優しく汚れを落とせる敏感肌向けのクレンジングミルクでの洗顔

敏感肌のみなさん、基礎化粧品やベースメイク選びには特にこだわっていらっしゃるのではないでしょうか。

では、少し見落としがちなクレンジング剤にもこだわることができていますか。敏感肌の方には、刺激の強いオイルよりもクレンジングミルクがおすすめなのです。なぜ敏感肌の方にクレンジングミルクがおすすめなのかまとめました。

クレンジングミルクとはどんなもの

milk-933106_640

クレンジングミルクとは、乳液のような柔らかいテクスチャーのクレンジング剤のことです。

クレンジングクリームと同じように思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実際に手に取るとクリームよりも「ゆるい」と感じられると思います。特徴としては、以下のような点があげられます。

  • 油分が少ない
  • 洗浄力が弱い
  • 界面活性剤が少ない商品が多い
  • 肌に優しい

また、商品によってはマッサージクリームとして使用できるものもあり、顔のリフトアップ効果が期待できます。

敏感肌は肌のバリア機能が低下している状態

まず、敏感肌と呼ばれる肌の状態についてお話しします。敏感肌とは、外部からの刺激に文字通り、敏感になっている状態のことです。原因は肌のバリア機能の低下です。

正常な肌では、肌の上に水分と油分がバランスよく存在し、天然のクリームのような働きをすることで外部の刺激から肌を守っています。しかし、なんらかの要因によって肌表面の水分と油分のバランスが崩れると、バリア機能が破壊されます。

そのため、通常では気にならないような刺激でも過敏に反応してしまうのです。症状としては、かゆみ、赤み、かぶれやほてりなどがあげられます。

今まで使っていた化粧品が急に合わなくなるということも頻繁に起こるのが敏感肌の特徴です。以下は肌のバリア機能が崩れてしまう要因です。

  • 化粧品やシャンプーなどの刺激
  • 衣服やまくらカバー、ふとんなどの刺激
  • エアコンなどによる乾燥
  • 過剰なストレス
  • 生理や妊娠によるホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の乱れや睡眠時間の減少

外部刺激以外にも体の内側にも要因があることがわかりますね。これ以外にもたくさんの要因が複合的に絡み合って敏感肌という状態になってしまっています。まずは少しずつ、肌バリア機能を破壊する原因を解消していきたいですね。

敏感肌の方にクレンジングミルクがおすすめな理由

クレンジング剤には様々な種類のものがあります。現在市販されているクレンジング剤を洗浄力の強さという観点で順位付けするとこうなります。

  1. ふきとりタイプ
  2. クレンジングオイル
  3. 泡クレンジング
  4. 油性クレンジングジェル
  5. クレンジングクリーム
  6. クレンジングミルク
  7. 水性クレンジングジェル

敏感肌の方には、ふき取りタイプのクレンジング剤は刺激がとても強いので避けたほうが良いでしょう。便利な商品ですが、肌との摩擦があるので、かなり肌への負担が強いです。

また、ほとんどの敏感肌の方は、肌が乾燥しています。洗浄力が高いクレンジング剤は「油分」や「界面活性剤」を多く含んでいます。界面活性剤は肌への負担が大きく、敏感肌の方は避けたい成分ですね。

さらに、油分によって、肌のセラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)、皮脂膜を洗い流されてしまいます。天然保湿因子とは聞きなれない言葉ですが、角質層にあるアミノ酸の1種で、水分を多く抱えこみ肌の潤いを維持する成分です。

これらを守ることが、乾燥を防ぐうえでとても重要になってきます。そのため、洗浄力の強いクレンジングオイルや油性のクレンジングジェルなどは敏感肌の方には向きません。

洗浄力は弱いですが、クレンジングミルクやクレンジングクリームがおすすめです。なかでも、クレンジングミルクは、クリームに比べさらっとしているので使用感が良いという特徴があります。

また、クリームタイプのものよりもミルクタイプのものが、肌への刺激はさらに少ないと言えます。

クレンジングミルクのメリット・デメリット

クレンジングミルクのメリットは、肌への負担が少ないことです。一方で、洗浄力が弱いというデメリットもあります。そのため、使用しているベースメイクやアイメイクなどによっては適していないこともあります。

