腕ニキビができてしまう原因と効果的な治し方

今年ももう10月に入りましたが、まだ腕を出す機会が続いています。腕ニキビにお悩みの方、意外と多いのではないでしょうか。腕にできるニキビは、皮脂が毛穴に詰まってできることが多いですが、腕は皮脂が多く分泌される場所ではありません。では、いったいなぜ腕ニキビができるのでしょうか。その治し方とともに考えていきましょう。

夏でも冬でも乾燥が原因で腕ニキビができる

ニキビ
「乾燥がニキビの原因となる」ご存知の方も多いのではないでしょうか。

乾燥によって、水分と皮脂のバランスがくずれます。水分が少ないと、肌は皮脂を過剰に分泌して、肌を守ろうします。その皮脂が毛穴詰まりを起こすと、ニキビになります。

腕ニキビも同様です。

冬場は、空気が乾燥するのに加えて、暖房や熱いシャワーによって、乾燥してしまいます。

夏場は、冷房に直接肌をさらすことによって、乾燥が悪化します。

乾燥による腕ニキビの治し方は、顔の皮膚と同じような治し方でよいでしょう。

たくさんの化粧水と乳液などで、しっかり保水・保湿をしてあげましょう。また、ボディソープなどで洗い過ぎないことも大切です。

また、エアコンの風などが直接当たらないように、カーディガンなどを羽織るとよいでしょう。

乾燥による腕ニキビは、治すのに根気がいるものが多いので、じっくりあせらず治していきましょう。

紫外線は腕ニキビをつくり、悪化させる原因です

ニキビ
夏場の腕ニキビの原因として多いのは、紫外線によるダメージです。

ノースリーブなど、肌を露出する服を着る機会が増えますよね?

顔と同じように、日焼け止めを塗っていますか?

紫外線は、肌の乾燥を招き、肌のバリア機能を破壊します。そしてニキビができるのです。

それだけではなく、ニキビができている場所に紫外線を浴びると、ニキビ跡が残る可能性があります。色素沈着など、深刻な状況になることもあるので注意しましょう。

紫外線による腕ニキビの治し方としては、UVカット効果のあるカーディガンなどを羽織るか、日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めは、レジャーなど強い紫外線を浴びるときを除いて、効果の強いものである必要はありません。

石けんで落とせて、肌に優しいタイプのものを選びましょう。

基本的には、紫外線による腕ニキビの治し方も、顔のニキビと同じ治し方でよいでしょう。

衣服による刺激によって腕ニキビが悪化することも

ニキビ
さきほど、乾燥や紫外線による腕ニキビの治し方として、カーディガンなどを羽織ってくださいといいました。

しかし、衣服そのものが腕ニキビの原因になることもあります。

通気性の悪い服を着ていると、蒸れて細菌が繁殖し、かゆみが出ることがあります。

肌触りが悪い服だと、肌との摩擦で肌表皮に傷つきます。

衣服が原因で腕ニキビができた場合、その治し方としては、適切な衣服へ変えることと衣服を清潔に保つことが大切です。

コットン素材の肌にやさしい素材で、適度にゆとりのあるサイズのものを選んでください。

また、洗濯の際には、洗剤のすすぎ残しがないように注意しましょう。

清潔にして、刺激を与えないというのは顔と同じです。

顔と同じように腕もやさしくケアをしましょう

いかがでしたか?

腕には皮脂腺が少なく、顔ニキビとは違う原因でできることが多いです。

しかし、基本的な治し方は、化粧水、乳液を使った乾燥対策や紫外線対策など、顔のケアの延長線上でできることですよね。

腕ニキビには、直接刺激を与えないこと、シャンプー・ボディソープのすすぎ残しをなくすことが大切です。

顔のケアと同時に、腕ニキビも一緒にケアしましょう。

気をつけたいのは、腕ニキビと間違えやすい、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚の病気です。特徴は、二の腕の外側に左右対称にでき、ニキビより少し小さいという点です。

長い間、腕ニキビが治らない場合には、こちらの可能性があります。病院で見てもらいましょう。