[敏感肌さんに使ってほしい]低刺激の洗濯洗剤の選び方

肌のトラブルに悩まされる敏感肌。スキンケア、化粧品などなにを使うにも気を使いますよね。今回は、顔だけでなく身体の敏感肌で悩む方におすすめしたい、敏感肌向けの洗濯洗剤についてご紹介したいと思います。敏感肌だけでなく、アトピー肌に悩む方、お子さんのガサガサ肌をなんとかしたいと考えているお母さんも、ぜひ参考にしてみて下さい。

洗濯洗剤にはどのような種類があるのか知っていますか?

90pzoijcsquhzm1a3cq8_photo

洗濯洗剤といっても、たくさんな種類がありますね。ドラッグストアなどをのぞいてみると、粉末洗剤や液体洗剤、おしゃれ着洗剤など、選びきれないほど多くの洗濯洗剤が並んでいます。

実は、このような洗濯洗剤の多くには、合成界面活性剤・蛍光増白剤・合成香料といった成分が含まれているのをご存知でしょうか。

これらが含まれているとしっかり汚れが落ちますし、洗いあがりもとっても良い香りになります。しかし、その分かなり強力な成分のため、当然のことながらお肌への負担も大きいものとなるんです。

敏感肌の方にとって、これらの成分はできるだけ避けたいものです。

そこで、敏感肌の方々に人気の高い洗濯洗剤が粉石けんです。粉石けんタイプの洗濯洗剤は非常にシンプルな成分でできており、お肌に優しいと評判なんです。

敏感肌に良いとされる洗濯石けんは本当に良いの?

detergent-460472_640

では、肌トラブルを起こしやすい敏感肌の方に最もおすすめできる洗濯洗剤は、粉石けんタイプの洗濯洗剤なのでしょうか?実は、一概にそうとも言い切れないのです。

粉石けんタイプの洗濯洗剤のメリットは、石けんの成分のみでできていること。

もちろん合成界面活性剤などの肌に負担をかける成分を含んでいないので、肌にとても優しいんですね。たくさんの成分がごちゃごちゃと含まれている製品は、敏感肌にとっては大敵です。

できるだけ低刺激で、お肌に負担のかからないものを選びたいと思いますよね。

ですが、粉石けんの洗濯洗剤にはデメリットもあります。それは、取り扱いが難しく、石けんカスが出るということです。

粉末洗剤を使ったことのある方ならおわかりかと思いますが、特に冬場は粉が十分に溶けず、残ってしまうことがあります。

粉石けんが肌に優しい成分でできているとは言っても、石けんカスが衣類に残ってしまえば、それは肌にとっては刺激になってしまいます。

粉石けんの洗濯洗剤にはこのような面もあることから、敏感肌にとって必ずしもおすすめできるとは言えないのです。

敏感肌でも安心の洗濯洗剤のポイントをまとめました

 

photo-1470843810958-2da815d0e041

それでは、どんな洗濯洗剤が敏感肌にとっておすすめなのか?ポイントをまとめておきましょう。

肌にとって刺激となる余計な成分を含んでいないこと

小さな刺激でも肌トラブルを起こしてしまう敏感肌さんは、やっぱり低刺激な洗濯洗剤を使いたいですね。できれば、合成界面活性剤・蛍光増白剤・合成香料を含んでいないものを選びましょう。

ただし、合成界面活性剤の中にも原料が天然植物由来のものなど、肌への刺激が非常に少ないものもありますので、そういった製品を選ぶのもおすすめです。

柔軟剤を使わなくてもゴワつかず、肌触りよく仕上げてくれること

一般的な洗濯洗剤と同じように、柔軟剤にも合成界面活性剤などの余計な成分が多く含まれています。

そのため、敏感肌の方は柔軟剤を使わないことがほとんどです。ゴワゴワの洗いあがりでは肌に負担をかけてしまい、かえって肌トラブルをまねく恐れがありますので、柔らかく洗いあげてくれる洗濯洗剤がおすすめです。