比較的落ちやすいパウダーファンデーションやお湯で落ちるタイプのマスカラ、アイライナーを使用している方はクレンジングミルクで十分でしょう。

しかし、ウォータープルーフの化粧品などを使ったしっかりメイクの日には洗浄力が高いクレンジングオイルなどを使うといいでしょう。

敏感肌の方は基本的にベースメイクも肌に刺激が少ないものを使っているかと思いますので、クレンジングミルクで十分という方が多いのではないでしょうか。

アイメイクだけしっかりメイクされている場合は、目元のみアイメイク用のクレンジング剤やオイルタイプのクレンジング剤を使用し顔全体はクレンジングミルクを使用する、という2種類を使う方法がおすすめです。

クレンジングの負担を考えると、ベースメイクやアイメイクもできるだけは落としやすいものに変えたほうがいいですね。ここぞというとき以外はシンプルなメイクをするようにしましょう。

敏感肌の方のクレンジングミルク選び

敏感肌の方がクレンジングミルクを選ぶ場合、低刺激な商品を選んでください。敏感肌用のものもあります。香料や添加物ができるだけ含まれていないものがおすすめです。

さらに、それに加えて、保湿成分が配合されたものを選ぶと尚良いです。オーガニックのものやセラミドなど効果が高いものが配合されている商品がおすすめです。

また、クレンジングの際に、コストを気にしてクレンジングミルクを少量しか使わないと肌と手の間に摩擦が生じてしまいます。せっかく肌に良いものをかっても擦ってしまうとまったく意味がありませんよね。

そのため、十分な量を継続して使える価格のものを選んでくださいね。

クレンジングミルクの使い方

クレンジングミルクの使い方は以下の通りです

  1. 乾いた手にクレンジングミルクをとる
  2. 手をこすり合わせてクレンジングミルクを温める
  3. 顔に乗せ優しく内側から外側へくるくると円を描くように手を滑らせる
  4. ぬるま湯で少しずつ何度かに分けてすすぐ

使い方のポイントとしては、①手と肌が乾燥した状態で行う②使用前に手のひらで温める③ぬるま湯ですすぐ、という3点があげられます。

クレンジングミルクを温めることで肌とのなじみが良くなり、メイクが落ちやすくなります。事前に手で温めることで肌の上にクレンジングミルクを乗せる時間が短くなるので肌への負担が減りますね。

また、すすぎの際は、ぬるま湯で少しずつ何度もすすぐようにしてください。しっかり落ちます。また、先ほども話しましたが、敏感肌にとって摩擦は天敵です。適正な量を使用して優しく行って下さい。

敏感肌の方におすすめのクレンジングクリーム6選

ここからはおすすめのクレンジングクリームを6つ紹介します。

しかし、使用感などは商品を説明するだけではわからないですよね?

