敏感肌・乾燥肌対策には化粧水を活用する方法

あなたは敏感肌や乾燥肌に悩まされていることはありませんか? 敏感肌や乾燥肌になると、メイクをしても直ぐに落ちてしまいますし、ファンデーションの乗りも悪くなってしまいます。敏感肌や乾燥肌を改善する方法は、化粧水を活用することです。どのように化粧水を使えば良いのか、そのポイントについてお教えします。

敏感肌と乾燥肌の原因はいったい何か?

敏感肌

敏感肌や乾燥肌になると、どのような症状があるのでしょうか?

敏感肌になると、セーターなどの繊維で肌がチクチクしてしまったり、髪が肌に当たるとかゆくなることがあります。

また、乾燥肌になると、口周りが粉をふいたようにカサカサになったり、ファンデーションがぽろぽろと剥がれてしまいます。とても不快で嫌になりますよね。

敏感肌や乾燥肌の原因は、肌のバリア機能の低下にあります。

肌のバリア機能が低下してしまうと、外部からの刺激に弱くなってしまい、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。



化粧水で上手に保湿をする方法

敏感肌や乾燥肌は肌のバリア機能を高めることで改善されます。肌のバリア機能は、肌を保湿して水分を保つことが大切です。

保湿されることで肌のバリア機能は改善されますので、肌の保湿を重点的に行うようなスキンケアをしましょう。

肌の保湿には化粧水を使ってみてください。化粧水は肌の保湿に効果的です。

特に気を付けたいのは、化粧水の成分です。エタノール系の成分が配合されていると、肌の水分を蒸発させてしまいますので避けてください。

保湿に効果があるグリセリンやヒアルロン酸が配合されている化粧水を選んでください。セラミドも効果がありますが、水分の多い化粧水よりも乳液やクリームの方が効果があります。

化粧水をさらに効果的に使うポイント

敏感肌

化粧水は手の平にたっぷりと取り、体温で温めてください。

そうすることで肌への浸透率が高まります。肌に化粧水を浸透させることで、敏感肌や乾燥肌に効果があります。

化粧水を使った後は、乳液やクリームで蓋をするように保湿してください。化粧水の蒸発を防いでくれます。

コットンのシートマスクを使うと、より保湿効果を得ることができます。洗顔後の清潔にした肌に、化粧水を塗っていきます。

その後肌が乾燥する前に化粧水をたっぷりと染み込ませたシートマスクを顔に乗せます。

乗せるときはシートマスクと肌に隙間が無いようにぴったりと密着させてください。そのまま5~10分待ちます。

シートマスクを外した後は、乳液やクリームでしっかりと保湿してください。これで敏感肌や乾燥肌を改善させることができます。

市販されている化粧水を含んだシートマスクを利用しても、同じ効果を得ることができます。

敏感肌や乾燥肌は化粧水を使って改善できる

いかがでしたか?敏感肌や乾燥肌は、化粧水を上手に使うことで症状を改善することができます。

特にシートマスクを使った保湿は、とても効果的なのでおすすめです。

また、新しい化粧水を使うときは、二の腕の内側でパッチテストをすると安心して使うことができます。

敏感肌や乾燥肌が改善されると、メイクもキレイに決まりますし、メイク直しをする回数も減ります。

人前に出ることも億劫になりませんし、外出することが楽しくなるでしょう。

敏感肌や乾燥肌の場合は化粧水が合わないこともありますので、いくつも試してみると良いでしょう。

あなたに合った化粧水を見極めることで、敏感肌や乾燥肌がより早く改善されます。化粧水に配合されている成分に注意して探してみてください。