アトピー性皮膚炎を引き起こす原因とその対処法をまとめました!

アトピー性皮膚炎といえば子どもの疾患というイメージが強かったのも、今は昔の話。現代ではアトピーは現代病と呼ばれ、子どもだけでなく大人になってからも悩まされている人が多いのが現状です。そんなアトピー性皮膚炎についてまとめました。そもそもアトピー性皮膚炎とは?改善するための対処法は?参考になれば幸いです。

アトピー性皮膚炎ってどんな症状があるの?

ウサギ

「我慢できないくらいのかゆみがある」「特徴的な湿疹」「治ったと思っても再発を繰り返し、慢性化しやすい」これがアトピー性皮膚炎の主な症状です。

初期症状は肌のちょっとしたカサカサ、乾燥から始まることが多いです。乾燥が原因でかゆみを感じるようになり、掻く刺激によってますます乾燥がひどくなります。

そのうちに掻き壊してしまい皮膚が赤みやほてりを持つようになります。

そうしているうちに皮膚がどんどん弱くなっていき、ちょっと引っ掻くだけでじゅくじゅくとした体液がにじみ出てくるように。皮膚がゴワゴワと厚くなることも特徴のひとつです。

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下している状態なので、原因が外部からの刺激にあるのでは?と考えてしまいがち。

ですが、根本的な原因は外的なものでなく、ストレスや生活環境による体調不良など体の中に原因があることが多いのです。




アトピーはどのような人が多くかかっているの?

%e7%94%bb%e5%83%8f2

アトピー性皮膚炎にかかる原因は一つに特定することが難しく、さまざまな原因が絡み合っていると言われています。しかし、アトピー性皮膚炎にかかりやすい人にはある特徴があることもわかっています。

家族がアトピー性皮膚炎の人

家族にアトピー体質の人がいると、そうでない人よりもアトピー性皮膚炎にかかる確率が高いことがわかっています。

両親のうち片方がアトピー体質である場合は約30%、どちらもアトピー体質である場合は約50%の確率で、子どもがアトピー性皮膚炎にかかるといわれているのです。

しかし両親ともアトピー性皮膚炎だからといって、必ずしも子どもにその体質が遺伝するとも限りません。

子どもがアトピーを発症する危険性を避けるためには、なるべくアレルギーとなる原因物質に触れさせないようにすることが必要になります。

IgE抗体が生産されやすい体質の人

人の多くはアトピー素因と呼ばれる、アトピー性皮膚炎を発症する原因となる要素を持っていると言われています。

特に体内でIgE抗体が生産されやすい体質の人はアトピー性皮膚炎になりやすく、そういった人達は気管支喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎などを患っている割合が多いのです。

アトピー性皮膚炎の正体は「免疫の過剰反応」です。IgE抗体はアレルギー反応を起こす免疫物質で、体内にアレルゲンが侵入することによって生産されます。

アレルゲンから体を守ろうとする働きがあるのですが、この働きが過剰に反応することが原因でアレルギーを起こします。

気管支喘息などのアレルギー疾患を持つ人は、同様にアレルギーが原因で起こる疾患であるアトピー性皮膚炎にもなりやすいといえるでしょう。

アトピー性皮膚炎を発症する原因ってこんなにある!

%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a

ダニ・カビ・ハウスダスト

ダニやカビ、ハウスダストなどのアレルゲンがアトピー性皮膚炎の原因となっているケースは多いです。こういったものは目に見えないものなので、なかなか対策しづらいのが難しいところですよね。

たとえば布団に潜むダニの場合、天日干ししたくらいでは完全に死滅させることはできません。ダニを死滅させるには50度~60度以上の高温が必要になります。

普通の環境の中で布団をそんな高温にさらすことはまずありませんから、きちんとした知識を持って対策しなければダニから逃れることはできないというわけです。

カビについても、最近ではピティロスポルム(マラセチア)というものに注目が集まっています。このカビは誰の皮膚にも存在するものですが、最近これに陽性反応を示す人が増えているというのです。

