アトピー性皮膚炎は治る!治療に向けての対処法

アトピー性皮膚炎は大きな悩みの種です。はた目に特徴的な肌質になってしまうこと、強いかゆみを伴うこと、かゆみからかかずにはいられなくて肌を傷めてしまうこと、かいてしまったことに罪悪感を覚えること…など、とても苦しいものです。そんなアトピー性皮膚炎にも、日常生活に取り入れることで改善を促せる方法がいくつかあります。その方法とは?そもそもアトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とその症状

neck
アトピー性皮膚炎を軽くする、または治す方法についてご紹介します。

なお、ここでは日常生活に取り入れるための方法をご紹介します。改善が見られない場合は、専門の病院にて医師の診察を受け指示を仰いでください。

治療が長期になる可能性もありますが、根気強く通院するようにしてください。

まず、アトピー性皮膚炎とはどういうものなのでしょう。

アトピー性皮膚炎は、日本皮膚科学会で
「増悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする慢性に経過する疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ」
と定義されています。

つまり、アトピー性皮膚炎とは、

  • 耐えがたい強いかゆみを伴う
  • かゆみのために皮膚をかき壊してしまう
  • 良くなったり、悪くなったりの状態を繰り返す
  • アレルギーが原因である

といった特徴をもつ疾患です。

具体的な症状としては、皮膚に継続的に刺激を与えるために起こる、

  • 赤み、腫れ
  • 皮膚からの出血、かさぶた
  • 皮膚が乾燥し、厚く硬くなる
  • 色素沈着

などがあります。

かゆみのために皮膚を引っかき、古い傷が治りきる前に、新しい傷が重なった結果できる、肌の症状です。

[敏感肌用] 下着の選び方とその注意点

アトピー性皮膚炎の原因

gahag-0099651440-1
こうしたアトピー性皮膚炎の原因とはなんでしょうか。

よくアレルギーが原因、と言われますが厳密には間違いです。

アトピー性皮膚炎の原因の1つに、アレルギー反応が皮膚の中で起こったため、はあります。しかしあくまで原因の1つで、アレルギーではないアトピーも存在します。

アトピーは

  • 先天的な要素(遺伝)
  • 後天的な要素(環境、心理状態、不摂生)

の2つが合わさることで起こると考えられています。

生まれついての要素がなければ、いくらアトピーを引き起こしそうな環境にいても、アトピー性皮膚炎にはなりません。

反対に、先天的な要素を持っていても、環境がアトピーを起こすものでなければ、アトピー性皮膚炎になることはありません。

先天的な要素はどうすることもできません。そのため、後天的な原因は何かを見極めて、それを生活習慣から取り除きます。

それが、アトピー性皮膚炎を克服する大きなカギです。とはいえ、後天的な要素(環境等)はさまざまです。

  1. 気候
  2. ダニやほこりといったハウスダスト
  3. 食生活
  4. 疲労の蓄積
  5. 過度のストレスや、ストレスをため込みやすい性格

などが現在その原因として挙げられています。

夏は湿度が高く、冬は極度に乾燥する日本の気候は、弱った肌に負担となります。

ハウスダストのみがその原因とは考え難いですが、こまめに布団を天日干しする習慣は、体にいいです。

習慣的に摂取する食物によるアレルギーも考えられます。体に良かれと思って毎日摂取していた食品が原因となっている場合もあります。

また心因性のアトピーもとても多いです。心に負担がかかることで肌のバリア機能が低下し、アトピー性の症状がで出ることもあります。

このようにアトピー性皮膚炎の原因は多岐にわたっており、特定し改善するには、ご自身の身体の声を聞き続ける努力が必要です。

アトピー性皮膚炎を治すために気をつけたい基本

gahag-0115307751-1
アトピー性皮膚炎を改善するために、今できることとはなんでしょうか。

いくつか自分でできる方法を紹介するのでできそうなことは実践してください。

清潔に保つ

体が温まるととたんにかゆみが増すアトピーですが、入浴はアトピー改善に有効な方法の1つです。

身体を清潔に保つことで、引っかいてしまった傷からブドウ球菌や連鎖球菌などの化膿菌が感染することを防ぎます。

また布団をこまめに干すなど、ハウスダストやダニを取り除き、身辺を清潔に保つことも大切です。

保湿で保護をする

アトピー性皮膚炎の症状は「重度の敏感肌や乾燥肌」の状態であると言えます。そのため、乾燥肌や敏感肌に対する対処法を応用します。

よく用いられる薬剤としては、

  1. ワセリン
  2. ヘパリン類似物質
  3. 尿素

の3つがあります。

ヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)368g

%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8a%e3%82%93
出典:Amazon

販売価格¥:661

ワセリンは油なので皮膚に塗ると、油性の保護膜をつくります。ですから、水を弾く効果があります。

荒れやすい手などにあらかじめ塗っておくと食器を洗うときに手荒れを防ぐことができます。

さらに、風邪や花粉症で鼻水をかむのが頻回になると、鼻の下の皮膚が荒れることがあります。

そんなときや、赤ちゃんの口の周りがよだれで荒れるときにも、ワセリンを患部に塗っておくと、皮膚を保護してくれるますので、悪化を防いでくれます。

また、ワセリンは油ですので、ローションなどで水分補給をした後、お風呂あがりなど肌がしっとりした後に塗ると皮膚の水分が蒸発するのを防ぐ働きをする保湿剤としても優秀です。

