脂性肌の方が乳液を使った方が良い理由と乳液の選び方

朝起きるとお肌がベタベタしていて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?脂性肌だから乳液はつけない方が良いと思っていませんか?乳液はべたつくというイメージですが今はさっぱりと塗るタイプがあるんです!脂性肌だからといって保湿はいらないというわけではないんですよ!今回は脂性肌の方にピッタリの乳液をご紹介します。

脂性肌と乳液の関係性

image

乳液の役割は保湿作用とお肌の水分を逃さないために皮膜を張ってフタをするという2つがあります。

乳液によってお肌を柔らかくして化粧水などでの保湿成分や美容成分をお肌にとどまらせてくれます。

脂性肌の方は乳液をつけるとべたつくから塗らない方が良いと考える方が多いようですが、化粧水を塗りっぱなしにしてしまうと、せっかくの保湿成分が蒸発してしまいます。

ですので脂性肌の方が乳液をつけないと、乾燥しやすくなってしまうんです。

とはいえども脂性肌の悩みはつきない

image


私は小学校5年生頃から突発的にではじめたニキビに6年間悩まされています。しかも周りが赤く真ん中が白く膿んだようなひとつ大きく出来るニキビは出来ずに、ブツっと出来てはいるけれど中に何かが詰まったような状態でそれがこめかみやおでこ、とにかく顔中に何百とあります。 毛穴は開ききっていて黒く詰まったものもとれず、それに加えて赤ら顔なのでいつも友人に『顔赤いよーw』と言われてもう自分の肌が他の人と違いすぎることで悩んでいます。 赤ら顔はもう諦めていますが、無数のブツブツは写真などを撮るときにものすごく目立つので写真を撮るのも嫌です。 肌質はものすごい油っぽく、前髪を下ろしていると半日経たずに前髪が濡れているかのようにテカテカになってしまいます。

引用:PRIMARY

ニキビ、毛穴の開き、赤ら顔、前髪が濡れてテカテカしてしまうなど脂性肌の悩みはつきませんね。

脂性肌の方はなんらかの原因によって皮脂分泌が過剰になってしまっているようです。

ですがその原因が分からず何をすべきなのか悩むんですよね。後に詳しくご説明致します!


顔がいつも脂っぽくてベトベトし、吹き出物にも悩まされています。なんとか脂性肌を改善したいと今まで色々な化粧品を試してみましたが、未だ効果的な化粧品には出会えていません。べたべた感が気持ちが悪いので、日に3回は洗顔しているような状態です。

引用:Doctors Me

こちらの方も顔のベタベタと吹き出物に悩まされているみたいですね。

脂性肌の方にとって化粧品選びというのはとても重要になってきます。

その中でも乳液は成分の20%近くが油分になりますので脂性肌の方にとって使うべきか悩むところですよね!

脂性肌・オイリー肌は食生活とスキンケアの改善で治療できる!

脂性肌は乳液はつけるべき?気になるみんなの意見

image

乳液はつけない派の意見


脂性肌な私からすれば、乳液の油と自分から出る脂でベタつきがさらに悪化する気がしました。そこで、スキンケアを化粧水のみにしてみたところ、顔の脂が減少した実感がありました。

引用:Doctors Me

乳液はつける派の意見


肌がテカりがちな方はどうしてもこってりしたスキンケアアイテムを敬遠しがちですが、オイルフリーなら必要以上にベタベタすることはありませんし、しっかり保湿した方が逆にテカリが抑えられることもあるので、色々試してみるといいと思います。

引用:Doctors Me


つい最近まで化粧品について無知で、大した肌ケアもせず生きてきたのでずっとオイリー肌だと思っていたのがただの乾燥のせいで、自分の体が頑張って皮脂を出していただけだったと知り、ちゃんと保湿ケアすることでずいぶん皮脂量も減りニキビもできにくくなりました。

化粧水だけだと水はまわりの水分と一緒に蒸発するので、顔の水分も一緒に蒸発させてしまうので何か蓋になるものはつけた方がいいと思います。

引用:@cosme

乳液はつけた方が良いという意見が多かったように思います。

つけない派という方は、脂性肌で顔がべたついているのに油分の多い乳液を塗ったらさらにベトベトになるからつけないし、つけることを止めたら脂性肌が治ったという意見が多かったです。

一方、つける派という方は脂性肌だと思っていたが実は自分は乾燥肌で乾燥を補うために皮脂分泌をしていたのではないかと考え、保湿、それにフタをする乳液をつけるように意識するようになったという意見が目立ちました。

皆さんよく化粧品のことを調べています!
脂性肌方向けに今ではオイルフリーやさっぱりタイプという商品が色々と出ています。

脂性肌の方が乳液をつける時に注意すべき点もある!

