アトピー性皮膚炎を食事で改善するには

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症を伴う病気のことで、かゆみのある湿疹を主な病原とします。アトピー性皮膚炎の原因は多岐にわたり、アレルギーや皮膚のバリア機能の低下などがあげられますが、完治しないことが特徴です。しかしながら、食事によって完治させることも可能です。アトピー性皮膚炎を改善する食事を知っておきましょう。

アトピー性皮膚炎の症状はどのようなもの?

skin-care-937667_640

アトピー性皮膚炎の症状は、皮膚に湿疹が出ることです。その湿疹は赤みがあってジュクジュクしています。そしてかゆみを伴うことも多く、長引くと固くなって盛り上がります。

アトピー性皮膚炎に伴う湿疹が出るのは、おでこや首のまわり、脇や手足の関節の内側が多いです。目のまわりや口のまわり、耳のまわりのなどデリケートなところにも指針が出ます。

かゆみを伴うこの湿疹ですが、慢性的に出てしまうことが特徴であり、完治するのはなかなかむつかしいです。常に一定の状態ではなく、一般的にはよくなったり悪くなったりを繰り返します。

皮膚の疾患である慢性的なアトピー性皮膚炎と判断されるのは、乳幼児では2か月以上、そのほかの人では6か月以上かゆみを伴う湿疹が続いた場合です。

アトピー性皮膚炎の原因はどのようなもの?

bacteria-62993_640

アトピー性皮膚炎の原因は皮膚の免疫の過剰反応によるものです。本来、免疫とは細菌やウイルスから体を守り戦うためのものですが、アトピー性皮膚炎の場合、その免疫が過剰に反応してしまいます。

そのため、本来、戦う必要のない外的刺激にまで過剰に反応してしまい、炎症が起こった状態になります。たとえばハスダストや、皮膚への物理的な刺激、化学薬品や化粧品です。ひどい人では汗や皮膚の汚れ、紫外線にも反応します。

免疫が過剰になる原因は2つあります。まず、アトピーを起こしやすい素因を持っているということと、皮膚のバリア機能が低下していることです。

アトピーを起こしやすい素因とはアトピー素因ともいわれ、もともとアレルギーを起こしやすい体質であることです。家族にアレルギーや喘息、花粉症などの人がいたり、本人がアレルギーなどを持っていたりする場合です。

皮膚は、皮膚の表面にある皮脂膜や、その下にある角質細胞が潤うことで、外からの刺激をバリアしています。ところが、乾燥などの原因で皮膚のバリア機能が弱くなっている場合、外からの刺激物が容易に侵入します。

さらには、皮膚を引っかいたりする物理的な刺激、化粧品などの化学物質、紫外線などによっても刺激され、皮膚炎を引き起こします。



アトピー性皮膚炎の完治には食事がとても大切

salad-374173_640

アトピー性素因は、アレルギーに大きく関係しています。そのアレルギーに関係しているのが、食事です。そのため、アトピー性皮膚炎の完治には食事が大切です。

ある栄養素を多く摂取してある栄養素をあまりとらないなど、偏りがあることで体内の免疫機能が過剰に働き、アトピー性皮膚炎を引き起こします。

体内で免疫が過剰に働いてしまう原因となる食事は様々です。たとえば、動物性たんぱく質は、過剰に取り過ぎるとうまく体内で消化できずにアレルギー反応を起こします。

さらに、牛乳や卵、ナッツといったアレルギー反応を引き起こしやすい食品や、消化に多大なエネルギーを使う糖質、酸化しやすい油などもアトピー性皮膚炎につながります。

特に最近問題となっているのが、食品添加物や着色料など人工的に食材に加えられた化合物です。これは、自然界に元来ないものですので、異物とみなして免疫が過剰反応してしまいます。

これらの食品がアトピー性皮膚炎の原因となったり、悪化して完治をむつかしくしています。食事は毎日摂取する肉体を作っている礎ですので、アトピー性皮膚炎の完治には食事の改善が不可欠です。

アトピー性皮膚炎の完治に良い食習慣とは?

veins-665093_640

アトピー性皮膚炎は、必要な栄養素を必要なだけ体に取り入れることです。そのため、まずは必要な量だけをしっかりと摂取している食事なのか、ということを考えましょう。

まず、一つのものを過剰に取り過ぎると、免疫が反応してしまい、アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまいます。ダイエットなどで一つのものを食べ過ぎたり、断食を取り入れるのはよくありません。

