのアイシャドウを知っておき、肌トラブルを回避しましょう。

敏感肌の人はアイシャドーで肌荒れするの?

eye-402532_640

敏感肌の人は少しの刺激でも赤みになったり肌荒れになったりします。皮膚のバリア機能が低下してしまって、皮膚の表面が薄くなってしまいます。

そのため、水分や油分が流れやすく、必要な水分や油分が不足してしまい、細胞も壊れてしまいます。

特に目元は皮膚も薄いため、肌荒れやかゆみを生みやすい状況にあります。肌荒れもしやすく、赤みも出やすい場所です。

このように目元が肌荒れを生みやすい状況であるのに、またさらに悪化させる事象があります。それは、メイクの落とし残しによる肌荒れです。

もちろん、アイメイクには専門のメイク落としがあるのですが、それ使わず顔全体のメイクを落としてしまう人もいます。

アイメイクが残ったままですと、それがまた刺激となって肌荒れを引き起こします。このような状況から、まぶたは比較的荒れやすい部位といえます。

しかしながら、ファンデーションや化粧水、乳液については肌に優しいものを注意していても、なかなかアイシャドーまでは気を使える人は少ないです。

アイシャドーを特に考えもなく普通肌用のものを使用することによって、肌荒れを引き起こしている人も少なくありません。

アイシャドー選びで気を付けたい、肌荒れを起こす成分とは?

make-up-1215277_640

アイシャドーのようなカラーコスメには「タール色素」が入っており、いろいろなカラーバリエーションを豊富にしています。

タール色素は、いろいろな色素の中でも安価でかつ明るい発色を可能にします。赤色〇号、青色〇号というように書かれているので、見たこともある人もいるでしょう。

しかしながら敏感肌の人にとっては、合成着色料の一部であるタール色素は刺激が強すぎます。

なぜなら、タール色素のタールとは石炭や石油のことであり、これらの化学的物質を使って作られたタール色素は、肌のかゆみや炎症を引き起こしやすくなるのです。

そのため、タール色素には気を付けましょう。

ほかにも、防腐剤の一つであるパラベン、ツヤツヤしたメイクを可能にする合成ポリマー、香料なども注意が必要です。

香料は天然のものを使っていてもたくさん組み合わされたりすると人によっては肌荒れを起こしやすいです。

最近ではクリーム状のアイシャドーも増えてきましたが、それに多く用いられているのが、水と油を科学的処置により混ざりやすくした合成界面活性剤です。

メイクのもちが良くなるので多くの化粧品に使われていますが、界面活性剤も皮膚に強い刺激となりますのでよくありません。

これらの成分が入っていないアイシャドーを使うとよいでしょう。

敏感肌の人がアイシャドーを使う際の注意事項について

しかしながら、アイメイクは気分も上げてくれますし、いろいろなカラーの目元、キラキラのメイクを楽しむことができるのは貴重なものです。

そのため、敏感肌の人でも使うことができるアイシャドーがありますので、そういったものを利用してメイクをするのも一つの方法です。

アイシャドーの種類だけを気を付ければよい、というものではありません。アイメイクをするための道具も気を付けましょう。

まず、アイシャドーを塗る際のチップです。チップは、細かい部分もメイクできるので便利ですが、固い素材であるため敏感肌の人の薄い皮膚を傷つけやすいです。

チップは使用せずに、ブラシや指を使うとよいでしょう。

ブラシを使う際も注意が必要です。アイシャドーをつけるのにブラシを使用すると、グラデーションなどが出やすいです。

ブラシを使用する際は柔らかいものにしましょう。そしてブラシを清潔に保ちましょう。

敏感肌のアイシャドー、塗り方について

makeup-791303_640

アイシャドーと一口に言ってもいろいろなものがあります。たとえば一般的なパウダータイプや、指で塗るクリームタイプ、しっかりとつくジェルタイプです。

ペンシルでしっかり描けるペンシルタイプもあります。このようにいろいろな種類のあるアイシャドーの中で敏感肌におすすめなのは、やはりパウダータイプです。

他のタイプに比べて肌にべったりのせませんので、肌への刺激が少なくて済むからです。商品点数が多く、敏感肌用のラインナップがあることも理由の一つです。

実際の使い方としては、まず清潔にした手かブラシで少し広範囲に塗ります。これは、ファンデーションがしっかり乾いてからにしましょう。

そして、グラデーションをつけたいところにポンポンとするとそれだけで完成です。アイシャドーを何回も厚塗りするとよくありません。

グラデーションがうまくいかない場合は、指で少しまぶたをなぞるとよいでしょう。

アイシャドーは、メイクオフをする際も専用のリムーバーを使い、優しく落としましょう。ごしごしこすると肌荒れになります。

とはいえ、落とし残しのメイクがあると、炎症を起こしやすくなりますので注意が必要です。

敏感肌におすすめのアイシャドー5選

敏感肌の人は、アイシャドーこそ気を使う必要があります。なぜなら、まぶたは皮膚のなかでも刺激を受けやすいところだからです。

敏感肌におすすめのアイシャドーを5つ厳選します。

1.アクセーヌ 「フェイスカラー アイシャドウ」

アクセーヌ フェイスカラー アイシャドウ

¥3,456

出典:Amazon

敏感肌向けのブランドであるアクセーヌのアイシャドウは、肌に触れない特殊な素材を使っています。

そのため荒れやすい敏感肌の人でも安心して使用できます。そして、肌に優しい素材でありながら発色もよく、ほどよいパール感もあり人気です。

インターネット通販などでも手軽に購入できます。

めちゃくちゃ発色がよくて、長時間つけてても崩れないアイシャドウなのに肌に優しい成分でできているので、どなたでも安心して使えるアイシャドウです!