乳液をつけることによってベトベト感がひどくなるとありますが、実は塗り方などによってベトベトさせてしまっている場合もあるんです。

そこで以下に注意点をまとめました。

  • 塗りムラができている

    手で塗る場合は均等に塗れてない場合があり、乳液が多く塗られてしまっている箇所がある場合があります。

  • 皮脂が多いところに塗りすぎていることがある

    鼻や額、Tゾーンなどは皮脂が多い部分になります。つけやすい場所ということもあり多く塗りがちになります。

    そのような部分を少なめにするだけで全然違ってくるのではないでしょうか。

  • 強い力で塗りこむ

    乳液の役割を存分に活かしたいがためにこすりつけるようにすり込んでしまうのはお肌に負担がかかります。

    肌荒れ、またお肌トラブルによって逆に皮脂分泌過剰を起こす場合もあります。

乳液をつけたから脂性肌がひどくなったと思う方も多いですが、実はやり方もまずかったなんてことも意外にあるんですよ!

一度確認してみて下さい。
また、口コミの方でもありましたように、脂性肌には実は2パターンのタイプがあります。

1つは本当に根っからの脂性肌タイプです。
もともと男性ホルモンが強くて皮脂分泌が多い方や食べ物などによって影響されてしまっているなどが原因として挙げられます。

2つ目は実は乾燥肌なのに脂性肌タイプというパターンです。
つまりお肌の水分が少ないことによって体内で足りない分皮脂を分泌させようとして結果的に皮脂が過剰になってしまうのです。

この2つのタイプそれぞれによってケアの仕方が変わってくるので自分はどちらのタイプなのか見極める必要があるのです。



真の脂性肌かどうかの見分け方

image

私達のお肌には4種類に分けることができる!

まず私達のお肌は、普通肌、脂性肌、乾燥肌、インナードライ肌という4つの区分けがあります。

1番分かりやすいのは化粧品売り場で測ってもらうと自分がどのタイプに分類されるのか見てもらえるのですがなかなか気軽に入りづらいですよね?!

そこで簡単に自分でチェックする方法がありますのでぜひ試されてみて下さい。

ポイントは何もつけないお肌がどのように変化していくかです。

  1. 洗顔後に化粧水など何もつけずに10分〜15分ほど放置する。
  2. その様子を経過観察する。

やることはたったこれだけです!やってみて自分がどれに当てはまるか見てみて下さい。

普通肌

特につっぱることなくサラサラしている状態なら普通肌です。油分も普通〜少なめで水分は多めで理想肌となります。

キメが細かくなめらかなお肌です。

乾燥肌

潤うことがなくつっぱってきたり粉がふいたりする場合は乾燥肌です。

皮脂量、水分量が多い共に少ない状態です。
特に目の周りや口の周りなどにその状態が出やすいですね!

脂性肌

つっぱり感はないけど徐々にテカリが出てくる場合は脂性肌です。

皮脂量も水分量も多く、比較的しっとりとしたお肌になります。

洗顔しても脂が浮き出てしまうといった特徴があります。

インナードライ肌

この判断が難しいと思いますが、最初はつっぱっているのに徐々にテカリが出てくることをインナードライ肌と言います。

皮脂量は多いのに乾燥してカサカサとなるので一見脂性肌と間違えやすいんです。

洗顔をしていて部分的につっぱりがある場合はこの手のものが多いです。

 

つまり同じ脂性肌でも最初から脂が浮き出るいるか、徐々に脂が浮き出てくるかの違いによって、真の脂性肌かインナードライ肌か分かるんですね!

脂性肌の方に合う乳液選びの2つの条件

image

高い保湿力のあるもの

脂性肌には最初から脂っぽいタイプと徐々に脂が浮き出る2つのタイプがあることが分かりましたね!

