ニキビ跡が残る原因とクレーターニキビを消す方法とは

ニキビがやっと治ったと思ったらニキビ跡になってなかなか治らない。そこで今回はニキビ跡の治し方をお伝えします。ニキビ跡と一言で言っても自宅で比較的簡単に治るものから、病院で専門的な治療が必要なものまで様々です。自分のニキビ跡にどんなケアが必要かこの記事を読みながら検討してみてください!

ニキビ跡にも種類がある!赤いニキビ跡って何?

サングラスをかけた女性

ニキビができると、きれいに治らずに跡が残ってしまうことってありますよね。消す方法がわからずに放置という方も多いのではないでしょうか。

一口に、ニキビといっても白ニキビや赤ニキビ、黄色ニキビと様々です。もちろん、ニキビ跡にもいろんな種類があります。

中でも、赤みがあるタイプのニキビ跡は、赤ニキビと間違われやすいです。なかなか赤ニキビが治らないなと思っている場合はニキビ跡になってしまっているかもしれません。

家庭で消す方法としては、赤ニキビの対策と同じです。また、1年くらいで自然に消えることもあります。

幸いにも、赤ニキビはニキビ跡の中でも初期のもので、比較的治しやすいといわれています。

ですが、ケアを怠ると次の段階である色素沈着タイプのニキビ跡に進化してしまうことがあるので、徹底的に紫外線カットをする、刺激を与えないなどの対策をとりしょう。

また、一年以上たって治らない場合は病院に行ってみてもよいでしょう。




ニキビ跡でお悩みの声

ニキビ跡でお困りの方は大勢いらっしゃると思います。

人によっては他人に会うのも億劫になる方もいるようです。

どのような症状が出てしまっているのかまず見てみましょう。

赤みが出てしまうタイプのニキビ跡

コチラの方は赤みが出てしまうタイプのニキビ跡となっています。

症状はかなり改善されていますが、どのような方法で治療したのか残念ながら記載されていませんでした。

クレーター型のニキビ跡

コチラの方はクレーター型のニキビ跡になってしまっています。

正直自力では治療が難しく、専門のクリニックなどの方が確実かもしれません。

詳しくは後述させていただきます。

アプレシエ1%キット 50ml用を使用した方の口コミ

6年ほど悩まされてきたニキビが少し落ちつき、今度は顔中にできたニキビ跡が気になり、ビタミンC誘導体入りの化粧水を探していました。

APPSの入っている化粧水を探していたのですが、どれも値段が高く渋っていたらこちらの商品に出会いました!

期限が短い事、保存方法、作る手間などはありますが、それ以上の効果を実感しております(^ν^)

使い始めて一週間で肌のトーンが上がったのを実感し、一ヶ月たった今ではニキビ跡も薄くなってきたように感じます!

コスパもいいし、使い続けてみようと思います!

顔につけると白い泡みたいなものができるのですが、問題ありませんでした。ただとても乾燥するので、保湿は十分に行った方が良いと思います。

私はこちらをつけた後、以前使用していた化粧水にマテルコンプレックスを数滴垂らしたものをつけ、仕上げに乳液を使っています。

引用:@cosme

症状によっては自分で治療できるケースもありますが、逆に症状が悪化するケースもあるので迷ったら病院に行った方が確実かもしれませんね。

小林製薬のセナキュアをした方の口コミ

3年ほど前から、毎年6月頃から新たなブツブツが背中に表れ始めます。

今年は、ブツブツが表れ始めた頃からセナキュアを試してみました。

これまで、石けんを変えたり、薬を塗ったりといろいろしてみましたがセナキュアが一番、効果を実感しやすく、続けやすい!

すぐに効果が表れたわけではありませんが、数週間使ってみて今年はブツブツがあまり出てきていない!ということに気が付きました。

その結果、今年は背中のブツブツがひどくなりませんでした。

お風呂上がりに1回吹きかけただけ。私の場合は2ヶ月で使い切りました。

ニキビ跡にはというと、今、5ヶ月程継続して使っていますが去年までに出来て消えていったニキビの跡はまだ残っている状態です。

使い続ければ消えるのか?現在進行中で試しています。

*ボトルを逆さにしても吹きかけることができるので、自分で出来るのが継続に繋がっています。ただ、吹きかけた瞬間はヒヤっとするので、冬は耐えられるか心配です・・・

引用:@cosme

コチラの方はニキビの治療には上手くいっているものの、ニキビ跡の改善には至っていません。

今後、市販薬で治療できるかわかりませんが、上手くいかないのであれば専門医にかかったほうが適作だと思います。

色素沈着してしまった場合はどうしたらいいの?

