肌荒れの原因となる食べ物と上手く付き合い改善していく方法

外食やお弁当には肌荒れの原因となる油っぽい食べ物がたくさん入っています。よく利用するという方は中身を確認してみましょう。よく確認してみると、とんかつ弁当だけど小さなコロッケも入ってるということないでしょうか?あっとおもったあなた。食事の改善をしてみませんか?

肌荒れを改善するには油っぽい食べ物と甘いものをできるだけ取らないこと

肌荒れ 改善 食べ物

肌荒れを改善する食べ物をご紹介する前に、まず肌荒れを引き起こす食べ物についてお話しします。

肌荒れの原因の1つに皮脂の過剰分泌が挙げられます。要するに揚げ物など油をたっぷり使った食べ物を取ると肌荒れを起こしやすいのです。

油を多く含む食べ物は、血中の中性脂肪を上げてしまいます。そうしますと、毛穴から排出される皮脂量が増加します。大量に毛穴から皮脂量が分泌されることによって毛穴が詰まりニキビなどの原因にもなり肌が老化し、結果肌荒れにつながってきます。

例えば最近のごはんで、コロッケにポテトサラダという組み合わせはなかったでしょうか?

揚げ物だけでなくマヨネーズを多く使っているものにも要注意です。

肌荒れの原因のもう1つに、糖分の摂り過ぎが挙げられます。甘いもの(スイーツ、ジュース)を過剰に取るとそれらをエネルギーに変えるためにビタミンが多く使われます。

油物にはビタミンB2が、糖分にはビタミンB1が多く消費されます。

ですが食べ物ってなかなか改善するの難しいですよね?いっぺんに全部変えようとしなくて大丈夫です。

揚げ物と甘いものが好きでどっちも取っているという方はまずはどちらか1つ取る量を減らしてみて下さい。

無理に改善しようと頑張ると体に負担がかかりそのストレスで肌荒れという場合もありますので自分のペースで改善できるところは改善するという気持ちで最初はとりかかると良いかと思います。




肌荒れ改善の食べ物~ビタミンB1とビタミンB2について~

肌荒れ 改善 食べ物

先ほど、油物はビタミンB1を、甘いものなどの糖分が多く含まれる食べものを摂りすぎるとビタミンB2が消費され肌荒れを起こしやすくなるとお話ししました。

日常生活で自分の食生活を見直すことができたら次はビタミンB1.B2を上手く取り入れて改善を試みてみましょう!

ビタミンB1が多く含まれる食べ物は、豚肉や鯖、紅シャケ、玄米、大豆、そら豆、えんどう豆などが挙げられます。

ビタミンB2が多く含まれる食べ物は、レバーや卵、チーズ、牛乳などの乳製品、ぶりさわらなどの青魚、焼きのりや味付けのりなどが挙げられます。

これらは良質なタンパク質が多いです。「上手く取り入れて改善というけどそんなにお肉とか食べていいの?」と思うかもしれません。確かに食べすぎはよくありません。上手く取り入れるとは、たくさん取るということではありません。上手い具合に入れていくということです。

例えば、先ほど甘い食べ物は肌荒れの原因になり、あまりよくないと言いました。でもおやつを毎日取っている人にいきなり甘いものダメですというのも酷です。

甘いスイーツを毎日食べているとしたら週に3回に減らしてみませんか?そして甘いものを食べない代わりにチーズやヨーグルトなどをおやつに入れてみませんか?

例えば、お弁当にいつもとんかつ弁当を買っていたら、豚肉が入った生姜焼き弁当にしてみませんか?

そういうことです!自分の食生活のなかで、前述で記載した糖分や脂肪分の多いなと思う食事のところに置き換えるのです!

何もいきなり食生活をがらっと変えることはありません。少しダメだと思うところを改善するだけで肌荒れはしにくくなります。




肌荒れ改善の食べ物を上手に取り込みましょう!

肌荒れ 改善 食べ物

先ほどのビタミンB1.B2の吸収をさらにアップする食べ物をご紹介します。

ビタミンB1のお助け

ニンニク、ネギ、ニラ、玉ねぎといったアリシンと呼ばれるものです。

これらと一緒に加熱調理をすると吸収率がアップします。

豚肉の生姜焼きなんかはニンニクと玉ねぎを入れて炒めればとっても抜群なお料理です!

鯖の煮付けに付け合わせで長ネギを添えればこちらも抜群なお料理ですね!

ビタミンB2のお助け

ビタミンEと一緒に取ると吸収率がアップします。主な食べ物には、アボカド、赤ピーマン、かぼちゃ、抹茶、アーモンドなどがあります。

少しビタミンB1と重複しますが、魚の煮付け(ぶり、さわら)の付け合わせにかぼちゃを添えるといいですね!後は、オムレツをした時の中鉢にアボカドのサラダという組み合わせも◎です!

タンパク質系のビタミンのことを主に書きましたが、野菜も肌荒れ改善にはとっても大切です。

肌荒れの原因として便秘も含まれます。便秘改善にはやはり食物繊維が豊富な野菜は大事です。

食物繊維は水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維があるのですが、この比率が12になるのが理想だと言われています。めったにこの比率になる食べ物がないのですがなんとアボカドがこの黄金の比率です!

アボカドといえば先ほどビタミンの吸収を助ける食品としても紹介しました!最強です。

アボカドだけに関わらず野菜にはたくさん食物繊維が含まれています!日々の食生活にぜひ取り入れましょう!

肌荒れ改善のまとめと致しまして、油っぽいものと甘いものは避けること。そしてこれらを摂取して皮脂分泌が多くなって消費されるビタミンB1.B2を上手に取り入れること。さらに食物繊維豊富な野菜をとって便秘にならないように心がけることです。

ぜひ肌荒れ改善にお役に立てていただければ幸いです!