絶対に乾燥肌を放置してはいけない理由

乾燥肌や敏感肌は、紫外線、空気の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、間違ったお手入れなどが原因で起こります。肌が乾燥すると、肌の皮脂バランスを保とうして、皮脂分泌が過剰になってしまいます。乾燥肌のサインだと気付かずに、こまめに洗顔をしていると、余計に皮脂が足りなくなって、敏感肌になってしまいます。

健康な肌と乾燥した肌の状態

敏感肌

健康な肌は、十分な水分を含み潤いが保たれています。

その肌の水分が逃げないように保っているのが、皮膚のいちばん表面にある角質層と皮脂です。

乾燥肌と敏感肌の対策は、脂を嫌わないで、味方に付けることが重要です。自分の皮膚の脂というのは、高い化粧品や薬と同じくらい肌を乾燥から守ってくれるんです。

皮脂が失われると、角質層がめくれ上がり、肌の水分が蒸発してしまいます。そして、バリアを失くした肌は、外部からの刺激を受けやすくなり、炎症などを起こしてしまいます。

乾燥肌や敏感肌になると、痒みを感じる神経が、肌の表面近くまで伸び、非常に敏感に痒みを感じやすくなるのです。

乾燥肌や敏感肌による痒みは、掻いてしまうと余計に角質層が傷つき悪化してしまうので、掻かないようにしましょう。



乾燥肌・敏感肌の対策方法

温かいお湯は、必要以上に皮脂を取ってしまいます。そして、乾燥肌に拍車がかかり、結果的にシミやシワそして、敏感肌の原因になってしまいます。

肌にとっても最もよいのは、「なるべく低い温度で洗顔すること」「顔を擦らず石鹸の泡で汚れを落とすこと」です。

肌は排出器官で、汚れが皮膚の奥へ入っていくことはありません。それに、肌の角質層は日々新しい角質細胞が生まれて、古い細胞は垢となって剥がれ落ちていきます。

乾燥肌と敏感肌を改善するためには、保湿ケアが大切です。お風呂から出る時も、浴室内ですぐに全身に保湿クリームを塗ることをおすすめします。

それから、肌の水分蒸発のバリア機能が高まるセラミドが含まれているこんにゃく、肌の健康維持に欠かせないビタミンBが含まれている豚肉、代謝を上げて体温を高める根菜類などを食べて体の内側からも乾燥肌と敏感肌対策をしましょう。

空気が乾燥する秋冬は肌が乾燥しやすくなります

敏感肌

肌は、角質と潤いを保つ成分が何重にも重なって保湿されています。
しかし、冬は湿度が低くなるため、肌の水分が空気中に取られてしまいます。

そこから表皮のターンオーバーが乱れ、シワ、弛み、シミ、肌荒れなどの乾燥肌の直接的な原因となります。
そして、肌の乾燥は油断していると、敏感肌に移行して、老化や機能低下にも繋がります。

  • 洗顔後の肌がつっぱる
  • 洗顔の回数が多い
  • 入浴後の肌はふっくらして調子が良い
  • 化粧水があっという間に肌に馴染む

これらに当てはまるものが多い程、乾燥肌が進んでいるということになります。

冬の乾燥肌を改善するためには、空気中の水分量を増やすことです。
濡らして絞ったタオルをかけておくだけでも、室内を加湿することができます。

それから、肌の乾燥が気なる時は、化粧水を付けた後に、ワセリンで蓋をして肌の水分が蒸発しないようにします。



加齢による乾燥肌や敏感肌にも気を付けましょう

乾燥肌や敏感肌になる原因は、

  • 紫外線
  • 乾燥した空気
  • 加齢

などが挙げられます。

外的要因に関しては、保湿ケアで対処することができますが、加齢となると体の内側からのケアも必要となります。

加齢によりコラーゲンの生成に関係しているエストロゲンが減少してしまうと、肌内部のコラーゲン量にも影響が出て、肌のハリや弾力が失われて、代謝の悪い肌になってしまいます。

そうなると、古い角質が剥がれ落ちずに蓄積されて、乾燥肌や敏感肌になりやすくなってしまいます。

ホルモンバランスを整えるイソフラボンなどの摂取で、乾燥肌や敏感肌を予防しましょう。
また、質の高い睡眠、適度な運動、バランスの取れた食事を実践することでもホルモンバランスを保つことができます。