アトピーで悩んでいる人向けシャンプーの選び方

アトピー性皮膚炎に苦しむ人にとってまず思い浮かぶのが食事制限など食べるものから改善することです。しかしながら、シャンプーにも実は注意が必要なのです。なぜなら、シャンプー洗髪時の刺激はもちろんのこと、流しきれなかったリンスや洗髪時に垂れたシャンプーなどがアトピー症状を引き起こすこともあります。

アトピー症状とシャンプーの関連性について

takebe160224090i9a0695_tp_v

さまざまな原因によって皮膚の表皮が薄くなってしまい、少しの刺激でかゆみや痛みを感じてしまう、これがアトピー性皮膚炎の患者の皮膚の現状です。特に、アトピー性皮膚炎の人は少しの刺激でもアレルギー症状になってしまいます。

かゆみが起こったり、ぶつぶつが出たりというのがアトピー性皮膚炎の症状として知られていますが、頭皮についても例外ではありません。アトピー性皮膚炎の人は頭皮がカサカサしてしまいますし、ひどい場合はフケのようになってしまいます。

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚が乾燥してカサカサしてしまいます。その症状は、シャンプーをすることによってよくなるどころか悪化してしまうこともあります。なぜならそれは、シャンプーに含まれている合成界面活性剤が原因だからです。

合成界面活性剤とは本来交じり合わない水や油を混ぜて汚れを落とすために科学的に合成して作られた物質のことです。洗浄力の高く安価なシャンプーには数多く含まれています。

アトピー性皮膚炎の人は、肌の表面の皮脂膜が乾燥などで薄くなっており、刺激に弱い状態です。そのようななかに洗浄力の強い界面活性剤が入り込むと、刺激で必要な皮脂まで奪ってしまいます。

そのため、アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまうのです。頭皮はもちろんのこと洗い流したときにシャンプーが垂れてしまって皮膚炎を引き起こすこともあるので、注意が必要です



「アトピー性皮膚炎」と「シャンプー性皮膚炎」の違い

%e7%94%bb%e5%83%8f2

一方で、アトピー性皮膚炎に悩んでいない人でも頭皮の炎症に悩むことがあります。これは、シャンプーやコンディショナーなどの接触性刺激、すなわち刺激の強い成分が皮膚に触れたときにおこる炎症です。

たとえば、薬品や酸、アルカリなどの刺激物が肌に触れれば誰でも炎症を起こしますが、成分が弱くても毎日つけることで刺激となって皮膚の炎症を起こすことがあります。これが、「シャンプー性皮膚炎」です。

シャンプー性皮膚炎は、シャンプーなどが弱い刺激ながら連続して当たることによって起こります。そのような炎症が起こった場合かぶれと判断することは難しく、場合によってはアトピー性皮膚炎と間違われることがあります。

アトピー性皮膚炎とシャンプー性皮膚炎の違いとしては、頭皮や髪の生え際に湿疹が見られる、赤い斑点や湿疹ができ、患部にかゆみや痛みがある、カサカサとした皮膚が剥がれ落ちるなどといったことです。

アレルギー性皮膚炎と違って、症状は顔や頭に集中していますし、肌に優しいシャンプーに変えればシャンプー性皮膚炎はおさまります。シャンプー性皮膚炎を放置しているとより悪化しますので早めに原因を特定したほうがいいでしょう。

かゆみやかぶれがアトピー性皮膚炎と区別がつかない場合は、皮膚科を受診して、パッチテストを経て原因を特定するという方法もあります。



安いシャンプーはなぜ肌に良くないの?

市販の安いシャンプーを利用することで、シャンプー性皮膚炎になってしまう人が少なくありません。シャンプーをしてもかゆみが取れないことからシャンプーを何度もして余計に悪化してしまいます。

安いシャンプーには、合成界面活性剤が含まれていることが多いです。界面活性剤とは、本来交じり合わない水と油を科学的に交じり合わせることで、汚れを落とすシャンプーです。大量生産して原価を抑えるため、安いシャンプーにはこのような物質が使われています。

基本的に肌に優しい成分や保湿成分の入っている合成界面活性剤は値段も高く洗浄力が他悪大量生産された合成界面活性剤を使用しているシャンプーは安いです。そのため、肌の弱い人にとっては安いシャンプーの強すぎる洗浄力が刺激となりよくないのです。

最近流通している安価なシャンプーは、合成界面活性剤にシリコンを含んでいます。洗う分には洗浄力も高く気持ちが良いのですが、このような化学物質は敏感肌、アトピー、アレルギーの人には良くありません。

さらに、特に強い洗浄成分として、ラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naといった界面活性剤が使われているシャンプーには注意が必要です。とても小さな分子ですので、頭皮の毛穴や髪の隙間から浸透してかなりの汚れや皮脂を落とすことになります。

余分な汚れだけを落とすならよいのですが、それプラス肌のバリアとなる皮脂や保湿や肌の新陳代謝に働く成分、セラミドを落としてしまいます。ですので、皮脂膜の薄い肌、刺激の弱い肌となり、継続して使用することで炎症を引き起こすのです。

ラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naは非常に安価ですので、よく市販のシャンプーには使われています。ですので新しいシャンプーを購入する際は、このような成分にも気を付けましょう。

シャンプーを洗い流すときの注意点について

bath-1517727_640-1

シャンプー性皮膚炎を起こしかねないシャンプーですが、成分だけを注意していればよいというものではありません。実は、シャンプーは髪の毛や頭皮だけでなく、洗い流すときに顔や体に流れて皮膚に付着します。

ですので、シャンプーの刺激によって顔や体のアトピーまで悪化してしまうこともあります。髪の毛自体には細胞が生きていませんのでシャンプー成分の残留はさほど関係ないのですが、根本である皮膚には、刺激になってしまいます。

ですので、必ず頭からシャンプーをすることと、シャンプーをしたらすぐに洗い流すことが大切です。体もいっしょに洗ってから洗い流したほうが効率的だと思う人もいますが、シャンプーが頭にとどまる時間を最小限にすることが大切です。

シャンプーをするときも、頭だけかがめるなど体に付着しない体制をとります。そして、シャワーでたくさん流すことが大切です。泡を流すときは、頭皮に残らないように手でなでながら丁寧に流しましょう。単にシャワーで流すよりも、シャンプーが残留しにくいです。

特に、シャンプーの流し忘れが多いのが耳の裏側です。耳の裏側の皮膚は薄く、炎症を起こしやすいので耳の裏側まで丁寧に流しましょう。

アトピーの人におすすめのシャンプーについて

アトピーの人は、低刺激のシャンプーを使うとよいでしょう。洗浄成分が高くても、ラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naという強い界面活性剤の入っているものはおすすめできません。

界面活性剤の中でも人体の構造に近いアミノ酸系の界面活性剤が入っているシャンプーを選ぶと比較的刺激も弱いです。低刺激かつ安全なアミノ酸系の界面活性剤としてはココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Naという物質を含むものが良いでしょう。

少しだけ洗浄率をあげたアミノ酸系の界面活性剤としてはラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンNaという物質もあります。新しいシャンプーを購入するときはチェックしてみましょう。

一方で、より肌に優しい成分としては無添加の石鹸で髪を洗う石鹸シャンプーもあります。アトピー性皮膚炎の人は頭皮の表面の皮脂膜が薄く、シャンプーが刺激になってしまう場合もあります。石鹸シャンプーですと界面活性剤も使用していませんので刺激は少ないです。

無添加の石鹸の中でも「コールドプロセス」という低温で作られた石鹸であれば保湿成分を含みながらも洗浄力がマイルドで安心できます。

石鹸シャンプーは慣れるまでは髪の毛のごわつきを感じることもあります。しかし、シャンプーの後はしっかりと洗浄し、リンスやトリートメントでケアすることで気にならなくなるでしょう。

敏感肌や乾燥肌の人が化粧品に気を遣うように、頭皮も皮膚の一部ですのでアトピー性皮膚炎やシャンプー性皮膚炎の人は、しっかりと考えてシャンプーを選びましょう。



症状がひどい時はお湯だけで洗うことも重要

 

実は、お湯でも頭皮の汚れを落とすことができます。湯シャンと言って美容愛好家などの間でもブームになっています。アトピー性皮膚炎の人にとっては、刺激物が良くありませんのでシャンプー自体をやめてしまう方法があります。

まずは、お湯で洗う場合は先にブラッシングをします。シャンプーのような強い洗浄力はないので、頭皮に溜まった皮脂をブラシで掻き出すことができます。ただし、ブラシで頭皮を傷つけないようにしましょう。

次に優しくぬるま湯で頭皮をマッサージします。5分程度マッサージしながら湯を流し、汚れを落とします。頭皮の荒れがひどい時は流すだけにしておきます。その時のぬるま湯は36度から38度程度にしましょう。

39度以上の高温で流すと、確かに汚れ落ちはよいような気がしますが、敏感な頭皮に刺激になってしまうのでよくありません。シャワーを当てながらゆっくりと汚れを落としましょう。

シャンプーのベストタイミングは、ぬるめのお湯に浸かった後です。なぜなら、お湯に浸かることで毛穴が開き、汚れがお湯だけでも落としやすくなるからです。毛先のパサつきが気になる人は、刺激の少ないオーガニックオイルをなじませるとよいです。

お風呂から上がると、タオルでしっかりと水分をとります。なぜなら、自然に任せておくと乾きにくく髪の毛が傷むからです。ドライヤーを使う際は15㎝ほど離して使い、直接熱風で頭皮を傷めることがないようにしましょう。

入浴後には、肌と同じく髪の地肌も保湿してやるとよいです。保湿にはワセリンやホホバオイル、ココナッツオイルなど皮膚に無害なものを使用しましょう。乾燥から頭皮を守り、頭皮の皮脂膜を保護、コーティングしてやることは大変大切だからです。