皮膚の乾燥

アトピー性皮膚炎の人は乾燥肌の場合が多いです。アトピー性皮膚炎の初期症状には「肌がカサカサする」というものがあり、これはいわゆる乾燥肌の肌状態と同じですね。

カサカサ肌がかゆみの原因となり、掻くことによってますますアトピー性皮膚炎を悪化させる悪循環が発生します。

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が弱まっている状態ですので、適切なスキンケアをして肌の乾燥をストップさせる必要があるでしょう。

遺伝

上でも述べたように、両親がアトピー性皮膚炎の場合は子どもに遺伝する確率が高くなります。

しかし、親がアトピーなら子どもも必ずアトピーになるとは限りません。子どものアトピー性皮膚炎の発症を抑えるためには、2~3歳までの食べ物には特に注意が必要です。

乳幼児期、消化器官の機能が未熟なうちは大人と比べてアレルゲン物質に対して反応しやすいからです。これは、成長して消化器官の発達とともに落ち着いてきます。

ストレス

アトピー性皮膚炎は皮膚の疾患ですので、外部からの刺激にばかり目が行きがち。ですが、根本的な原因は体の中にあると言われています。その大きな要因の一つがストレスです。

現代はストレス社会といわれ、まったくストレスを抱えずに生活している人はいないでしょう。そのような背景から「少しのストレスくらい……」と軽く考えてしまいがち。

しかし精神的な負荷が大きすぎると、身体的な異常が現れるというのは誰しもご存知のことと思います。

ストレスが原因でアトピー性皮膚炎にかかっている人も、決して少なくないのですよ。たかがストレス、と甘く見ないでくださいね。

自身がアレルギー体質だという自覚がある人はもちろん、そうではない人でも突然アトピー性皮膚炎を発症する可能性がゼロではありません。普段からその原因となるものは取り除いておく必要があるでしょう。

副交感神経が優位な人

アトピー性皮膚炎や喘息のもう一つの原因は副交感神経が優位な人がなるということがわかっています。

子どものころは副交感神経が優位になっており、年をとるにしたがい交感神経が優位になってゆきます。子どもにアトピー性皮膚炎が多く大人になるにしたがい治ってゆくのはそのためです。

喘息の子どもが運動をし始めると軽くなったり治ったりするのは、運動をすることによって交感神経が活性化して副交感神経が不活性化するためです。

交感神経が優位の人は便秘になりやすく、副交感神経が優位の人は下痢になりやすくなります。副交感神経は排泄を促す神経です。

消化器官は副交感神経支配ですので副交感神経が緊張しすぎると下痢気味になります。

だから、副交感神経優位の人は体に不要な化学物質やストレスを排泄しようとしてアトピー性皮膚炎や喘息という免疫反応を起こし皮膚や気管支に炎症を起こして出そうとします。

喘息の子どもさんが排気ガスなど有害な化学物質の多い都会から、有害化学物質の少ない田舎に引っ越すと体に取り込む有害物質が少なくなるため体から排出しなければならない不要な有害物質がなくなるので喘息が良くなっていくのはそのためです。

この副交感神経優位になる原因は現代生活にあります。子どもは風の子といわれるように子どもは外で遊ぶの常識でしたが、現代では子どもが外で遊ぶ姿をあまり見かけません。

交感神経を活発にするためにも子供は元気に体を動かすべきだと思います。




本当の理由は合成洗剤?