加えて、消化の良いものを一日三食しっかりと食べることも大切です。朝食を抜いたりする食習慣や、食事の回数を減らして過剰に食べるのもよくありません。

なぜなら、アトピーやアレルギーの人は、未消化のものが腸管をろ過して血液中に取り込まれます。この未消化の物質が血液と一緒に流れていると、それすらも異物とし判断され、炎症を起こすからです。

そのほかにも、現在の日本人の多くは過食しています。消化が終わらないうちに次の食事を食べたり、消化に負担のある添加物を摂取したりします。ですので、適度な量を心がけた食事というのは大変大切です。

食事は1日3食を基本とし、腹八分目を心がけます。よく噛んで丁寧に食べましょう。

アトピー性皮膚炎完治なら、免疫バランスが大事

まず、アトピー性皮膚炎は免疫が過剰に反応することによっておこる皮膚の炎症ですから、免疫を正常に働かせることが大切になります。特に腸は、消化器官の中でも重要であり、腸の善玉菌には免疫バランスを整える働きがあります。

そのため、食事で腸内環境を整えることが、アトピー性皮膚炎の完治につながります。腸内で免疫バランスを整えるとされている善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌、エンテロコッカス菌など)を増やすことです。

腸内環境を整え、善玉菌を増やすには、オリゴ糖や食物繊維、納豆がおすすめです。肉や砂糖の取り過ぎは、腸内環境に良くありませんので、控えましょう。

ひじきやにぼし、つくだ煮といったカルシウムを十分とるのもよいです。ただし牛乳は消化に負担がかかり、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうので、控えることが大切です。

アトピー性皮膚炎の改善には、油のとり方が重要

olive-oil-968657_640

アトピー性皮膚炎の原因として、免疫過剰があります。その免疫過剰に大きく関わってくるのがホルモンバランスであり、局所ホルモンと細胞ホルモンという二つのホルモンがあります。

この二つのホルモンは、いくつかの種類があり油や脂質を摂取すると体内でアレルギー症状を暴走させたり抑制させたりします。アレルギー症状を暴走させ、免疫過剰を引き起こすホルモンの原料がオメガ6(リノール酸など)と呼ばれる脂質です。

一方で、オメガ3(アルファリノレン酸)は、アレルギー症状を抑制してくれます。ですので、油分の摂取方法を変えるだけで、アトピー性皮膚炎の完治につながります。

一般的に使われているサラダ油やヒマワリ油、大豆油、ゴマ油などは、オメガ6ですのでよくありません。特にファストフードやスナック菓子などは、その油が大量に含まれているので、注意が必要です。

一方でアトピーを抑制する抑制ホルモンとなるのが、オメガ3であり、シソ油、えごま油、亜麻仁油などです。魚の脂肪もこれに含まれます。ですが、酸化しやすく調理に向かないという性質があります。

アトピーに中立の立場である油分はオメガ9、オレイン酸です。オリーブオイルがこれに代表されます。ですので、アトピー性皮膚炎に悩む人は、調理用油をアトピーに悪影響を与えないオリーブオイルに変えましょう

アトピー性皮膚炎を悪化させる食べ物、砂糖

lump-sugar-549096_640-1

砂糖を過剰に摂取すると腸内にある腸壁を傷つけ、未消化のたんぱく質が腸壁を通過してアレルゲンをつくり、アレルギーを引き起こします。

加えて、腸内環境バランスを乱してアトピー性皮膚炎に良くない悪玉菌を同所くさせます。そのうえ、ミネラルを欠乏させたり、炎症を悪化させる「ヒスタミン」という物質を増やしてしまいます。

