ニキビに悩む混合肌の人が増加中!強く美しい肌を作るためには?

Tゾーンはアブラ浮きが気になるけれど、頬はカサカサ。それは混合肌と呼ばれ、肌トラブルを抱える多くの人が悩まされていると言われている肌症状です。テカリとカサつきが同時にやってくるので間違ったケアをするとニキビなどの肌トラブルも起きやすく、扱いが非常に難しい混合肌。体の中と外から徹底的にケアしてしまいましょう!

混合肌ってどんな肌?その特徴とは?

スキンケア

混合肌は日本人にとても多い肌質だと言われており、たくさんの人がその扱いにくい肌状態に悩まされています。その混合肌とは、いったいどのような肌をいうのでしょうか。

聞いたことはあるけれど、しっかりとは知らないという人も多いかもしれませんね。

混合肌というのは顔の一部は脂性肌、またある一部は乾燥肌の状態をさします。人によっては「脂性肌+普通肌」だったり「乾燥肌+普通肌」だったりもしますね。

誰であっても顔の部位によって多少、肌状態は違うものなので、そのすべてを混合肌と呼べるかどうかは見解が分かれるところのようですが…。とにかく肌質が違うことによってトラブル内容やスキンケアの方法が違ってくる、非常に厄介な肌質なんです。

じつは日本人の中には、自分が思っている以上に混合肌である人が多いと言われています。

混合肌の中にもテカりが目立つ人、乾燥が目立つ人、それぞれですから、より顕著に表れる肌トラブルの方に目がいくことで「自分は脂性肌だ」とか「乾燥肌だと思う」とか決めてつけてしまっているんですね。

自分の肌をよく観察してみると、それはもしかしたら混合肌なのかもしれません。まずは肌質をよく知っておきましょう。肌に合ったスキンケアをしていくことがニキビのない、すこやかで美しい肌を作る秘訣です。

自分が混合肌なのかわからないという場合は、ぜひ肌質のチェックを行ってみてください。やり方は簡単です。洗顔後、化粧水などをまったくつけない状態で20~30分程度放置します。

おでこにベタつき、頬にカサカサが表れたらそれは混合肌だということになります。

混合肌をまねくその原因を探ってみましょう

テカテカの皮脂、カサカサの乾燥、どちらか一つだけでも嫌なものなのに、どちらも表れてしまうとっても困った肌質である混合肌。皮脂や乾燥によって大人ニキビもできやすく、なんとか改善したいと思いますよね。

そもそもどうして混合肌になってしまうのか?その原因を探ってみましょう。

肌は肌自身をキレイな状態、健康な状態に保つ力が備わっています。本来であればその力によって肌の表面に適度なうるおいの膜を作り、さまざまな刺激から守ってくれるのです。健康な肌やニキビなどの肌トラブルとも無縁ですね。

しかし何らかの原因でこのうるおいの膜を作り出す力が損なわれると、肌のバリア機能は低下してトラブルを起こすことになります。ニキビがたくさんできてしまったり、ヒリヒリとした痛みを持ったりするのはこのためです。

肌のバリア機能を低下させる原因としては、やりすぎのスキンケア、大きなストレス、日焼け、喫煙、生活習慣の乱れなどが挙げられます。こういった原因が絡み合って混合肌になってしまうんですね。

ニキビで悩んでいる方、思い当たるものはありませんか。

特に混合肌でニキビに悩む人の多くは、スキンケアをやりすぎていると言われています。自分は乾燥肌だと思っていたけれど、じつは混合肌だった。あるいは脂性肌だと思っていたけれど混合肌だった。そういうパターンは非常に多いんです。

そのような思い込みがあると、どちらかに偏った肌にとっては間違ったスキンケアを続けてしまいがち。

たとえば乾燥を防ごうとして油分たっぷりのコテコテクリームをべったりと塗って保湿しようとしたり、もしくは乾燥した肌には向かない引き締め効果抜群の化粧水を顔中に塗っておしまいだったり。

これでは肌に合ったスキンケアとはとても言えませんね。自分の肌質を見極め、ぴったり合ったケアを行いましょう。



混合肌にありがちな悩み「ニキビ」なぜできるの?

2acne-1606765_640

混合肌が引き起こすトラブルの一つにニキビがあります。混合肌のニキビはなぜできてしまうのでしょうか?

皮脂が多く分泌される10代から20代前半にかけては、もっともニキビができやすい年代です。皮脂腺のはたらきが活発なので、その分毛穴が開きます。

たくさん分泌された皮脂がその毛穴につまってニキビができます。テカりやすいTゾーンにできやすいという特徴があります。

「ニキビは青春のシンボル」なんて言われるように、この頃のニキビというのはよくある肌トラブルなんですね。

しかし近年では大人ニキビ・アダルトニキビと呼ばれる症状が増えており、ニキビは必ずしも「青春のシンボル」とは呼べなくなりました。

20代からの大人ニキビは10代の頃と違い、ホルモンバランスの乱れや乾燥が大きく関わっていると言われます。単純に皮脂がたくさん出ているというだけではないのですね。大人ニキビは乾燥しがちなUゾーンに多くできるというのも特徴的。