そこで、実際に使用した方の口コミも同時に紹介していきますので気になった商品があれば参考にしてみてください。

①「カバーマーク クレンジングミルク」

カバーマーク
出典:Amazon

¥3,127

カバーマークのクレンジングミルクです。こちらの商品は、クレンジングミルクとしてはメイクが落ちやすいという点と美容成分が89%も配合されているという点が特徴です。

植物由来の美容成分が特に多く含まれているので安心ですね。使用感の良さも人気の秘訣です。

使用者の方の口コミはこちらです。

ミルクタイプですので洗い流した後のつっぱり感が少なく、もっちりとした潤いがとても良いです。

オイルタイプの方が洗浄力はあると思いますが、お肌へのダメージを考えるとミルクタイプがお勧めです。

洗浄後のつっぱり感、潤い感がぜんぜん違います。乾燥肌の方には特にお勧めですね。

また、他の方のレビューにも書いてありますが、マスカラ等のアイメイクが落とし難いと感じます。

この辺はオイルタイプの方に分が有りそうですね。

爽やかな香りも気に入ってます。

引用:amazon

植物由来の成分が多く配合されていることも含めてお肌に優しく、乾燥肌を含む敏感肌の方におすすめできる商品です。

また、口コミをみるとマスカラ、アイメイクが落としにくいのも逆に言えば無理に肌に負担をかけていない証拠と言えます。

敏感肌でお悩みの方はぜひ使ってみてください。

②「テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルク」

クレンジングミルク
出典:Amazon

¥3,780

こちらの商品は、ダマスクローズという花の成分が含まれています。みずみずしく甘い香りが特徴です。ビタミンA・Cが含まれ、新陳代謝を促す作用もあります。

アロエベラ葉エキスやカミツレ花エキスなど19種類の植物成分が配合されています。クレンジング後の洗顔は不要です。

口コミはこちらです。

界面活性剤などが使われていないもの…と思い購入しました。

普段のメイクは、日焼けどめ、ミネラルファンデーション、眉マスカラ。

休日は、上記+アイメイク(マスカラもばっちり塗ってます)ですが、アイメイクもしっかり落ちます!

私が使っているマスカラがお湯で落ちるタイプなのもあるかもしれませんが、アイラインやシャドウも一回で落ちます。

ミルクタイプですが、洗いあがりはさほどベタつかず、さっぱりです。

ベタつきが気になるときだけ、ダブル洗顔してます。

なにより肌に優しいのが私の1番のポイントなので、これからもリピします!

引用:amazon

まず、界面活性剤とは、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。

構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。

この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。

代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています。

肌に良くない影響を与える心配があるのは、洗浄力のある界面活性剤(洗浄剤)だけです。

そして、この洗浄剤が含まれる化粧品には、クレンジング剤や洗顔料、シャンプーなどがあります。

多くの化粧品に界面活性剤は使われていますが、どれもが肌に悪いわけではありません。

ただ、肌に害があるものももちろんあり、敏感肌の方は影響を受けやすいと言われています。

この商品は界面活性剤が使われておらず、敏感肌の方にはもってこいの商品で、洗浄力も文句なしのようですね。

③「ロゼット クレンジングミルク」

ロゼット
出典:Amazon

¥1,448

ロゼットは洗顔パスタで有名なプチプラブランドです。そのロゼットはクレンジングミルクも人気なのです。無着色・無鉱物油なので敏感肌の方にも安心ですね。

また、使い方に特徴があります。使用後、水ですすがずに化粧水をつけたコットンでふき取るだけでOKです。

もちろん、洗い流してもOKです。この洗い流さないクレンジングはフランスなどでは一般的なのだそう。

プチプラなのにオリーブオイル・スクワランオイル・ラベンダー精油・ローヤルゼリーエキス・高麗ニンジンエキスなどが配合されている点も優秀ですね。

使用者の方の口コミです。

皮脂を落としすぎても肌への負担になるし、洗顔方法を見直そうかなぁと思っていた時こちらに出会いました。

今までは朝も晩もしっかり洗顔フォームで顔を洗っていただけあって、洗い流さないなんて気分的に気持ち悪くないかなぁ、と多少の不安もあったものの、むしろこの洗いすぎが仇となって肌の黒ずみが悪化しているのかもという多少の懸念もあったので、この際やったことのないものを試してみようと思い購入。

今までもコスパの良いロゼットさんの商品はいくつも試していますが、今回も大成功でした。

まず、香りが良い◎人工香料感のない自然なハーブの香りに包まれます。

そして顔になじませ優しくマッサージすると、そこまで濃くはない私のメイクなら一瞬で落ちます。(そもそも夕方になるとほぼメイクは落ちてますが><)

最後に、多くの方が”結局洗い流している”と書かれておりますが、私は蒸しタオル(時間がないので水道で熱湯を出してタオルを湿らせ絞って使っています)でポンポンと包み込んでおわりです!

特に朝起きた時などにこうすると、ジワーッとしてとても気持ち良いです。

たくさん汗をかいたり、スッキリしたいなぁという時は、このあとに洗顔フォームでかる〜く洗うこともありますが、基本的にはこれ一本で洗顔が完了してしまします!

実際に最近黒ずみが減ってきた感じで、大満足。

やはり肌に刺激を与えすぎないことが健康への近道なようです。

リピートします!
引用:amazon

皮脂の落としすぎは肌荒れの原因になります。

商品の特徴である洗う必要がないという所に関しては、人によっては流してしまう方も多いようですが個人の好きなように使用していただければオッケーだと思います。

口コミでも高評価を付けている方がかなり多い商品なので使ってみる価値がありそうです!