水分を蓄えた肌から水分が蒸発して乾燥しなよう、蓋の役割をしてくれるのです。

ワセリンは弱くなった皮膚のバリア機能を補う働きをしてくれます。

バリア機能とは外気やほこり、化学物質などが体内に侵入するのを防ぐ働きをいいます。

健康な皮膚は角質層がきめ細かいのですが、乾燥したり、アトピー性皮膚炎の人はこの皮膚のバリア機能が弱くなっている状態です。

また一般的に市販のクリームには界面活性剤が入っていて、これによって保湿成分をより肌の奥まで浸透させることができます。

しかし、界面活性剤は角質層を破壊して保湿成分を浸透しやすくするため、これがかえって皮膚のバリア機能を弱くすることを知っておきましょう。

ワセリンは低刺激で、この皮膚のバリア機能を助ける働きをしているので、やけど治療にも使われています。

HPローション 50mL

61pufuz72pl-_sl1200_
出典:Amazon

販売価格:¥1,354

ヘパリン類似物質は、ヘパリノイド(Heparinoid)という英名を持つ保湿成分です。ヘパリンによく似た働きをするため、ヘパリン類似物質と呼ばれています。

ヘパリンとは、人間の体内に存在するムコ多糖類の一種です。

美容成分や健康サプリなどでよく聞くヒアルロン酸をはじめ、コンドロイチンやグルコサミンなどもムコ多糖類の仲間です。

ムコ多糖類は、人間の細胞の周りで、水分をしっかりと蓄える働きをする物質です。

この水分を蓄える働きが肌のうるおいを保持したり、体内の細胞に栄養を届けたり、逆に細胞から出た老廃物を運んだりする働きをしています。

そんなヘパリンに似せて作られたのが「ヘパリン類似物質」です。主にブタの臓器を原料に作られています。

ヘパリン類似物質の働きは、主に3つあります。

  1. 保湿作用
  2. 血行促進作用
  3. 抗炎症作用

カサカサ乾燥肌や荒れ性肌、アトピーにヘパリン類似物質配合のヒルドイドが処方されることが多いのは、これらの作用によってお肌にうるおいを与え、血行をよくして肌の再生を促し、炎症を鎮める働きがあるからです。

ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム 60g
415cn-28vtl-_sx385_

出典:Amazon

販売価格¥:780

尿素は天然保湿因子の一種です。アミノ酸とかヒアルロン酸などの仲間です。

尿素入りの保湿剤を外から与えてあげることで尿素を増やし肌の保湿をします。

これはどんな化粧品やクリームでも同じ事やってます。

尿素は人体の体に元からあるものなので比較的安全で安価で製造できるためとても安いです。

天然保湿因子の仲間なので外から与えることにより肌が潤います。つまり保湿成分があるということです。

尿素はすごく水に結合しやすい特徴を持っているのであちらこちらから水分を引っ張ってきて集めます。

その作用で皮膚に水分が与えられて皮膚が潤います。

それは論文でも確認されていて間違いないです。ただし効果はセラミド>ヘパリン類似物質(ヒルドイド等)>尿素入り保湿剤(ケラチナミン等)と言われています。

そしてもう1つ大きな特徴があって尿素はピーリングの作用があるということ。たんぱく質を変性させ角質をはがし肌をつるつるにする。

古い皮膚をはがし下に眠っている新しい皮膚を表面に持ってきます。

使用感ですが尿素が皮膚の水分を持っていくときに刺激感が出ます。

効果が特にあるのは皮膚のターンオーバーが遅い手や足等の角質がとても分厚い部分に使うと効果的です。

反面使いすぎると皮膚のピーリングのし過ぎで古い角質を落として出てきた新しい健康な皮膚まで傷つけてしまうので使いすぎると乾燥肌の原因にもなります。

本来アトピーの人の皮膚を治す場合は皮膚を作るのを遅くしなきゃいけません。炎症をなくし皮膚を作るのを遅くすることで保湿成分をたっぷりと含んだ頑丈な皮膚が出来上がる。

