ドラッグストアでも買える敏感肌のクレンジングとは?

最近のドラッグストアは商品のラインナップが充実しており、化粧品も例外ではありません。特に敏感肌の人は気をつけてクレンジングを選ぶ必要がありますが、ドラッグストアでは、多数のラインナップがあります。どれを選んだらよいか迷ってしまいますので、どのようなものを選んだらよいか知っておくとよいです。

充実しているプチプラクレンジング

女性

ドラッグストアの化粧品はとても安いことが特徴です。

1000円から高くても3000円程度と、若い人でも気軽に買うことができるお値段設定です。

だからといって品質が悪いことはまずありません。

中にはお値段の割によくできている、コストパフォーマンスのよいものもあります。クレンジングを選ぶとき敏感肌の人は、皮脂を落としすぎると肌荒れになりますので、気を付けて選ぶことが必要です。お風呂で使うときは、濡れても良いものなども便利です。

ドラッグストアでは店頭に商品が並んでいるのでなかなか口コミや使用感を知ることはできません。実際に購入するとあまりメイクが落とせなくて後悔してしまうこともあります。

ですので、便利なものでありかつ使用感が良いものをあらかじめインターネットなどで調べておいてから購入するとよいでしょう。



ドラッグストアで敏感肌用のクレンジングを選ぶ時のポイント

洗顔

ドラッグストアで敏感肌用のクレンジングを選ぶ際は、気を付けるポイントがいくつかあります。

まず、しっかりとメークが落ちることです。化粧下地やカバー力高めのファウンデーション、パウダーなど仕上げファウンデーションがきちんと落ちることです。

落とし残しのメイクは、角栓の原因となってしまいますので肌が余計荒れてしまいます。ですので、メイク落としをしっかりとすることがよいです。

次に、乾燥肌、敏感肌用のクレンジングを選ぶことです。

たとえば、オーガニックで肌にやさしかったり、マイルドな洗い上がりのものがよいです。クレンジングオイルの中には強い成分のものがありますので、敏感肌の人はクリームタイプを選ぶとよいでしょう。

最後に、どこのドラッグストアでも取り扱いがあることです。敏感肌の人は急に違うクレンジングを使うことによって、トラブルになることも考えられます。

肌にやさしい敏感肌用のクレンジングは、つづけることこそ大切になります。ですので、ドラッグストアで買いやすくつづけられる価格帯のものを選ぶとよいでしょう。

ドラッグストアでクレンジングを選ぶとき敏感肌の人が、気を付けるポイント

洗顔後

敏感肌の人は、肌を守るバリアとなっている皮脂膜が弱いという傾向があります。

皮脂膜が弱いため、細菌などに感染すると炎症を起こしやすいですし、炎症が肌荒れを引き起こすので皮脂膜をしっかりと作る成分を選びます。

乾燥すると肌の組織があれますので、保湿成分があるものがよいでしょう。

敏感肌の人は、皮脂をとりすぎるとよくありませんので、皮脂をとりすぎるものはやめましょう。ドラッグストアでのクレンジングにはいろいろな種類がありますが、敏感肌用とされているクレンジングがよいです。

敏感肌の人が皮膚が炎症を起こすと、それを何とかしようと毛細血管が血液を流します。

そのため、毛細血管が浮き上がり赤ら顔のようになります。ですので、赤ら顔の人は敏感肌である可能性が高く、ドラッグストアで選ぶクレンジングも炎症を起こさない抗菌作用のあるものがよいです。

こちらの記事も参考にしてみてください!

敏感肌の人のためのまとめ

ドラッグストアで敏感肌用のクレンジングを選ぶには、敏感肌の人の肌がどのような状態になっているかをまず知ることです。

ドラッグストアにあるクレンジングの中でも、保湿成分や有効成分などがしっかりと入っていることが重要です。

そして価格もバリエーションがありますが、続けやすいものにするとよいです。