敏感肌に悩む方向け!おすすめの洗濯洗剤ベスト5

いくら肌に優しくても、汚れが落ちきっていないのでは意味がありませんよね。

皮脂汚れや食べカスなどが衣類に残ったままだと、雑菌やカビが繁殖する原因になります。

肌と同じように大切な衣類を守るためにも、肌にやさしい成分で作られていて、汚れもしっかり落としてくれるおすすめの洗濯洗剤をご紹介します。

100%自然由来「オールシングズ・イン・ネイチャー」

オールシングスイズネイチャー
出典:Amazon

¥ 4,784

100%植物由来の成分でできた洗濯洗剤。この洗濯洗剤は、1日で94%、7日で100%が生分解されて成分は自然界に還ります。環境汚染を防ぎたいという思いから、1999年に日本で一番最初にすすぎ1回を実現した洗濯洗剤です。

肌にも自然にも優しくできているのですね。柔軟剤がなくて洗いあがりはふんわり。敏感肌に悩む方に1度は試してみてほしい洗濯洗剤です。

本物の無添加洗剤「ミヨシ 無添加お肌のための洗濯用液体せっけん1.2L」

ミヨシ洗濯石鹸
出典:Amazon

¥ 533

「無添加」と聞くと、それだけで肌に優しいイメージを持ってしまう方は多いはず。実は、洗濯洗剤に表示される「無添加」について厳密な決まりはないのです。

つまり無添加と表示される洗剤にも、余計な成分がたくさん含まれていることは多いんですね。その点、ミヨシの無添加シリーズは薬事法と同じルールでの無添加にこだわっています。

ですから、水と石けん成分以外は含まれていないのが安心です。こちらの製品は液体なので、寒い季節の溶け残りの心配もありません。赤ちゃんの肌着にも使えるので、敏感肌さんでも安心。

無添加で低刺激「エルミー敏感肌・アレルギー肌にやさしい衣類の洗濯洗剤」

 

エルミー 洗濯洗剤
出典:Amazon

¥ 668

人と環境にやさしい洗剤を扱っているエルミーの洗濯洗剤です。無添加・低刺激性・安心安全・環境にこだわりながら製品開発を行っています。もちろん、合成香料や防腐剤、蛍光増白剤などの成分は含まれていません。

赤ちゃんのデリケートな肌にも使える「さらさ」

さらさ
出典:Amazon

¥ 300

ドラッグストアなどで気軽に買うことができるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。やさしさも白さも、どちらも叶えてくれるよくばりな洗濯洗剤というコンセプトの無添加洗剤です。

漂白剤・着色料が含まれておらず、赤ちゃんや敏感な肌にも安心して使えます。

肌と自然に優しい「ソネット ナチュラルウォッシュリキッド」

41zqml3htxl
出典:Amazon

¥ 2,484

界面活性剤(植物由来)全成分100%表示のオーガニック洗剤なので肌に優しく、排水後は完全に分解されることから自然にも優しい製品です。液体なので扱いやすく、溶け残りの心配もありません。

柔軟剤を使わなくてもゴワつかず、天然ラベンダーエッセンシャルオイル配合なのでさわやかな香りも残ります。

賢く洗剤を選んで、つるつるお肌になっちゃおう!

 

洗顔後

いかがでしたか。
敏感肌の方が洗濯洗剤を選ぶ際のポイントをおさらいしておきましょう。

  • シンプルな成分を選ぶこと
    合成界面活性剤や蛍光剤などの余計な成分が含まれていないものを選びましょう。また、合成界面活性剤にも自然由来の成分でできているものがあります。これらはお肌にも、自然にも優しいのが特徴ですので、必要以上に合成界面活性剤を怖がらないこともポイントです。
  • 無添加というだけで選ばない
    洗剤に「無添加」と表示されているだけでは、肌に優しいとは限りません。何が含まれているのかをよく確認することが大切です。また、取り扱いが難しく、衣類に洗剤の成分が残ってしまうとかえって肌トラブルをまねくことも覚えておきましょう。

たくさんの洗剤の中から、自分のお肌に合ったものを選ぶのは大変!と感じるかもしれません。

ですが、洗濯洗剤を上手に選んで、トラブル知らずのつるつるお肌をめざしたいですね。そのうえで、本記事が参考になれば幸いです。

肌トラブルが気になる方にオススメ

For fam(フォーファム)

ロベクチン

ロベクチンは、アメリカのカリフォルニア州にある皮膚科学研究所にお肌の研究者・技術陣を結集し、放射線療法や抗癌剤治療の副作用である酷い肌トラブルに悩む癌患者の方でも使える保湿クリームです。お肌を刺激する成分やパラベン・発がん性物質を一切使用しない、「お肌に、とても優しい保湿クリーム」なので安心して利用することができます。

編集部
オススメ