ですので乾燥肌と脂性肌は実は延長線上にあるということになるのです。

脂性肌だから水分は足りているというわけではありません。しっかりと保湿力のある化粧水・乳液を選ばなくてはなりません。

高保湿のものは特に肌表面で水分を抱え込むものが多いです。

表面で水分を抱え込んでくれるので化粧水をしっかり浸透させてから油分の少ない乳液でフタをするという形になり脂性肌を改善に効果的になります。

油分の少ない乳液を選ぶ

脂性肌だからといって乳液をつけないことは乾燥肌へとなってしまうのでそれはいけないというお話しをしました。

だからといって油分たっぷりの乳液をつけてひまうとその油分が酸素に触れて酸化し、お肌に刺激を与えてニキビの原因になってしまったり、油分が過剰になってしまって余計にベトベトになってしまいます。

乳液は水分蒸発を塞ぐためのフタという考え方なので油分が多いからフタができる、少ないからできないというわけではないのです。

適量をきっちり塗ってさえいればその役割を存分に発揮することができるのです。

乳液の効果的な使い方

先ほど、乳液は手で塗ることによってムラができるので油分が偏りやすくなってしまうというお話しをしました。

では具体的にどのように塗るのが良いのかご説明します!

  1. コットンで乳液を1円玉〜10円玉サイズを出す。
  2. 最初に乾燥しやすい目の周り、口の周りから塗っていく。
  3. 顔の中心から外側に向かって塗っていく。※この時、皮脂分泌の多い鼻などは薄めにつけると良い!
  4. 最後は手で優しく馴染ませていく。

テカリが気になる方へオススメの乳液!!

乳液選びのポイントは高保湿で油分が少ないものです。それぞれの化粧水会社によってその点も踏まえて色々な工夫が施された商品がたくさん出ております。

といえどもたくさん商品がありすぎてどれが良いのか悩んでしまいますよね!

そこで今回は口コミが良い脂性肌の方への効果的な乳液をご紹介していきます。

乳液先行型?アルビオンのエクサージュアクティベーションモイスチュアミルクII

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%b3
出典:Amazon

アルビオンのエクサージュアクティベーションモイスチャアミルクにはIとIIがあり、本来ならIが脂性肌用となっています。

ですが前述にも記載しましたように脂性肌と乾燥肌は延長線上にあります。

先ほど4つの肌質診断をしていただいたと思いますがインナードライ肌による脂性肌になった方はこちらをオススメします。

まず1番の特徴として洗顔後、すぐ乳液という使用方法だということです。

アルビオンの乳液には、水分、油分、保湿成分がバランスがとれているならこそ乳液先行型なのです。

本来なら乳液で水分蒸発を防ぐためにフタをするという考え方ですが、乳液をすることによってお肌を柔らかくして化粧品の入りをよくするというものなんです。

サンプルから現品購入しました。
元々、ニキビが出来やすい肌質なので、ミルクは避けていましたが、姉の勧めで使ってみると、明らかに肌がバージョンアップした感じに!!使い続ける内に肌が柔らかくツルツルになりました。今では手放せません。

引用:@cosme

はじめは、乳液1番でいいかなと思っていたのですが、2番をオススメされてびっくりしました。まだまだTゾーンはテカるし脂っぽいのに、こんなこっくりしっとりした乳液を使ってギトギトにならないの!?と思ったのですが、
流石のアルビオンとBAさんでした。。

カウンターでは手元でしか試しませんでしたが、濃厚~なテクスチャーを想像していたのに案外スーッと馴染んでいく感じで驚きました。(乾燥してたのかも…笑)
おすすめして頂いた通り2番を購入し、その晩から同じエクサージュシリーズの化粧水も合わせて使ったところ、翌朝の感動がやばい。まず、朝起きた時の鼻と額の不要なギトギト脂が出ていないではないですか!!
でも、乾燥しているわけではなくてすごく肌コンディションが良い感じでした。
化粧ノリも最高です。

引用:@cosme

販売価格:¥ 6,200

脂性肌の方は脂性肌向けのものを買うと思いがちですが意外に水分量も足りてない場合が多いんです。

だから口コミのように普通肌用のものでも十分なときがあるんですよ!

