体を理解して痩せる!!亀田興毅の減量から習うダイエット方法とは!?

現役時代には生意気など悪い印象で話題になってしまっていた亀田興毅さん。引退後はテレビ番組などでも活躍し、そういった印象も薄れてきていると思います。体の事を理解し、適切な方法をとればきっと痩せられる、ボクサーの減量方法から学べる事が沢山あるはずです。今回は亀田興毅のダイエット方法について調べてみました。



亀田興毅のプロフィールについて

亀田和毅が約1年ぶりにリングに帰ってくる。22歳で世界チャンピオンになると同時にボクシング史上初となる三兄弟世界チャンピオンを達成。1年後ラスベガスの大舞台で海外メディア、ボクシング関係者を震撼させる衝撃のKO勝利を収め、アメリカで「TOMOKI KAMEDA」の名を轟かせた。その後チャンピオン同士による事実上の統一戦を行い1ポイント差の判定で惜しくも敗れ、減量苦から階級を一クラス上げることに… そこから約1年かけて肉体改造を行い、写真で見てもわかるようにスーパーバンタム級の身体を作り上げた。そしていよいよ明日、自身がデビューをしたメキシコの地で第二の新たなデビュー戦に挑む和毅。皆さん和毅の応援よろしくお願いします。「頑張れ!! 和毅!!」 #亀田和毅 #亀田三兄弟 #ボクシング #boxing #メキシコ #Mexico #デビュー戦

A post shared by 亀田興毅 (@kokikameda) on


・本名:亀田興毅
・身長: 165.9cm
・体重:非公開
・生年月日:1986年11月17日
・血液型:B型
・利用しているSNS::Twitter、Instagram
・最近出演したTV番組:「解決!ナイナイアンサー」「「クイズ☆スター名鑑」ダイジェスト」「めちゃ2イケてるッ!」
・子供:3人

2015年の10月、ボクシングを引退

現役時代には対戦相手に敬語を使わないなどの態度で物議を醸した亀田興毅さん。当時は悪い印象が強く、良くない報道ばかりでした。

引退後、バラエティ番組などに多数出演しており、芸能タレントとしての活躍を見せています。最近ではいい人である印象が広まってきたのではないでしょうか?

現役時代から他のテレビへの出演時に他の芸能人へ敬語を使用していたことから、「テレビ用のパフォーマンスだ」と言われていました。

後にインタビューやテレビ番組でボクシング中の対戦相手への言動はパフォーマンスであったと明かしています。

実際には礼儀の正しい方なんです。昔から敬語を使うことはできたと語っています。

元々、漫画やイラストが大好きで現在はコンビニでバイトをしながらイラストレーターを目指しているとのこと。

本当はボクシングが好きではなかったが、親に言われボクシングで稼ぐしかないと思っていたとのこと。子供にはあまりボクシングはやらせたくないらしいです。

中学校の同級生の伊藤美香さんと2012年に結婚、現在は3人の子供も

結婚相手は中学校からの同級生の伊藤美香さんです。

2015年2月に結婚をする事を発表し、同時に妊娠三ヶ月の子供がいることも明らかにしました。

いわゆる出来ちゃった結婚になるわけなのですが、交際から12年も経っており実質夫婦のような関係であった為、特に問題にされていないようです。

現在では3人の子供がおり、収入には苦労しているようですが幸せな日々を送っているみたいです。

 

 

 

亀田興毅のダイエット方法

亀田興毅の言う「みんなにもできるダイエット方法」それは低カロリーで高タンパク質の食事をしてゆっくり脂肪を落としていく方法です。

この方法であればリバウンドをしにくい体にすることが可能だと語っています。適度な食事、適度な運動が大事ということですね。
決まった範囲内であれば好きな食事をすることも可能です。

脂肪を1キログラム落とす方法

脂肪を1キロ減らす為には7200キロカロリーの運動が必要で、1時間走ることで大体450キロカロリーを消費できます。

もし走ることだけで脂肪を1キロ落とすとすると単純計算で16時間も走ることになります。(!?)

ちなみに日常生活で必要な動きでもカロリーは消費されますので実際にはこれより少ない時間で済みますが、それでも現実的ではないですよね?

食べる物を変えずに運動を数日だけ沢山やったとしても痩せるのは難しいのです。

基礎代謝量とは

基礎代謝量というものがあります。それは普通暮らしている上で消費されるカロリーです。
筋肉のある人やスポーツ選手は1日約1700キロカロリー、普通の人だと1日約1300キロカロリーが消費されています。
普通の人が1日2時間ランニングなどの運動をすることでの1日の消費カロリーは以下になります。

1300(基礎代謝量)+700(2時間のランニング)=2000カロリー

1日の2時間のランニングをし、摂取カロリーを2000にすることで現状維持が可能になります。もちろん基礎代謝が多い人であればさらに少ない運動量で済みます。

高タンパク質の食事をする。

現状維持ではなくここから痩せようと思った場合は高タンパク質の食事をします。

筋肉を増やして基礎代謝を上げることでさらに1日の消費カロリーが増え、楽をすることができるようになるのです。

タンパク質の多い食べ物の例として、「はんぺん」「鳥のささみ」「マグロの赤身」「大豆」などが挙げられます。

低カロリーな野菜をサラダにして食べる

gatag-00006288
摂取するカロリーを多くしすぎないことも必要です。亀田興毅さんは低カロリーで栄養の多い野菜をサラダにして食べているそうです。

野菜の他には納豆などもオススメです。

摂取カロリーを控えすぎてはいけない

早く痩せたいと思って食べないということはしてはいけません。栄養の良いものを考えてバランスに注意しながら料理して、1日1500カロリーは摂取してほしいと語っています。

そして水分をきちんと取らなければなりません。水分抜きにした場合にはボクサーの減量と同じですぐにリバウンドすることになるとのことです。

無理なダイエットは決して長くは続きません。継続できるような範囲で、少しずつ痩せながらリバウンドしにくい体を作っていきましょう。

運動の方法

体重50kgの人が1時間走ると大体450キロカロリーの消費になる他、自転車であれば1時間あたり165キロカロリーになります。

あまり消費はできなくて最初はしんどいなと思うかもしれないけれど、コツコツやってちょっとずつ距離を伸ばしていけばいいと語っています。

他にはジャンプなどがオススメです。亀田興毅さんの場合は、つま先で跳ぶ両足ジャンプで跳ぶたびに左右の手を交互に上に突き上げて背筋と腹を伸ばすやり方をしているそうです。

この方法であれば腹、背中、腕、ふくらはぎを一度に全部鍛えられるとのことです。



亀田興毅に対する世間からの評価

最近ではマメで文章もキレイだと評価も高いようです。

亀田興毅のダイエット方法まとめ

ダイエットは継続をすることが重要であるため、決して食事を必要以上に抜いたり、必要以上の運動をしてはいけません。

1日の摂取カロリー量が消費するカロリーを超えなければ痩せます。このダイエット方法で適度な筋肉を付け基礎代謝量を上げることで、体のラインもキレイになっていきます。

自分の普段消費するカロリー量を知り、運動で消費するカロリー量を考え、摂取するカロリーを調節することで自然な形で痩せることができるのです。

そして亀田興毅さんは「決して楽してのダイエットは出来ない」と語っています。

ダイエットを継続できるかは自らの「意思」次第です。毎日少しずつ、脂肪を落としていきましょう。