ここまでダニやノミ、遺伝など世間で常識となっている要素を原因としてきましたが、実は合成洗剤がアトピー性皮膚炎のメインの原因ではないか? という見解が浸透し始めています。

日本臨床アレルギー研究所・新橋アレルギーリウマチクリニックの十字文子医師が当クリニックに通院される患者さんを対象に皮膚のパッチテストを行ったことが『シャンプー、石鹸によるアレルギー』(科学評論社)という論文に書かれています。

この論文によるとアトピー性皮膚炎や喘息などで当クリニックに通院する患者さん31人を対象にToriii社製のパッチテスト用のキットを使い、合成洗剤、石けん、化粧品を抗原として48時間後に陽性率を判定しました。

結果はシャンプー60%、リンス33.3%、食器用洗剤40.8%、衣類用洗剤56.2%、石けん44%、化粧品15.9%、その他は0.8%で、アレルギーの原因とされるダニはたったの9.5%でした。

(このパッチテストで使われた石けんはラノリンやパラベン、エデト酸塩、着色料、香料など合成化学物質を使ってつくられた石けんです。桧垣)

引用:石鹸・自然食品・健康雑貨の専門店 三友

サンプルとなる人数が31人と少数なのは気になるところですが、私たちの天敵とされているダニは9.5%しか原因とされていません。

この実験結果を見るとアトピー性皮膚炎や喘息の原因のほとんどが合成化学物質からつくられている合成洗剤といっても間違いないと思ってしまいますよね。

この実験結果がすべてかどうか真意はわかりませんが、合成洗剤が体に悪いのは自明の理です。

ですのでアトピー性皮膚炎や喘息を治すためには合成洗剤を止めることが必須条件です。

アトピー性皮膚炎や喘息と診断された場合、病院は除去食はすすめますが、合成洗剤を止めなさいとは指示しませんので、ほとんどの方は以前と変わりなく合成洗剤を使います。

合成洗剤は皮膚を通して体内に吸収されることがわかっています。合成洗剤のシャンプー、リンス、ボディーソープ、服に残留している洗濯用洗剤などが毎日、少しずつ体内に吸収されていきます。

アトピー性皮膚炎は体に不要な化学物質などを皮膚を通して体外へ排出するために起こる症状です。

最近では天然由来成分で作られているシャンプー、洗顔料、化粧品がたくさんあるので試してみることをおすすめします。

かゆみのメカニズムは?ヒスタミンってなに?

アトピー性皮膚炎の症状として代表的なものに「かゆみ」がありますが、そもそもこのかゆみはどうして起こるのでしょうか。

これは肌に異物が付着したと感じたときに、それを取り除こうとしている反応だと言われています。

つまり、体内の異物を外に放出しようとして起こるくしゃみや咳などと同じような反応ということですね。その反応が過剰に起こっているのがアトピー性皮膚炎のかゆみです。

アトピー性皮膚炎の治療の際に処方される薬に抗ヒスタミン薬というものがあります。これはかゆみなどを始めとするアレルギー反応を誘発する原因となるヒスタミンの働きを抑えるための薬です。

ヒスタミンは人の体の中に必ず存在し、重要な役割を果たす物質でもありますが、ヒスタミンが過剰に分泌されることによってかゆみなどのさまざまな異常をきたしてしまうのです。

症状が出るタイミング

アトピー性皮膚炎の方は常時痒みがで出るというわけではないと思います。

どんな時に痒みが出るのか把握しておけば、未然に痒みを防げることもありますので紹介します。

空気の乾燥

春は特に空気が乾く時期です。乾燥すると皮膚のバリア機能が弱くなってしまうので、外部からの刺激を受けやすくなりかゆみが増すことがあります。

スキンケアを徹底して保湿することが大切です。

気温の上昇

気温が上昇すると汗をかきます。汗をかいたままにしておくと肌が不潔になり雑菌が繁殖して肌への刺激が増します。

こまめに汗を拭いたり、清潔な衣服に着替えるようにしましょう。

心理的なストレス、寝不足

春は就職や引っ越しなどで環境が大きく変わる季節です。慣れない環境での精神的ストレスはホルモンバランスを不安定にさせアレルギー反応が出やすくなります。

あまりにも症状がひどい場合は病院に行くようにしてください。

刺激を与えるものとの接触(花粉やダニ、ハウスダスト、衣類など)