謳ってあるように乳液によってお肌を柔らかくするという作用があるので翌日の潤いが実感できるんですね!

朝の乳液には紫外線対策してある薬用UVティントミルク

%e8%96%ac%e7%94%a8
出典:Amazon

イソプロピルメチルフェノールに殺菌作用があり、脂性肌の悩みの1つであるニキビ対策、また気になるお肌のテカリも予防してくれます。

こちらは日焼け止めとして朝に乳液として使うのにオススメです。

脂性肌の方にとって朝のメイクではファンデーションやアイシャドウ、チークなどお顔にたくさん塗り込みます。

その中でこちらの乳液はさらっとしたつけ心地なので化粧よれも防げます!

また紫外線をブロックしてくれます。
紫外線はバリア機能をより低下させてしまい、脂性肌も、乾燥肌も進めてしまうのでしっかりブロックしてくれるのは嬉しいですよね!

薬用UVティントミルクに関する口コミ

日焼け止めとテカリ防止に。厚塗り感が無く、日常使いにちょうどいい軽さの下地で愛用中です

引用:@cosme

テカリにはこれがやっぱり一番いいです。

年齢も年齢なので、ちゃんとした化粧下地を使おうかと、皮脂くずれ防止の有名な化粧下地を試したことがあります。
顔の半分はこのUVティントミルク、もう半分は皮脂くずれ防止の化粧下地を塗って一日試してみました。
鼻のテカリも、おでこのテカリも、毛穴カバーもどちらも同じで、優劣つけられませんでした。
それならコスパがよく、SPF50のこちらがやっぱりいいと、これに戻ってきました。

引用:@cosme

販売価格:¥580

脂性肌の方にとってテカリが出ないというのはありがたいですよね!

メイクで厚塗りは出したくないですよね!厚塗りになることによっても皮脂や分泌は高まってしまうのでさらっとつけられる乳液は良いですね!

またお値段も安いのでオススメです。

ノンオイルだからべたつかない!ソフィーナジェンヌ

%e3%81%9d%e3%81%b5%e3%81%83%e3%83%bc%e3%81%aa
出典:Amazon

ジェル状なので脂性肌のお肌の方でもさっぱりと塗ることができます!

また保湿成分にユーカリエキスが配合されています。ユーカリエキスは水分蒸発を防ぐフタとなるセラミドの産生を促進してくれる役割があります。

オイルフリーかつ水分を逃さない仕組みになっているので特にインナードライ肌による脂性肌の方にオススメです。

さらに香り・無着色・アルコールフリーなのでお肌の弱い方にも安心して使えますね!



ソフィーナジェンヌに関する口コミ


べたつかず、でもしっかり潤うので、基礎化粧品をソフィーナジェンヌシリーズに変えてから肌トラブルゼロです^^
もっと早くから使用していれば良かったと後悔…。

香料が入っていますが、刺激は一切なく、良い香りにとても癒されます♪
ドラッグストアで購入できるお手軽さ・安い上に大容量でコスパの良さもお気に入りのポイントです!

引用:@cosme

オイルフリーなので乳液の嫌なベタベタ感は全くありません。なのに朝までしっかり保湿されていて、もちもちです。少量で伸びるのでコスパもいいです。なくなったらリピします。

引用:@cosme

販売価格:¥2,138

やはりジェル状というのが大きいのでしょうか!べたつかないという声が多いです。

少量でも伸びるのでコスパが良い、ドラッグストアなどで気軽に買えるのが良いという点が良いですね。

色々な乳液のタイプがありますがジェル状は1番さっぱりとしているのではないでしょうか?

脂性肌の方にとってべたつかずテカらないというのは大切なポイントだと思います。

脂性肌の人こそ乳液を味方につけよう!

いかがだったでしょうか?脂性肌の方にとって乳液はより悪化させてしまうものと思いがちです。

しかし、脂性肌と乾燥肌は延長線上にあるということを踏まえ、油分の少ないでも高保湿のものを使うことが改善への大きなポイントとなります。

もうテカテカするお肌とはさよなら!!
正しい乳液を選び自信の持てるお肌を手にいれましょう!!