④「カウブランド 無添加メイク落としミルク」

カウ
出典:Amazon

¥564

こちらは超プチプラのクレンジングミルクです。カウブランドはプチプラなのに肌に優しい敏感肌の味方ですよね。こちらの商品も、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコールなどを配合しておらず、シンプルな成分でできています。

プチプラなのに、高価なセラミドが配合されているのもポイントが高いです。

口コミを見てみましょう。

オイルクレンジングが肌への負担が大きいと聞き、普段から薄化粧の私が探し当てたのがこのメイク落としです。とてもやさしくメイクを落としてくれます。

リピしまくりです。しばらくは使い続けます。

友人にも「お肌ツルツルだねー。何使ってるの?」とよく聞かれますが、このメイク落としのお陰かなと思います。

引用:amazon

薄化粧の方に限らず、メイク落としで洗顔力が強すぎて肌がダメージを受けているとお悩みの敏感肌の方におすすめの商品です。

素肌をきれいに保つために使ってみてはいかがでしょうか?

⑤「ママバター クレンジングミルク」

ママバター
出典:Amazon

¥1,470

ママバターのクレンジングミルクです。シアバターが5%と10種類のオーガニック原料が配合されています。また、シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベンは使用していません。

クレンジング後の洗顔は不要なので肌への負担が減りますね。お値段も安いので試しやすいのではないでしょうか。

使用者の方の口コミです。

まず最初にラベンダーの香りがガツンときますがそれがすごくいいです。

ミルクとクリームの間くらいのゆるさですが、マッサージしやすいです。

アイシャドウやマスカラ、アイライナーもきれいに落ちました。

W洗顔不要なのでとっても楽です。洗い上がりもお肌がもっちりします。おすすめです。

引用:amazon

洗顔を2度行わなくていい点でも、余計な皮脂を落とす必要がなく、お肌に優しい商品となっています。

香りも良く、リピータの多い商品です。

⑥「リ・ダーマラボ」

リ・ダーマラボ

¥2,848

女性誌・Webメディアでも話題沸騰の「リ・ダーマラボ」は、落とす、洗う、だけでなく、”毛穴” の悩みを解決してくれるクレンジングです。極小こんにゃくスクラブが配合されており、低刺激かつ洗浄力も申し分ないです。

それでは口コミをみてみましょう。

細かなこんにゃくスクラブの肌当たりが良いです。低刺激で、気持ちよくマッサージができます。メイク落ちも良く、W洗顔要らず。くすみが取れて、肌に透明感が出ました。洗い上がりも乾燥せず、しっとりスベスベで好印象。継続して使ってみたいです。

引用:@cosme

クレンジングミルクを正しく使って敏感肌を改善しよう

女性

いかがでしたか。クレンジングミルクは肌にとても優しいことがわかりましたね。ナチュラルメイクの日はクレンジングミルクを使用することをおすすめします。クレンジングミルクの中でも、さらに肌に良い商品を選んでください。

先ほど挙げた5つの商品はとてもおすすめです。敏感肌にとって顔に直接つけるものはかなり重要です。

クレンジングミルクだけでなく、基礎化粧品、ベースメイク、日焼け止めなどどれか1つでも合わなければ肌トラブルにつながります。

調子が悪いなと思ったら普段のスキンケアのすべてを一度見直してみてください。また、化粧品や衣服だけでなく、体の内側が敏感肌の原因であるということも考えられます。

生活習慣、ストレスなどにもじっくり目を向けて少しずつでいいので改善してくださいね。

リ・ダーマラボ

リ・ダーマラボ

リ・ダーマラボ(モイストゲルクレンジング)は、こんにゃくスクラブが特徴的でかつ、メイク落としはもちろん洗顔からスキンケアまで全てができる毛穴専門のクレンジングです。

リ・ダーマラボには、美容液成分が99.3%も配合されているので、肌を潤しながらメイク汚れ、皮脂汚れを落とし、洗顔後の肌はしっかり潤いが残り、乾燥することはありません。

編集部
オススメ