引用:@cosme

2.SK-2 「クリアビューティー アイシャドウ」

sk-2-%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%89%e3%82%a6

¥6,800

出典:Amazon

高級ブランドとして有名なSK-2ですが、アイシャドウも肌に優しいです。
化粧水などに使われている自然酵母のうるおい成分「ピテラ」をアイシャドーにもたっぷり配合しています。ですので、しっとりとした仕上がりになります。

パールも細かく光沢感もありますので、敏感肌でラメを塗ることができない人にもおすすめのアイシャドウです。

クリームがなめらかに伸び、品が良く色が付きます。どぎつい感じにはなりません。期待どうりでした


引用:Amazon

3.24h 「マジックパウダー03」

24h-%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%bc03

¥3,204

出典:Amazon

植物エキスを存分に配合しており、カラーを楽しみながらスキンケアもできるアイシャドーです。

目元だけでなく、顔じゅうどこでも使うことができます。無添加のアイシャドーですので、敏感肌の人でも問題なくアイメイクを楽しめます。

ラメが入っていませんのでチクチクせず、長い時間使用することができます。ドラッグストアやインターネット通販で手軽に購入できます。


肌が弱く、某化粧品メーカーのアイシャドウなどだと、肌が痛くなり赤くなるのです。

そんな私も、眉毛を、コリアン・ビューティチックなナチュラル眉にしたいと、アイブロウとしてこちらのクールブラウンを購入しました。

すごくナチュラルな感じでになるし、肌にも優しい!!
若干ラメが入ってますが、気になりませんよ(*^-^*)

<追記>
今、アイシャドウとしても使っていますが、すごくいい感じになります。
私の肌は、ブルベなのですが、ブルベにも合う色み(クールブラウン。ブラウンなのに)です。

引用:@cosme

4.ノブ「アイカラーE2」

ノブアイカラーE2

¥1,950

出典:Amazon

ノブ(NOV)はアトピー性皮膚炎や敏感肌の人向けにさまざまな化粧品を供給しています。

そのなかでも、人気のアイカラーです。デリケートな目元を考慮して肌に優しい成分でのみ作られたアイカラーは美しい目元を演出しています。

使い方としてはファンデーションが乾いた後に使用します。無添加、無香料で低刺激、そしてオイルフリーですので、敏感な目元にも優しいです。

インターネット通販で手軽に購入できます。

ブラウンが薄いかなとも思いましたが、これぐらいの色が、きつくなく優しく目元を引き締めてくれて良い色だと気に入りました。(ブラウン)

重ね塗りすると結構しっかりつきます。

今まで、金属アレルギー非対応のものをだましだまし使ってましたが、乾燥が気になり、こちらはコーティングされているので安心して使えます。

捨て色のない色の組み合わせがとても良いです。

引用:Amazon

5.ナティエラ「アイカラー アースブラウン03」 生活の木

%e3%83%8a%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b303%e3%80%80%e7%94%9f%e6%b4%bb

¥2,625

出典:Amazon

3種の植物エキスが配合されており、目元に優しく敏感肌の人でも問題なく使用できます。

上品なパール感がありますので年齢を問わずに使用できます。3色パレットでグラデーションが楽しめるところも人気です。

肌に優しい成分でできていますし、うるおい成分まで配合されていますので、乾燥しがちな敏感肌の人に最適です。軽い力でつけられますので敏感肌の人に人気です。


柔らかく、軽い力でもチップに付くし、特に濃いブラウンは擦り付けなくても瞼に色が付き、肌にも優しいです。
かといって、下まぶたに落ちてくることもないので、重宝しています。
薄い方の2色は、ブラシでつけた方が、よりフワッと色が付いていいかもしれません。

引用:Amazon

実はたくさんあるんです!敏感肌用アイシャドー

化粧品でもかゆみや赤みを感じてしまう敏感肌の人にとって、アイシャドー選びは大変重要です。まぶたは皮膚が薄いのでその分刺激を感じやすいからです。

アイシャドーにも様々なタイプがありますが、タール色素や合成着色料、合成ポリマーなど肌に刺激を与えるような成分は避けましょう。

アイシャドーは刺激が少なくてのせやすく、いろいろなバリエーションのあるパウダータイプがおすすめです。

清潔な手や、柔らかいブラシを使ってそっと乗せていくような感じでつけましょう。こすったりするとよくないです。そして、メイクオフする場合は専用のリムーバーを使って優しく落とします。

敏感肌のためのアイシャドーはたくさんの製品がありますので、そのなかで自分に合った、そして肌に優しいものを使用することが必要です。保湿成分があるとなおさらよいです。