春に多く飛ぶのが花粉です。症状である目のかゆみや充血、鼻水などが肌に刺激をあたえアトピー性皮膚炎の湿疹を悪化させることがあります。

また、都市型の生活では気密性が高い住居も多く、ダニの増殖を促してしまっていることも考えられます。

食物

乳幼児では食物アレルギーによってアトピー性皮膚炎が誘発されることもあります。

成人は個人差がありますが、アルコールや香辛料などの刺激物はかゆみを増すと考えられています。砂糖脂肪分もかゆみを悪化させることがあります。

自分の身体に合っていない食物を病院などで事前に調べておくことをおすすめします。

つらいアトピーを改善するには…これを試してみて

%e7%94%bb%e5%83%8f4

アトピー性皮膚炎のつらい症状を抑えるために抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めが処方されますが、効果がない場合もあります。

かゆみの原因がヒスタミン以外にもあるということなのです。

アトピー性皮膚炎を改善するためには、薬に頼るばかりでなく普段の生活から見直してみることが必要です。

ステロイド治療

アトピー性皮膚炎の治療をする際に、こちらも処方されることの多いステロイド剤。

肌の炎症を抑え、かゆみをしずめてくれる効果があります。しかし、少し調子が良くなってきたからという理由で勝手に薬の塗布をやめてしまう人が多いのが実情です。

ステロイド剤は怖い、肌に良くないというイメージからそのような行動に出る人がいるのかもしれませんが、正しく使えば決して怖い薬ではありません。

むしろ、自己判断で薬の使用をストップすることが原因でかえってアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうなんてことにもなりかねません。医師に決められた用法用量をきちんと守って使いましょう。

スキンケアを見直す

乾燥肌をはじめ、肌がなんらかのダメージを受けているとアトピー性皮膚炎は悪化しやすくなります。

カサカサやかゆみを増幅させる乾燥はご法度です。適度な保湿を心がけましょう。

しかし、保湿を重視するあまりに過剰なケアをすることで、かえって肌トラブルを起こしてしまうケースもあります。大切なのは、自身の肌に合ったスキンケアをすることですよ。

繰り返しになりますが、人工的な成分がアトピー性皮膚炎の原因の可能性が大いにあります。

皮膚に直接塗ったり、付けたりするもの身の回りのものを今一度確認してみましょう。

怪しいと思われるものがあれば天然由来成分で構成されているものに取り替えてみてはいかがでしょうか?

漢方治療

アトピー性皮膚炎の治療に漢方薬を使う人も多いです。漢方医学の考え方は「体全体をみる」というもの。

病気の症状そのものに働きかけるだけでなく、病気にかかってしまった原因を根本的に突き止めて解消していきましょうという考え方です。

アトピー性皮膚炎を発症する根本的な原因は体の中にある場合も多く、漢方による体質改善しながらの治療を検討するのもひとつの手でしょう。

ストレスを減らす

ストレスとアレルギーには強い関係があるとお話をしました。多少のストレスは誰しもが抱えているものですが、それが大きくなるとさまざまな病気を引き起こす原因となる非常に怖いものです。

もしあなたが「ストレスが溜まっているなぁ」という自覚があるのなら、それは少し休んだ方が良いという体からのサインかもしれません。

ストレスを減らすことで、アトピー性皮膚炎も改善して心身ともに調子が良くなるかもしれませんよ。

合成洗剤の使用を中止する

アトピー性皮膚炎の大きな原因であるとお伝えした合成洗剤ですが、私たちの生活に萬栄しています。

特に衣料用洗剤は間接的に皮膚に付着するので、一度見直してみるのが良いと思います。

食器などの洗剤も同様です。

天然由来成分の洗剤はたくさん出回っているのでまとめて変えてみてはいかがでしょうか?

そんなに即効性があるものではありませんが、徐々に症状が改善していくと思います。

アトピー性皮膚炎は非常に辛い病気です。

自分でできることをやっても症状が改善しない場合は病院で医者と相談して自分に合ったベストな方法を見つけてください。