赤いニキビ跡が色素沈着してしまうことがあるとお話ししました。その原因は主に、紫外線やこすれなどの刺激です。メラニンが生成され、しみになってしまっています。

紫外線の対策方法については最後のまとめで記載します。

悪化させないさせないためにも、紫外線にあてない、こすらないことを徹底しましょう。日焼け止めは、ちょっとの外出ならばSPFが高くないもので十分です。

また、肌に優しいとされる、ノンケミカル、紫外線吸収剤不使用といった商品を使うとよいでしょう。

色素沈着してしまったニキビ跡を消す方法はいくつかあります。まず家庭で消す方法としては、ビタミンC誘導体がはいった化粧品を使用しましょう。

さらに家庭用のイオン導入機などを併用すると効果的です。それでも薄くならない場合はクリニックでレーザーやピーリングといった治療を受けましょう。

最凶の敵、クレータータイプのニキビ跡について

聴診器

月のクレーターのように、皮膚がへこんでしまうクレーター。

こちらは、ニキビの炎症によって、表皮だけでなく、その下の真皮までがダメージを受けてしまい、真皮のコラーゲン組織がへこんでしまった状態です。

ニキビ跡の中でも家庭で消す方法がないと言われています。

クレータータイプのニキビ跡が残ってしまった場合は、できるだけ早くクリニックに行くことをお勧めします。クリニックではレーザー治療などが受けられます。

そこで有効なのはフラクショナルレーザーです。

フラクショナルレーザーは、ニキビ跡治療で最もポピュラーなレーザー治療です。

レーザーを点状に照射して皮膚に小さな穴をあけ、熱エネルギーを与えながら肌の再生(肌の若返り)を行う美容医療です。

アンチエイジングとしても人気があります。

ダウンタイムの特徴としてレーザーを当てたあと1~2時間後から強い日焼けのように赤くなり、熱を帯びたように感じます。

3日後ごろから徐々にかさぶたのようになり、1週間ほどするとかさぶたが自然と剥がれていき、キレイな肌になります。

マスクなどで隠し切れないこともあるため、連休を活用するなどの工夫をすることをおすすめします。

値段の相場は30,000円~50,000円のようです。

何度もニキビができ続けた結果、しこり状のニキビ跡が…

同じ場所に、何度もニキビができ、適切なケアをしないということを繰り返すと、しこり状のニキビ跡ができることがあります。

クレーターとは症状が逆ですが、傷ついている場所は同じ肌の深部です。

しこり状のニキビ跡は正式名称を肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)といい、深部のコラーゲン生成が過剰になることで起きます。体質によってはケロイド状に悪化することもあります。

どちらにしても、すぐにクリニックでの治療を開始しましょう。赤みがあり、盛り上がっているととても深刻な状況に見えますが、消す方法はあります。

これにも有効なレーザー治療があります。

クールタッチレーザーは、「クールタッチ」と呼ばれる波長を持つ、ロングパルスNd:YAGレーザーを用いた低温度のレーザー治療です。

クールタッチレーザーは治療名であり機器名です。

照射時の痛みや炎症を最小限におさえることを可能にした、「クールガスシステム」で皮膚表面にはダメージを与えずに真皮層の線維芽細胞に光を届かせ、熱刺激で線維芽細胞を活性化させてコラーゲンの増生をはかります。

熱刺激は同時に皮脂腺にも効果的で余分な皮脂の分泌も防ぎます。

クールガスシステムには、皮膚の温度を感知するサーモセンサー、冷却スプレーが装備されています。

へこみの原因の線維芽細胞にダイレクトに作用するので、へこみをふっくらとさせてハリのある状態によみがえらせることができる治療です。

自分自身の皮膚細胞(コラーゲン)を活性化させるため、持続性があるといえます。

肌に優しく内側からのトラブル改善が期待でき、皮膚の弱い人でもクールタッチレーザーなら治療が可能です。

本来のレーザー治療では防ぎようがなかった、かさぶたになるなどのダウンタイムが少ないのが特徴です。

治療後はガーゼやテープを貼って過ごすことがありません。

−30℃の冷却ガスをあてると言うことで、肌の温度を下げ、痛みを最小限に留めるというメリットがあります。

といっても、照射時の痛みが全く無いわけではなく。クールタッチレーザーの治療の際は麻酔が可能と案内があります。

お値段の相場は30,000円~60,000円のようです。

他にもフラクショナルCO2レーザーというものも有効です。

「若返りレーザー」とも呼ばれており、肌の再生を促すことを目的としています。

レーザーで肌に無数の小さな穴を開け、皮膚表面に傷をつけます。

この蒸散状態により皮膚はダメージを受けたと判断し、そのダメージを補おうと新たな皮膚再生が行なわれることで、肌表面の皮膚を入れ替えるイメージで新しい皮膚になります。

