敏感肌の代表的トラブル「赤み」その原因と解消法とは?

お肌のトラブルとひと言に言っても、たくさんのものがあります。

その中で代表的なトラブルの一つに、肌の赤みがありますね。

顔に赤みが現れると、みんなから見られているような気になってしまい、気持ちも落ち込んでしまうもの。本記事では、肌の赤みの原因と対処法についてまとめました。

敏感肌とはどんな状態の肌をさすのでしょうか?

smile女性にとって、お肌に関する悩みは尽きないものですよね。その中でも、近年では敏感肌に悩む女性が増えています。

敏感肌というのは、簡単に言えばお肌がとてもデリケートになっている状態の肌のことをさします。

敏感肌になってしまうと、少しの刺激にも肌が反応してしまって、赤みやかぶれ、ヒリヒリなどさまざまなトラブルを引き起こしてしまうんです。

もし、「最近、肌の赤みで悩んでいるのよね…」「化粧水をかえてから、赤みや湿疹が出やすくなって気がする!」なんて感じることが多ければ、それは敏感肌なのかもしれません。

敏感肌による赤み、かぶれ、湿疹などの肌トラブルを解消し、防ぐためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

この記事では、そのことについてお話します。



肌トラブルを引き起こす敏感肌。その原因となるものは?

女性

敏感肌が引き起こす肌トラブルにはさまざまなものがあります。たとえばかゆみ、湿疹、ヒリヒリなどが挙げられますね。

中でも代表的なものの一つに「赤み」というものがあります。

敏感肌による肌の赤みに悩まされている女性はとても多く、思い当たる方も多いのではないでしょうか?

特に顔の赤みは他人からも見られてる箇所だからこそ、早く解消したい! と思いますよね。

敏感肌の原因となるものには、次のようなものがあります。

間違ったスキンケア

スキンケア用品や化粧品など、肌に直接触れるものをどのように選んでいますか?

もし、赤みなどの肌トラブルが起こりやすいと感じているのなら、それは自分に合わないスキンケアをしてきたせいで敏感肌になっている可能性があります。

敏感肌による赤みを目立たなくしようとして、さらに合わない化粧品を使うことによって、敏感肌の症状が悪化する…という悪循環にハマっていませんか?

不規則な生活環境

十分な睡眠時間が取れていない、バランスの良い食事を摂っていないなど、生活環境の乱れから敏感肌になってしまうケースもあります。

肌の赤みやかゆみ、湿疹などに悩んでいて「もしかしたら敏感肌かも?」と思い当たる方は、ぜひ一度生活環境の見直しをしてみると良いでしょう。

敏感肌による赤みの原因、その正体とは一体なにか?

敏感肌は肌のバリア機能が低下し、抵抗力が落ちている肌状態のことをいいます。

このバリア機能をサポートするのが外部からの肌への刺激を防ぐ役割をしてくれている「角質層」です。

角質層は、多くの細胞とその間の細胞間脂質でできており、健康な肌の方でもわずか0.1mm~0.3mmほどの厚さと言われています。

非常に薄いものですが、これが肌を守るための大切な役割を果たしてくれているのです。

ところが、敏感肌の場合はこれがさらに薄くなっている状態です。

そのため、皮膚の下にある血管が透けて見えてしまい、外からはそれが赤みになって見えるというメカニズムなのです。

敏感肌の場合肌トラブルを起こしやすいのですが、これは肌が炎症を起こしている状態です。

炎症が起こると、身体は細胞を早く修復させようとします。その結果、血液量がぐんと増えますから、毛細血管が膨張してますます赤みが増してしまうのです。

敏感肌を解消したい方向けのスキンケアをご紹介

「敏感肌は治らないの?」「肌の赤みで悩むはもうイヤ!」と落ち込んでいる敏感肌さんに、解消のための正しいケア方法をご紹介します。

ゴシゴシ洗いをやめる

お肌には、自ら健康な状態を保とうとする機能が備わっています。過剰に洗顔することによって肌の潤いせいぶんや必要な皮脂膜まで洗い流してしまいます。

強い力で洗うこと、洗浄力の強い洗顔料を使うことは敏感肌の原因となりますし、それによって赤みが引き起こされてしまいます。

肌に合ったスキンケア用品を選ぶこと

肌に直接触れるものは、必ず自分に合ったものを使うようにしましょう。

間違ったスキンケアを続けていると、敏感肌はいつまでも治りませんし、赤みやかゆみなどのトラブルも悪化してしまいます。

今は敏感肌向けの低刺激な製品がたくさん売られています。その中でも、自分の肌に合うものをしっかり選びましょう。

食生活の改善

肌というと、ついつい外部からの刺激やケアにばかり目がいきますが、身体の中からケアすることも忘れないで。

肌を作る材料になるたんぱく質と、綺麗な肌には欠かせないビタミンCは特に意識して摂るように心がけましょう。

その他の栄養素についても、バランス良く摂取することが大切です。

他にもこのような記事があるので参考にしてみてください。

 



正しいケアをしてイキイキとした健康な肌へ!

グレープフルーツ

いかがでしたでしょうか。

赤み、かゆみ、湿疹、ヒリヒリなど、敏感肌さんはさまざまな肌トラブルに日々悩まされています。

特に、肌の赤みは外からも目立ちやすく、他人から指摘されることもありますので、気になってしまいやすい箇所ですね。

本記事では、敏感肌の原因や赤みの正体、改善法などについてご紹介しました。

過剰な洗顔をしない、お肌に合ったスキンケア用品を選ぶ、生活環境を見直してみる…など、すぐに実践できることばかりです。

敏感肌は決して病気ではありません。ですから、病院に通ったり、高い薬を飲んだりせずとも治すことができるのです。

自宅でもできる正しい対処で、ぜひ健康な肌を取り戻しましょう。

敏感肌を改善して、赤みのない透き通った肌をめざしたいですね。