テカテカおでこに集中していた思春期ニキビとの違いが表れていますよね。

やっぱり日本人の多くが混合肌で悩んでいるんですね。ケアが大変なうえにニキビができやすいなんて、本当に扱いにくい肌で困ったものです。

スキンケアが悩ましいのも混合肌の特徴です。夏は皮脂が気になり、冬は乾燥が気になりますよね。季節や肌状態によってスキンケアを変える必要があるみたい。

肌のバリア機能が弱まっているのが混合肌をまねく原因なのでした。もともと肌が弱い方の場合、どうしてもトラブルを起こしやすい肌質に変化してしまいますね。たまご肌はすべての女性の理想です。

試してみて!ニキビのないつるすべお肌をめざすスキンケア

混合肌ニキビに悩めるみなさんに試していただきたいスキンケアをご紹介します。ニキビが一向に治らない…と困っている方はぜひお試しください☆

保湿はさっぱりよりしっとりを意識して

脂性肌と乾燥肌の混ざっている混合肌は、どんな保湿ケアが適切なのかわかりにくいもの。じつは脂性肌の根本的な原因も乾燥にあるんだってご存知でしたか?

肌に足りない水分を補おうとして、かえって過剰に皮脂を出していることが多いんです。ですから混合肌ニキビを治すアプローチとしては保湿をしっかり心がけることが大切です!

でも皮脂が気になる部分には、油分の多いものは避けましょう。あくまでもたっぷりと水分を補ってあげるイメージです。

クレンジングはオイルよりクリーム・ミルクタイプで

クレンジングとひと言でいっても、いろいろなテクスチャーが存在しますね。オイルタイプは洗浄力が非常に強く、ばっちりメイクを落とすのに適しています。しかしその分、肌にとって必要な皮脂や水分まで根こそぎ落としてしまうのが困りもの。

とにかく乾燥から肌を守りたい混合肌さんにとって、過剰な洗浄力は避けてほしいところです。クレンジングは肌に優しいクリームやミルクタイプを選びましょう。

洗顔のしすぎに注意

脂性肌の人によくあるパターンですが、テカテカアブラをしっかり落とそうとしてゴシゴシ洗顔をしている混合肌の人、いませんか?ニキビが気になっている場合は余計に汚れや皮脂を取り除きたいと思いますよね。

でもこれも逆効果。かえって乾燥によるニキビを助長してしまいます。

その他、熱いお湯で流すなんてのもNGです。肌への刺激が強すぎてダメージを受け、ますます乾燥してしまいますよ。

ニキビのできにくい、肌に優しい日焼け止めをお探しならコチラ☆

日焼けって気になりますよね。きちんとケアしないと紫外線による肌ダメージって結構深刻なので、カサカサやヒリヒリといったダメージにもつながりやすいです。混合肌さんにおすすめの、肌に優しい日焼け止めなら紫外線散乱剤を使ったものがいいですよ。

紫外線散乱剤使用の日焼け止め【ニベアサン プロテクトウォーターミルク マイルド】

%e3%83%8b%e3%83%99%e3%82%a261wdebndxdl-_sl1500_
出典:Amazon

販売価格:¥521

紫外線散乱剤って?

日焼け止めには大きく分けて紫外線吸収剤を使用しているものと紫外線散乱剤を使用しているものがあります。

紫外線吸収剤使用のものは紫外線を防ぐ力が強く、白浮きしない、ベタつきにくいといった使用感の良さも特徴です。しかし有機化合物であるため肌への負担は大きく、肌の弱っている混合肌さんの場合はかぶれてしまったりするかも。

一方おすすめした紫外線散乱剤というのは、紫外線を跳ね返して日焼けを防ぐというもので、ノンケミカルで肌に優しいのが特徴です。その分使用感がいまいちとも言われますが、最近ではかなり改善された商品も売られています。




テカテカ・カサカサのダブルパンチをメイクで防ぐ!

3make-up-artist-1728358_640

部位によって肌質の異なる混合肌さんは、メイクの際にもひと工夫が必要です。

ファンデーションは肌の状態によって使い分けると良いでしょう。テカリの気になるTゾーンへは皮脂を吸収してくれるパウダータイプ、乾燥の気になるUゾーンはリキッドタイプを使うのがおすすめです。

Tゾーンにリキッドタイプを使う場合は少なめにし、脂浮きするのを防ぎましょう。

体の中と外から徹底的にケア!ニキビのない美しい肌を作ろう

多くの人が悩まされている混合肌。対処の難しい肌ですからニキビなどのトラブルも起こりやすいんですね。そんなゆらぎやすいお肌でも、きちんと原因と対処法を知っていれば大丈夫!正しいケアで美しくすこやかなお肌をめざしましょう。

肌質は年齢とともに変化していきます。そういえば、10代の頃から同じようなスキンケアをしているな…なんて思い当たる方は要注意です。ぜひ一度ご自身のスキンケアを見直してみてください。きっとまだまだ改善できるポイントがありますよ。

体の中と外から徹底的にケアして、トラブルに負けない肌を作りましょう。強く美しい肌は毎日の心がけから作られます。混合肌、ニキビに悩まされない肌のために、ぜひチャレンジしてみてくださいね。