しかし、アトピーの人が尿素入りの保湿剤を使うと角質をはがす効果があるから皮膚を作るのが早まります。

皮膚を作るのを遅くしなければ良くならないのに皮膚を余計に作るのを早めて悪化させることがあります。

ですので、尿素を使う際は十分気を付けてください。

可能であれば専門医と相談の後使うことをおすすめします。

このようにひとくちに肌に働きかけるとはいえ、効用は異なります。ご自身の状態と目的に合った保湿、保護剤を選ぶことが大切です。

肌への負担を軽減する

肌への見えない刺激の最たるものとして、紫外線が挙げられます。肌細胞が傷つけられ、老化や乾燥を招きます。

また、合成洗剤の使用も極力控えましょう。

シャンプー、リンス、洗顔剤、化粧水、化粧品、衣料用洗剤など身の回りに合成洗剤は溢れています。

これらがアトピー性皮膚炎の原因になっている可能性が十分あります。

天然由来の成分100%のものに替えてみることをおすすめします。

内部からケアする

食べ物に気をつけることは、アトピーの改善の大きな要素です。

食べ物の栄養は主に腸で吸収されますが、「腸は第二の脳」と呼ばれるほど、自律した機関です。

腸の中の状態は体全体に影響を及ぼします。

食生活を見直して胃の負担を軽くし、腸内環境を整えてカラダの内側から肌のちからを高めましょう。

胃に負担をかける以下の食べ物は、食べ過ぎに注意しましょう。

脂分の多い食べ物

揚げ物・サラダ油・マーガリン・スナック菓子など

糖分の多い食べ物

白砂糖・ケーキ・菓子パン・チョコレート・ジュースなど

身体を冷やす食べ物

アイスクリーム・コーヒー・ファストフードなど

食べたいものを我慢するとストレスになるので、「食べ過ぎない」ことを心がける程度にしてみてください。

ストレスをためすぎない環境作り

心の状態が原因で身体に不調をきたす、心身症は無視できません。それだけ心と体は密接につながっています。

アトピー性皮膚炎はかくことで悪化し、繰り返します。生真面目な方ですと、無意識に搔かないように、と夜手袋をして寝ます。

確かに、手袋なしに眠ると夜かいてしまい、悪化することもあるかもしれません。しかしそれ以上に、搔いてしまったことで自分を責めたり、かいてはいけないとプレッシャーを負うことのストレスは大きいです。

「かいちゃダメ」と気負いすぎず、「かゆいのだから、かかずにはいられないのは当たり前」と心を軽くもつことも、必要です。

しかし、掻かないことに越したことはありません。

そこで掻くことが癖になって、痒くもないのに寝ている間に無意識に掻きむしってしまうことを防ぐために、寝る時は炎症部分や痒みが出ている部分に包帯を巻いて、掻けないようにしましょう。

保湿剤を塗った後にすぐ包帯をすれば、保湿が長持ちしますので、乾燥による痒みを防ぐこともできます。

とは言えど、気をつけていても掻いてしまうことはあります。

そこで、例え掻いてしまっても肌へのダメージが少なくて済むよう、爪は常に短くしておきましょう。爪切りで切った後は、必ず最後にやすりで丸くして尖りをなくしてください。

アトピー性皮膚炎の病院治療

gahag-0046657933-1
日常生活のあれこれを考慮してもなお改善が見られなければ、医療機関にかかりましょう。

アトピー性皮膚炎の治療のためには、病院選びもとても重要です。

処方される薬や治療方法は病院によって異なります。

ただ薬や保湿剤を処方するだけで、塗り方・使い方の説明が不十分という病院もあります。

アトピーの治療に用いられる代表的な薬、「ステロイド」には賛否両論あります。

アトピー治療薬で多く処方されるのが、ステロイド外用薬です。

5段階の強さがあり、炎症の状態によって処方される強さ(レベル)が変わります。

正しく使用していないと副作用(皮膚の委縮・皮膚が薄くなる・免疫の低下・色素異常など)が出る事がありますので、医師の説明をしっかりと聞いてから使用しましょう。

しかし、人によってはステロイド依存(塗っていないと落ち着かないような心理的状態)になってしまうこともあり、塗り続ける事で色素異常を含む副作用が出てしまいます。

使用の際は医師の指示を守りましょう。

そのため、アトピーへの理解が深く、患部をきちんと診察した上で正しい薬剤の使い方を指導してくれる医師、および病院を選ぶことが、アトピーを治療する上で何よりも大切です。

病院の選び方は、以下の点が目安になります。

  • アトピー診療の予約が必須の病院
  • 大学病院など医師が複数いる病院

アトピーの初診は、診察や薬の使用方法などの説明で時間がかかってしまう事が多くあります。

予約が必須で時間がきちんと設けられていたり、複数の医師がいる病院はじっくり診てもらえる目安になります。

初診の際に、処方した薬や保湿剤など使い方をきちんと説明してくれるというのも大事なポイントです。

東京では「東京逓信病院」(東京都千代田区)がアトピー治療に定評があります。

診療は予約制となっています。予約した上で、一度かかってみてはいかがでしょうか。

まとめ

眠れないほどのかゆみ、独特の様相、いつ治るのかという不安。

アトピー性皮膚炎の悩みは尽きません。

しかし、適切な治療や対処により必ずや治る疾患です。ぜひこれらの対処法を試してみてください。

改善しない、もしくは悪化してしまった場合は直ちに病院に行ってください。

この病気は慢性の病気で体質までは治すことが難しいです。

完治は困難でもコントロールは比較的容易であり、薬を使いながらうまく病気と共存していけば日常生活を送る上ではそんなに困難な病気ではないのだと発想を転換することがアトピー性皮膚炎と向かい合うために必要と思われます。

アトピーに負けない強く美しい肌を手に入れましょう!