敏感肌の改善方法は、原因を知ることが大切です

肌が乾燥して、肌バリア機能が壊れてしまうと、肌の水分がどんどん失われて乾燥肌から敏感肌になってしまいます。敏感肌になると、シミやシワ、弛みの原因となります。敏感肌は、早めに改善しないと乾燥が進んで頬がヒリヒリしたり痒くなって炎症を起こします。見た目も老けてしまう敏感肌の改善方法についてご案内します。

敏感肌を改善していくためのお手入れ方法とは

敏感肌

皮脂量、水分量が共に少ない状態の敏感肌は、お肌のバリアが非常に弱くなっているので、敏感肌の改善方法はシンプルにすることがポイントとなります。

敏感肌の改善には、化粧水は、コラーゲン、ヒアルロン酸などの、水溶性の保湿成分が含まれたものを使いましょう。

それから、肌の角質層を形成しているNMF(天然保湿成分)に含まれる成分(アミノ酸、乳化ナトリウム、尿素、ミネラル類)も同じく水溶性の保湿成分です。

これらが、配合されている化粧水を手で包み込むように、優しく肌に付けていきます。

次に、美容液です。NMFと同じく角質層が水分を保持するのに重要な働きをしている細胞間脂質のおよそ50%がセラミドです。そこで、セラミド配合の美容液を付けていきます。

セラミドの中でも肌に最も多く含まれているセラミドⅡ又は、人型セラミドの表記があるものをが特におすすめです。

後は、目元や口元など気になる箇所のみに、乳液やクリームを薄く塗るだけです。

余計な油分は酸化をして、肌に刺激を与えたり、毛穴を詰まらせたりする原因になりますので、油分は最低限にします。

敏感肌は、紫外線や空調などでダメージを受けやすくなりますので、しっかり保湿ケアを行いましょう。

敏感肌を改善するために必要な栄養成分とは

肌の新陳代謝が乱れている乾燥肌には、亜鉛・コラーゲン・ビタミンCで、代謝を整えていく必要があります。

なぜなら、コラーゲンを単体で取っても体内でアミノ酸に分解されて、体内で別の働きをするために使われるからです。

そして、コラーゲンを効果的に摂取するには、コラーゲンペプチドといって、分子量を小さくしたコラーゲンをビタミンC、亜鉛と一緒に摂ることが重要なのです。

また、健康な肌を作るために必要なたんぱく質、ビタミンB群は、カルシウムと一緒に摂取すると、コラーゲン量が増えやすくなります。

更に、カルシウムは、運動による刺激によってコラーゲン生成をアップさせることができます。煮干しには、亜鉛とカルシウムが豊富に含まれています。

おやつ代わりに煮干しと、たんぱく質豊富な豆乳を飲むと敏感肌を改善することができます。

もしかすると副腎疲労からくる敏感肌かもしれません

敏感肌

心地よい疲れは、快眠をもたらしますが、精神的な疲れは中々改善しなくて困ってしまいます。

朝起きると、体の疲れが残っている、といった場合の原因として、副腎というホルモンを分泌する臓器が疲れていることが考えられます。

副腎という臓器は、体を修復するためのホルモンを分泌しています。副腎は、ストレスや偏った食生活などに非常に弱いとされています。

副腎疲労によって、血行が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れるなどの症状が起こると、それに伴って乾燥肌などを引き起こす場合があります。

保湿効果の高い化粧品を使っているのに、あまり効果がなく、いつも体が疲れているといった人は、食生活や生活習慣を改善してみましょう。

副腎に負担をかけない低GI食品を中心とした食事と、睡眠時間の確保によって副腎を改善することができれば、乾燥肌を徐々に改善して敏感肌を防ぐことができます。

敏感肌の原因は色々ありますが乾燥肌を食い止めることが重要

敏感肌の原因は、沢山あります。若い人でも、無理な食事制限をしてダイエットをすると、肌がカサカサになって乾燥肌から敏感肌になってしまいます。

それから、紫外線は年齢に関係なく誰でも浴びてしまうものですから、日焼け止めをしないで外出していれば、紫外体内の活性酸素が増加して、乾燥肌やシミ・シワを誘発します。

また、季節の変わり目や空気が乾燥する季節に、保湿ケアを怠ると、乾燥肌になってしまいます。

他にも、加齢によるホルモンバランスの変化によって、乾燥肌を招いてしまうなど、乾燥肌の原因は色々あります。

乾燥肌の改善方法は、化粧水やクリームなどで、肌をケアするだけでは完全ではありません。

運動をしたり、サプリメントで栄養を補給したり、ストレスを適度に発散してしっかり睡眠を取るなど、生活全般を改善することが大切です。改善方法を間違えると、敏感肌になってしまいますので気を付けましょう。