過剰に摂取していない、と思うかもしれませんが現在人の食生活は清涼飲料水、ジュース、お菓子や菓子パンなど、砂糖の過剰摂取につながる食べ物があふれています。

1日に必要な砂糖のカロリーは消費カロリーの10分の1にすべきとWHOで推奨されています。すなわち、1日に2000キロカロリー必要な成人男子ですと、200キロカロリーです。
200キロカロリーの砂糖は50グラムですが、その程度の砂糖ですと通常の食事で摂取している場合が多く、清涼飲料水やお菓子、菓子パンなどを日常的に摂取していると砂糖の取りすぎにつながります。
砂糖を取り過ぎた場合、糖質の代謝には大量のビタミンやミネラルが必要ですので、他で使われるビタミンやミネラルが不足します。そのため、アトピーを悪化させるビタミンB6やマグネシウムの欠乏を招きます。
アトピー性皮膚炎の完治を目指すのであれば、砂糖ではなくオリゴ糖で糖分を摂取するとよいです。オリゴ糖は、同じ糖分でも腸内細菌バランスを整えますのでアレルギー体質を改善します。
砂糖を減らし、オリゴ糖に変えるとアトピー性皮膚炎の完治につながります。




アトピー性皮膚炎の人が避けたほうが良い食事

snack-1174104_640
消化に負担がかかるような化学物質は、消化をするのに大量のビタミンやミネラルを消費します。そのため、必要なビタミンやミネラルが使えなくなることにより、免疫力が低下しています。
そのため、アレルギー反応も出やすくなり、免疫を過剰に働かせるアトピー性皮膚炎の原因となります。さらに、大量の油や砂糖が使われているようなインスタント食品はその傾向が強いです。
アトピー性皮膚炎を食事で完治しようとさせるのであれば、添加物、品質保持剤、着色料といった人工的な成分は避け、天然の素材のうまみを楽しみましょう。
外食に関しても、もちろん身体によいものを選びましょう。特に、ファストフードは大量の油を使用していますし、体に負担をかける刺激物を大量に使用しています。消化に負担がかかります。
最近では、オーガニックや合成化合物を含んでいない専門店も数多くあります。外食や惣菜を利用する場合は、そのような店舗を利用すればよいでしょう。一方でアレルギーを引き起こしやすい食品も、摂取すべきではありません祖個人差はありますが一般的に、牛乳や卵、そば、オレンジ、バナナなどアレルギー反応の起こしやすいものは少しずつ摂取します。
刺激物も身体に良くありません。消化には大量のビタミンやミネラルを使用するからです。香辛料や化学調味料は控え、なるべく無添加のものを選びましょう。
ナッツ類など油を大量に使用している加工食品も、控えるかほんの少量にしておきましょう。くだものはビタミンが大量にあるのでよいように思えます。

しかしながら、くだものには糖分すなわち果糖が豊富に含まれていますので、大量摂取するとまた体に負担がかかりよくありません。くだものも少しにしておきましょう。

アトピー性皮膚炎の人はこう改善する

food-1257320_640
アトピー性皮膚炎の人が食事で完治させるには、日本人が昔から食べてきた和食が最適です。なぜなら、アトピー性皮膚炎の改善に必要なビタミンやミネラルが摂取できるからです。
そして、植物や魚介など体に負担をかけにくいたんぱく質や、煮物を中心とする調理法で少しの脂質を使用するだけで済むからです。炒め物や揚げ物中心の洋食や中華よりも体に優しいです。
和食でなくても調理法は、煮物や蒸し物を心がけましょう。その際、調味料は無添加のものを使用し、糖分は砂糖でなくオリゴ糖を使用します。油はオリーブオイルなど害のないものを使用します。

飲み物については、お茶がよいでしょう。ジュースや清涼飲料水は大量の糖分を含みますのでおすすめできません。ジューサーミキサーを使って手作りをするのもおすすめです。
動物性食品の摂取や、インスタントもの、スナック菓子など油や糖分を含むものを控えるだけで、アトピー性皮膚炎の症状はよくなります。人によっては完治することも夢ではないでしょう。

アトピー性皮膚炎を完治させる食事

アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚が極端に薄くなって刺激に弱いこともありますがやはり、免疫バランスが崩れてしまい、免疫が過剰に働いてしまうことです。
そのため、腸などをはじめとする消化器官を整えたり、アレルギーを悪化させる消化に負担のかかる製品を食事から排除することが良いです。
消化の際大量のビタミンやミネラルを使う油や糖分の取り過ぎには気を付けます。インスタント食品や化学調味料、菓子パンやスナック菓子を控え、和食中心の食事をとるようにしましょう。
アトピー性皮膚炎の完治に向けて、まずは食事から見直していくことが必要です。