[敏感肌のヘアカラー]カラー剤に負けないための注意点とは?

敏感肌の人は、お肌につく可能性のあるスキンケア商品やヘアケア商品にはしっかりこだわりたいものなのではないでしょうか。今回は肌へのダメージも大きく、敏感肌の人にとっては心配の種にもなりうるヘアカラーについてご紹介します。敏感肌でも安心して使用できる毛染めを利用して、キレイなお肌をキープしましょう。

敏感肌のヘアカラー事情はどうなっているの?

ヘア

女性にとって、おしゃれは永遠のテーマ。素敵な服を着たら、それに合わせてヘアカラーも楽しみたいものです。

ですが、敏感肌にとってヘアカラーは一筋縄ではいかないもの。ヘアカラーをすると頭皮がかぶれてかゆみや湿疹が出てしまう人もいるのです。

これではせっかくのおしゃれやヘアカラーを楽しめません。結果として、ヘアカラーをあきらめてしまっている敏感肌の方も多いのが現実です。

「敏感肌でも安心して使えるヘアカラー剤はないの?」 「敏感肌だっておしゃれしたい!」 そんな敏感肌さん達の心の叫びが聞こえてくるようです。

敏感肌だからって、思いっきりおしゃれが楽しめないのは悲しいこと。本記事では、そんな悩める敏感肌さん達のヘアカラーについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

市販のヘアカラー剤は「ジアミン」に要注意!

どうして敏感肌の人がヘアカラーをすると頭皮がかぶれてしまうのでしょうか?それは、ヘアカラー剤に含まれる成分に原因があるのです。

市販のヘアカラー剤のほとんどに、「ジアミン」という化学物質が含まれています。

パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンといったジアミン系薬剤によって、髪をさまざまな色に染めることができるのです。市販のヘアカラー剤で手軽に多くのカラーが楽しめるのは、このジアミンが含まれているからなんです。

ところが、このジアミンには強い毒性を持つという側面があります。敏感肌のような肌の弱い人はもちろん、普段は肌トラブルに無縁のような人でも、体調などによって炎症を起こしてしまうこともある、とても怖い成分なのです。

また、これは市販のヘアカラー剤だけでなく、美容院で使われる薬剤にも含まれています。ジアミンによるアレルギー反応は非常に強いので、1度アレルギー症状が現れたら2度と使わないようにしてください。

敏感肌にとって、このジアミンが含まれたヘアカラー剤はとても怖いものです。ですが、敏感肌の人がヘアカラーを諦めなくてはならないかというと、そうではありません。

セルフカラーのお供に、2大敏感肌向けヘアカラー

肌に優しいスキンケアや化粧品があるように、肌に優しい成分で作られているヘアカラー剤もあります。

代表的なものは、『ヘナカラー』と『ヘアカラートリートメント』と呼ばれるものです。それぞれの特徴を見てみましょう。



ヘナカラー

ヘナカラーは、ミソハギ科の植物の粉末で髪を染めるタイプのヘアカラーで、天然由来のため髪や肌に優しいことで広く知られています。

また、ヘナは傷んだ髪の毛を修復する作用を持つことから、使い続けるうちに髪が元気になっていきます。

デメリットは、黒髪を染めるのには適さないことと、体調や体質によってはかぶれなどの症状が出てしまうことです。独特の匂いもあります。

ヘアカラートリートメント

敏感肌の方には、特にこちらのタイプが人気です。

これはヘアカラー剤ではなくヘアトリートメントであるため、髪のダメージを修復してくれる効果があります。もちろん肌に優しい低刺激性でできており、素手でも使用できます。

毛染めとしての効果は強くなく、1度にしっかり染めることはできませんが、徐々に自然な感じのイメチェンが可能なので、ナチュラル志向の方に人気です。

何より敏感肌の方にとって、肌に安心というのがポイントです。

ばっちりケアしてくれる美容院カラーもおすすめ

ヘア

自宅でのセルフカラーについてご紹介しましたが、美容院でカラーしてもらう方法もおすすめです。

最近では、敏感肌向けに肌への刺激が少ないヘアカラー剤を用意している美容院も増えています。予約の際に敏感肌であることをきちんと伝えれば、親身になってカウンセリングをしてくれるはずです。

また、美容院でヘアカラーをすることのメリットは、何と言ってもセルフカラーでは難しい部分までしっかりケアしてくれるということ。実は、市販のものも美容院のものも、ヘアカラー剤の効果には大差がないと言われています。

ですが、美容院では頭皮の状態をきちんとチェックしてくれる、十分な乳化を行ってくれるなど、肌トラブルを未然に防ぐケアをしてくれます。

費用がかかる、時間を取るのが大変などのデメリットもありますが、肌のことを考えるのであれば美容院でのカラーも検討しましょう。

ヘアカラーを楽しんで、ハッピーに過ごそう!

美容室

いかがでしたか?自分は敏感肌だから、ヘアカラーを楽しめない…なんて思っていたにこそ試してみていただきたい情報をまとめました。

セルフカラーをするなら、おすすめはヘアカラートリートメントです。なんといっても髪にも肌にも優しい成分で、多くの敏感肌の方からも支持されています。

まだ使ったことがなかった方は、この機会にぜひ試してみてくださいね。

一方で、美容院を利用するのなら敏感肌用のケアを行っているところへ足を運んでみてください。インターネットを使えば、色々な美容院を検索することができます。

敏感肌だからといって、おしゃれをあきらめる必要はないんです。ヘアカラーを楽しんで、気分も明るくハッピーになっちゃいましょう!