【アトピーにおすすめのシャンプー10選】
10位 NOV ノブ ヘアシャンプー は敏感肌におすすめ

NOV ノブ ヘアシャンプー
出典:Amazon

皮膚科医とともに開発計画されたもので、敏感肌にも使えます。さらっとタイプとしっとりタイプがあります。ドラッグストアで手軽に購入できますし、皮膚への刺激も少ないシャンプーで、値段もお手頃です。

9位 uruotteは香りのよい無添加シャンプー

uruotte
出典:Kaumo

身体によい無添加シャンプーで、家族みんなで使えます。アロマティックな香りがします。無添加のオーガニックシャンプーですので、肌にも優しく刺激が少なく、敏感肌の人にも最適です。

8位 ミノン薬用ヘアシャンプーは修復効果の高いシャンプー

第一三共ヘルスケア ミノン 薬用ヘアシャンプー
出典:Amazon
ミノンブランドとは敏感肌乾燥肌を皮膚科学を元に考えて、30年以上も肌へのやさしさを追究しているシャンプーです。そのため、敏感肌や乾燥肌を保護しながらシャンプーができる薬用シャンプーとして多くのアトピー患者に支持されています。

7位 オクトセラピエは薬用スキンケアもできるシャンプー

オクトserapie

出典:Amazon

オクトセラピエは低刺激処方をされたシャンプーであり、薬用スキンケアで頭皮もケアできます。アトピー性皮膚炎の人はもちろんのこと、頭皮の乾燥に悩んでいる乾燥肌の人は、このシャンプーを使ってみるといいでしょう。

6位 薬用ユースキンSは全身をケアできます

薬用ユースキンS
出典:Amazon

薬用ユースキンSは全身を洗浄できます。ですので、頭や体をスピーディーに洗う必要のある敏感肌の人には最適のシャンプーです。ユースキンSシリーズには保湿クリームもあるのであわせて買うとおすすめです。

5位 無添加せっけんシャンプーはお肌のケアを第一に考えます

無添加せっけんシャンプー
出典:Amazon

頭皮環境が気になる頭皮のアトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、無添加せっけんシャンプーでケアをすることによってしっとりやさしくうるおいます。お値段もお手頃ですのでおすすめです。




4位 キュレル シャンプーは敏感肌におすすすめ

キュレル シャンプー
出典:Amazon

敏感肌の人に化粧水や化粧品を展開しているキュレルシリーズのおすすめが、キュレルシャンプーです。洗い上がりもキシキシしませんし同じ種類のコンディショナーを使うことでまとまりもよくなります。

3位 皮膚炎のための99%天然由来成分シャンプー【KADASON(カダソン)】

出典:Amazon

KADSON(カダソン)は脂漏性皮膚炎の専門医の監修で開発されたシャンプーです。早い方は使った初日に効果を実感しています。フケやカユミをとって、健康的な頭皮を取り戻しましょう。
使用方法
濡れた髪に適量をなじませ、泡立てながら頭皮をマッサージするように洗います。その後よくすすぎ、洗い流します




2位 アトレージュ マイルドヘアシャンプーは低刺激でおすすすめ

アトレージュ マイルドヘアシャンプー
出典:Amazon

アトピー性皮膚炎のために作られたシャンプーでおすすめです。さらに髪の毛が広がらない、抜け毛が減るなどといった効果もありますので、アトピー性皮膚炎によって搔いてしまい、髪の毛が抜けてしまう人におすすめ。しっとりとした洗い上がりが特徴です。

1位 無添加シャンプー 薬用イルガは植物性でおすすめ

無添加シャンプー 薬用イルガ出典:Amazon

無添加シャンプー薬用イルガは、医療用としても使われている刺激の少ないスルホコハク系の界面活性剤ベースで、優しく洗いあがります。アレルギーの原因である香料や防腐剤を使用せず植物性の成分でできていますので、優しい洗い上がりで香りもやさしくおすすすめです。

コストパフォーマンスもよいので、おすすめです。

アトピー性皮膚炎のシャンプーのおすすめまとめ

アトピー性皮膚炎の人は、頭皮が刺激に弱くなっているので毎日のシャンプーにも刺激を感じてしまいます。特に安価なシャンプーには合成の界面活性剤が含まれており、洗浄力が高いのですがそれが刺激になります。

一方で、普段はアトピーではないですが、シャンプーの刺激で肌が荒れてしまうシャンプー性皮膚炎の人もいます。頭皮が弱くなっている状態ですので、頭皮をしっかりと保護してやり刺激から守ることが必要です。

そのような人には、アトピー性皮膚炎の人のためのシャンプーを利用することがおすすめです。最近では、たくさんのアトピー性皮膚炎の人のためのシャンプーや、無添加のシャンプーが世に出ていますのでそういったものを利用とよいでしょう。

髪の乾燥・フケが気になる方へ

カダソン

カダソン

KADSON(カダソン)は脂漏性皮膚炎の専門医の監修で開発されたシャンプーです。早い方は使った初日に効果を実感しています。フケやカユミをとって、健康的な頭皮を取り戻しましょう。
お試しいただきたい方・脂漏性皮膚炎と診断された方 ・辛いカユミとゴッソリ取れるフケの苦しみ開放され、清潔で健康的な頭皮を取り戻したい方。

編集部
オススメ