軽いニキビ跡なら1度でも効果が目に見えますが、通常は1カ月おきに数回繰り返します。

施術後はEGF(成長因子、細胞を活性化させる)美容液などをつけて効果を増幅させたりします。

ニキビ跡の程度にもよりますが、両ほほで1回¥20000ぐらい~、5回コースで¥100,000前後~が相場のようです。

お安い値段とは言えませんので、皮膚科で診察時によく内容や費用の説明を受け、自分が納得してから決断しましょう。

また最近は¥4000ぐらい~初回お試し価格サービスの美容皮膚科もあるので利用すると良いでしょう。



ニキビ跡の種類を見極めてはやめの対策を取りましょう

 髪がなびく女性

ニキビ跡には自宅でのケアで消すことができるものとクリニックでの治療が必要なものがあります。ニキビ跡を残さないためには早め早めの行動が最重要です。

ニキビがたくさんできたり、赤や黄色のニキビができたときには、跡になる前に皮膚科にいってしまいましょう。ニキビは保険適用で有効な薬があるのでかなり予防できますよ。

また、普段の生活を見直すことで、ターンオーバーが活性化し、ニキビができにくくなったり、ニキビ跡を薄くしたりづることがあります。

睡眠時間を確保しましょう

お肌のターンオーバーが活発になるのは眠りに落ちてすぐから3時間ほどです。

このため、睡眠不足だとターンオーバーが乱れ、新しいお肌へと生まれえ変わるのが遅くなることでニキビ跡が改善されません。

また、睡眠の質が悪い時にもターンオーバーが正常に起こらないので、寝入った最初の3時間は深くて良質な睡眠を得られるよう心掛けましょう。

いくつか睡眠の質をあげるポイントを紹介します。

まず、血糖値が下がっている状態の睡眠が望ましいので、最低でも就寝2時間前までに食事を済ませるようにしましょう。

もし就寝の2時間以内に食事をとらなければならない場合は、食後に軽い運動をして血糖値を下げるようにしてください。

この時の運動は、ジョギングなどの動的な運動よりも、ストレッチやヨガなどの静的な運動が適しています。

激しい運動をしてしまうと交感神経が活発になり、なかなか寝付けなくなります。

次に就寝1時間前に入浴をして身体を温め、体温が元の状態に戻った状態で寝るようにしましょう。

またお風呂の温度は熱すぎると交感神経が活性化するのでぬるま湯がおすすめです。

最後に就寝1時間前からは、パソコンやスマートフォン、TVを操作したり視聴したりしないようにしましょう。

以上のような点に注意すると、副交感神経が優位となり、睡眠開始後の成長ホルモンの分泌されやすくなります。

食生活を改善する

お肌のターンオーバーには体の中に直接入る「食事」も非常に重要になってきます。

過度なダイエットは控え、バランスのとれた食事をとりましょう。

まず普段の食事でタンパク質をしっかり摂取するように心がけるようにしてください。

特に魚はタンパク質が豊富でオメガ3脂肪酸が含まれているサバなどはターンオーバーを促すのでおすすめです。

また新陳代謝に必要なビタミン類・亜鉛などのミネラルをバランスよく摂取しましょう。

ビタミンは体の中に長くいることができないので、朝・昼・晩に分けて摂取するのが望ましいです。

ジャンクフード、加工食品などは体内のビタミンやミネラルを消費させる食べ物です、なるべく避けるようにしてください。

紫外線を浴びすぎない

ニキビ跡は紫外線を浴びることで体が攻撃されたと勘違いし、体を防御するためにメラニンを出します。

これがニキビ跡の蓄積を悪化させる原因となります。

茶色いニキビ跡の原因はメラニンによる色素沈着ですので、さらにメラニンを増やさないようニキビ跡の上からでもしっかりとUVケアをするようにしましょう。

UVケアを選ぶ時のポイントですが、ニキビの原因となるアクネ菌は、油をエサにして繁殖するという特性があります。

ですので、油分が入っていない「オイルフリー」を選ぶようにするといいでしょう。

また、ホームケアでのピーリングや皮膚科でのケミカルピーリング問わず、ピーリング後はお肌が刺激に敏感になり紫外線を吸収しやすくなっています。

その状態で紫外線を浴びてしまうと、ニキビ跡、乾燥、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなりますので必ず日焼け止めをつけるようにしましょう。

そしてニキビ跡になってしまった後でも、消す方法はいくつもあるのでコストと通院頻度の負担などしっかり説明を受け、最善の治療方法を選びましょう。